砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンタレスS回顧
40.jpg

完敗。。。

クソ予想乙、と言いたいトコですが色々納得する部分もあるのでシッカリ回顧しておきましょう。

先ず展開

トウショウフリークがまさかの控える競馬で新味を引き出したユタカさんに完敗

アンタレスSラップ2

自分は考察からもう少し流れる展開を予想していましたが、完全にスローに程近く、ナムラビクターにとっておあつらえ向きな展開になってしまった。

ナムラビクターはミスプロ4×4だが強調性がパワー>スピードに偏った方向性で、やや鈍重なイメージ

Lady Angela7×5+6+7 これにトムロルフとハイペリオンで底力&スタミナを生み出す、やや長い距離向きだと認識しています。

ミドル~スローを追走し、もち前のパワー&スタミナでロングスパートから先行馬を潰していくといった感じです。

ですので、よりスピードが重要なレースでは今後も評価を下げたいと思っています。

今回予想の方向性としてはやや速い流れのレースと考えていましたので、今後この条件での走りで好走出来るまで疑ってみたいですね。

上がり上位馬が1~3着ですから、58kgのニホンピロアワーズには厳しいレースになってしまいましたね。

アワーズは全盛期の力よりも衰えを感じて当然の年齢ではありますが、同馬は東海Sのような厳しい流れでも、コーナーでスピードを落とさずに抜け出すことが出来ます。

東京大賞典のようなラップで推移すれば、やはり上がり性能で負けてしまうのは致し方ないかもしれません。


そして、エアハリファ

馬体&血統からマイルがベストとは考えていましたが、素質馬と思っていただけに残念。

以前フェブラリーSでベストウォーリアを評価しましたが、そのときの反省が全く生かしきれていませんね。

オッズからは期待値として買うには少々人気を被ったという結果論かもしれません。

ただ、このメンバーと手合わせしたことは今後同馬にとって大きな経験となることでしょう。

ダート=キャリア

去年は順調に使えなかった同馬でありますから、やや間隔が狭まった今回、追い切りの動きは良くみえましたが、中間はやや軽めで、しっかり間隔をあけて仕上げる方向が良いのかもしれません。

まだ5歳、この壁を打ち破ってくることに期待したいと思います^^


個人的にはマーチS組の着差が入れ替わっていることに、アンタレスSのレース質を感じました。

クリソライトを推している方々はこの着順を良く覚えていると、先々美味しい思いが出来るかもしれませんよ?笑




おまけ

皐月賞はフジキセキのラストクロップが血の呪縛から解放される瞬間が見たかった。

産駒の夢を乗せたイスラボニータの勝利に、涙と感動に溢れたレースでした。

血を超えた同馬にもはや距離の壁はありません。

人間の陳腐なデータの枠を打ち破った同馬はダービーでも当然本命候補でしょう。


41.jpg

イスラボニータ&蛯名騎手、本当におめでとう!



コメント
釈迦に説法かもしれませんが
また、終わった後だから言えるんだと思いますが


古馬のダート路線って
重賞の数が
1200m 1R
1400m 2R
1600m 2R
1800m 5R
なんですよね。

つまり賞金を稼ぎたい馬は必然的にD1800m路線に進まないといけない。
短距離で賞金を稼いだ馬は出るレース番組が少ない。

恐らくD1800m路線が一番レべルが高いのかなと。

フェブラリーSでD1800m路線の馬が強いのは、私の持論と合いませんが
それはD1600がスタミナが必要なのでは無く、単に賞金狙いの強い馬が集まってレベルが高いせいではないかと。

エアハリファは1800m路線からレベルの低い1400mに落として勝ってきたのが問題で、素質はあるのかもしれませんが、弱い相手に勝ってきた、瞬発力戦になりやすい阪神D1800で距離延長という路線を選んだのが原因ではないかと。
[2014/04/21 23:12] URL | 賭神 #- [ 編集 ]

Re: 釈迦に説法かもしれませんが
> 賭神さん

釈迦に説法とか恐れ多いですww

そしてアドバイスありがとうございますd(^-^)

ブログのコメントってキャッチボールには適していないので、こういった指摘は非常にありがたいです。

かなり考察意欲がわいてきました。

賭神さんのおかげで、新たな目線を持つことができました。

私なりに【後から言える回顧】をもう少し掘り下げて記事にしてみようと思います。


貴重な御意見ありがとうございました!
[2014/04/22 12:58] URL | mussyu #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/101-31bbb7a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。