砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ活動休止のご報告
皆様、いつもブログの回覧ありがとうございます。

誠に勝手ではありますが、当面の間、競馬ブログ活動を休止することにいたしました。

自分の仕事の時間と、空き時間に何を費やすべきかが、自分の中で明確になりつつあったことが大きな理由のひとつになります。
ですが、競馬を愛する気持ちは全く変わっておりません。

何か新しい形で、このブログを再開できる方向性を考えております。

いつになるかは分かりませんが、自分のやりたいことを、競馬と関連できる形で具現化できるように努力していきたいと思っています。

最後に、このような拙いブログを見に来て頂き、本当にありがとうございました^^

それではまた会う日までノシ
スポンサーサイト
プロキオンS予想
この時期の中京というか、夏のダートレースは時計が速い決着が多い。

☆過去3年7月開催
夏中京

1~3枠の複勝率や回収値は優秀

夏中京1

芝スタートのダートコース故、外枠先行馬は定石だが
夏中京2

4角2番手を外れると大きく回収値が下がる

夏中京3

これに対し、3枠の成績を見ると、5番手まで安定した成績を残していることが分かる。
中京コースはロスなく立ち回ることが重要なよう思う、時計決着になった場合も同様のことがいえるのではないだろうか。
続きを読む
JDD予想
JDDに関しては昨年書いた記事とたいして見解は変わらないです。http://sunakissa.blog.fc2.com/blog-entry-150.html

昨年フィールザスマートが3着ということでしたので、大井の外回りは上がりが必要ということ。(フィールザスマートは中距離実績もあるが)
マイルな流れで好走して馬が合わないということは、ハイペースで展開向いた差し馬はスロー~ミドルの流れでは差してこれないことや、中距離馬のレベルの方が単純に高かったケースという考え方でも良いかもしれません。
今年は南関重賞も勝馬がころころ変わるという結果でしたし、レースラップも微妙。
ハッピースプリントはJPN勝ち鞍がありました。
インディウムも時計はかなり詰めましたがそれでも兵庫GTのタイムにも劣ります。
色々考える時間もないので、地方勢は消しで、JRAで気になる馬だけみていこうと思います。


②マイネルサクセサー

血統的には完全にダート、前走は出遅れて後方から。
今回は内枠で騎手大知だからある程度位置は取ってくると思われる。
一応芝OP勝ちなのだが、倒した相手がグランカマラードではそう威張れる存在でもない。
ただ、グランカマラードはライドオンウインドと京都D1800で0.1差。
それでこの人気差なのだから、まぁ買えなくもないと思う。
最近こういう予想が全く嵌らないのでアレなのだが、先行すればそれなりに楽しめるのではなかろうか。


⑥クロスクリーガー

兵庫GTは圧勝だが、勝時計としては2007と近年の勝馬に比べればそれほど絶対的でもないように思う。
当日の馬場状態はよく分からんのでアレだけど、上がり38秒は2位に0.8差とはいえそこまで速いとも思えず。
まぁ伏竜Sではノンコノユメを押さえていることも事実だが、この伏竜Sもテン5Fが62.7ではスローで先行有利だったといえる。
この時計自体はそれなりのレベルにあるとは思うが、コパノリッキーやハタノヴァンクールは差しでの快勝だったので。。。

⑨ノンコノユメ

ユニコーンSの予想では、ラジオをお聴きになった皆さんは御存知だと思うが、この馬の追走能力から流れたときにどうか?と一抹の不安を加味し○評価にした。
結果後方から末脚で圧勝したのだから、文句の付けようがない、というか流れたのが逆にこの馬の末脚をより際立たせたという印象でもある。
となると距離伸びてどうなんだ、というところなのだろうが、この馬自身追走能力に長けた馬ではないし、ユニコーンSでは懸念したとおり青竜Sよりも位置を下げている。
どちらかというと、青竜Sをあのペースとラップで差した馬なのだから、中距離が駄目ということでもないだろう。
トワイニング産駒といえば、キープインタッチやセイリオス、グレイレジェンドなど、中距離馬で活躍している馬もいる。
この馬は配合的にセイリオスに似ている、あまりスピードがあるようには思えないので、先行することは難しいだろうが、中盤弛み易いJDDでは追走は楽になるだろう。
伏竜Sではタンジブルとアンヴァリッドに挟まれてスムーズではなかったし、中距離馬に力負けした、という負け方でもないように思う。
小回りで坂がないとはいえ直線は長い大井外回りコース故に末脚値が高い同馬は評価すべきだと思う。

⑩ライドオンウインド

前年のカゼノコと比べると時計は良くてもレースラップと上がりという観点からやはり落ちる。
この鳳雛Sの2着を評価してみたラインルーフもユニコーンSで惨敗。
ただ、今年のユニコーンSは馬場重だったとはいえ、前半3F34.5とまぁそこそこ流れたレース。
中距離馬には流れの合わない(経験したことのない)ペースだったと予想して、今回距離が伸びて本来の力を発揮出来ると予想するのもアリかもしれない。
ただ、もともと位置を取れない場合、上がりの観点から不安だと評価はしたラインルーフだがちょっと負けすぎのようにも思うw
鳳雛Sは12.4 - 11.7 - 12.8 - 12.4 - 12.4 - 12.1 - 12.0 - 12.3 - 13.2と、やや息の入りにくいレースで逃げたリアファルは目標にされた感が強い。
かといってライドオンウインドが弱いとも思えないので、ここのところがJDDでどう着順が入れ替わるかに注目している。
アグネスデジタル産駒は不良馬場での成績が特に良いので馬場コンディションは向きそうに思う。

⑬ディアドムス

ドバイ帰りで状態がどうなか未知数。
2歳時に倒したカラパナビーチは先日古馬1000万勝ち。
ヒヤシンスSは58kgを背負って先行していい競馬を見せたが4着。
ただ、このヒヤシンスSでは12.5 - 11.2 - 11.8 - 12.2 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.3とそれほど先行して苦労するペースでもないように思う。
が、クロスクリーガーとハンデ差を考慮するとそれほど悲観する内容でもないとは思う。
枠は外で競馬はし易いだろう。
ジャンポケ産駒だけに距離延長は良いし、どちらかといえば消耗戦で強い印象でスタミナ勝負が望ましい。
キレ味はあまりなさそうな馬なので、上がりが要求されるレースになれば苦しいかもしれないが。。。


JDDはやはりミドルペースでも使える上がりを注目してみたいので

◎ノンコノユメから流してみたいと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。