砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京優駿予想(結果&おまけ)
月末で仕事がスーパー忙しいので印だけ。

◎ドゥラメンテ→1着
○サトノクラウン→3着
▲リアルスティール→4着
△レーヴミストラル→9着
△アダムスブリッジ→17着
△スピリッツミノル→18着

結局雨降らずの高速馬場だったので堅いと踏んで3連単勝負もラーゼン抜けで撃沈www

写真

けっこう流れたし、高速決着なら1枠のラーゼンは前走から押さえなきゃってことでした。
青葉賞のレースレベルも疑問視したなら、無理筋はやめないとってことですねー


☆おまけ

予想もあげてなかった目黒記念が当たるという複雑な1日でしたww
最近ダートがからっきしなので、来月から頑張らないとなー。。。

204.png
205.png
206.png
207.png

スポンサーサイト
東京優駿を予想する前に②
では、肝心の皐月賞組を考察してみる

個人的に気性が荒い故に流れる皐月賞でこそと本命を打ったドゥラメンテ
そのドゥラメンテではあるが、自分の思い描いた皐月賞の勝ち方と全く違うパフォーマンス。
普通に圧勝である。
しかも外を回して圧勝。
単純にマイラー思考の高速決着でこその◎だっただけに、更に悩ましいことにw
能力があるのは確かな馬だし、無理して嫌う必要もないように思う。
スローで掛かるとは誰もが思うだろうが、ミルコが持っていかれる姿はあまり想像しにくい。
向正面で折り合われる姿を見せられれば、馬券的にはジエンドということになりかねない。
自分は強い馬は強いと評価するタイプなので、ここも評価する。


ではリアルスティールとキタサンブラック

皐月賞 12.5 - 10.7 - 12.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.4 - 11.6
リアルスティール 4-5-5-3 1:58.4
キタサンブラック 2-2-2-2 1:58.8

スプリングS 12.7 - 11.6 - 12.4 - 13.1 - 12.8 - 12.0 - 11.8 - 11.2 - 11.5
キタサンブラック 2-2-2-1 1:49.1
リアルスティール 7-8-8-7 1:49.1

なにをどう考えてもリアルスティールでござる
しかし、例えスローとはいえ差しきれなかったのは事実でもある。

故にキタサンブラックも展開が向いただけの馬でもないことも結果であるが。。。
じゃあ今回スローならキタサンブラック、もう1丁なのか?

きたさん

キタサンブラックのポイントはLyphad 4×4+ノーザンテーストによる前受け
しかしナスルーラ系のサクラバクシンオー×ジャッジアンジエルーチも強く、本質的にはマイラーっぽい感じがする。
というのも、サトノラーゼンを3馬身ちぎり捨てたラップが
12.8 - 11.3 - 11.4 - 12.1 - 12.2 - 12.6 - 12.2 - 12.1 - 12.6 - 12.1
と、やや持続的で息を入れたポイントが6F目だけでやや強気な逃げになっている。
ラス2Fで0.5の弛みがあるのは隊列的な余裕からだろう。

きたさん2

故にこれがベストパフォーマンスのようにも思うし、当然スローとはいえ完封したスプリングSも素晴らしいものだが、あれは枠順や位置の恩恵も強く、どちらかといえば、更にレベルが上がった皐月賞でも3着になっている点に適性を感じるという解釈をしたい。
ちなみに同馬は上がり2位は新馬戦のみ、基本的には東京ではキレ負けするタイプであるように思う。
元来ブラックタイド産駒自体の適性が2000m迄の種牡馬で、昨年3着になったマイネルフロストとは全く違う適性であると考えている。

では次にサトノクラウン

確かに前走4角で不利は受けている、外を回らされたのも事実
そしてゲートで後手を踏んではいる、いるが。。。
正直もう少し追い込んで欲しかったというのはある。
なぜなら、ほぼドゥラメンテは同じ位置から差し切っているからである。

satono.png
サトノクラウンはRossini×Mill Reef、Sir Ivorのクロス。
Sir Ivorの父はSir Gayloadですから、この馬も走法から東京の瞬発力戦には合いますし、現に東スポ杯で勝利。
この東スポ杯はなかなか抜け出すに苦労していますが、勝ち方の内容的には、この中のどの馬よりも能力を感じる勝ち方だった。
ですが、弥生賞では弥生賞らしいラップでの勝ち方。
この馬の適性はどこにあるのでしょう?
仮に弥生賞が適性での勝利ならば、当然皐月賞でも注目すべき。
ですが、皐月賞はちょっぴり残念な着順。
やっぱり、東スポ杯の面子は恐ろしく弱いだけだった?
しかしながら、ブライトエンブレムも皐月賞でそこそこやれているので、この馬も決して弱いわけではないと判断しています。

結論からいって、3強はやっぱり切れないやwww
という主観です。

ミュゼエイリアンも少し考えましたが、やはりルージュバックに、完敗。
今年の毎日杯のレベルも疑わしい点から、前走皐月賞組から評価したいのはやはり3強ということになってしまいましたとさ。




東京優駿を予想する前に①
もうダービーですかぁ、1年って早いですね。

最近仕事が繁忙期に突入して、殆どレース考察をする時間がない&POG馬リスト作りで超多忙でしたww
タキさんいつ記事書いてるんだろwww

現在、私がブログを始める前に掲示板で切磋琢磨し、お世話になった重攻会のメンバーに混じってPOGに参加しています^^
重攻会POG初のドラフト参加ということで、かなり楽しませてもらっています^^
前年はJRA-VAN POG含め散々な成績だったので、今年は巻き返したいですw

さて、それではそろそろ巻きで考察していかねば!
続きを読む
オークス予想
今日ほど自分の目が節穴だと思った日はないですね。

まぁ色々反省を書きたいところですが、また時間のあるときにしっかり回顧しておきたいところです。
簡単に言えば、適性って今更ながら大事なんだなとww
ヒラバばかりやっていると、どうしても強い馬を探しがちなので、もう1度初心に帰って頑張りたいところですが。。。

少し競馬から距離をおきたいたいなぁ、と今年に入ってから日に日に思う所存です。

さて、簡単にオークスの予想でもしておきます。
ですが、ぶっちゃけオークスって当てたことないんですよ(オイ

まぁそれはさておき、桜花賞はスローでした、これと横比を基準に印を打って見ます。

◎クルミナル

本命はクルミナル、チューリップ賞ではワイルドリスクのクロス的な気の悪さをみせたのか、レースを投げた形。
桜花賞では一度の凡戦で評価を下げるのはどうかという点で注目していた。
スローでただ1頭差し込んできた点を評価してみたい。


○ミッキークイーン

クイーンCでは1頭だけ競馬ぶりが違うように見えた、前走は中団でしっかりと勝ちきったこと。
キャットコインに敗れはしたが立ち回り的な点を考えてポテンシャルの方を上位に取ってみる。
アンドリエッテを買うならばこちらかなといった主観、懸念は池江厩舎の牝馬という点かな。

▲ルージュバック

一度の凡走で(ry
評価は桜花賞時にも書いたので割愛

△クイーンズリング

どうせならいちびって本命にでもするかと考えたが冷静に△にしておくw
というのも、血統や、馬体的には距離延長問題ないように思う。
ただ、クルミナルと比較すると上がり差は顕著で、位置取りやコース取りを考えてもといった主観。
この馬を連下に評価することはすなわちフローラS組全切りを意味するという私の予想主観であるともいえる。

△コンテッサトゥーレ

安田厩舎だし短距離馬じゃね?と思うなかれ、血統的には延長でもなんとかやれるんじゃね?的な。
最終的に短距離矯正される前に買っておこうそうしよう。
まぁ馬体的には手足短めだけども、レッドオーヴァルと違う点は桜花賞のラップと好走レース質が正反対だというところ。

あとはココロノアイなりレッツゴードンキなり適当に押さえておくことにしようか、ココロノアイは馬場の恩恵は欲しいところで血統的には重馬場大歓迎のクチで今の高速馬場的には嫌ってみたいところだが。。。距離延長はいけそうな配合ではあるだけに悩ましいところ。


結果


◎クルミナル→3着
○ミッキークイーン→1着
▲ルージュバック→2着
△クイーンズリング→9着
△コンテッサトゥーレ→16着wwww

202.png
203.png

なんとか上手に的中出来ましたw
やっぱり安田厩舎wwww
自分の血統予想も節穴ですねww
平安S予想
ねた

さて、明日はダート重賞の平安Sな訳だが、皆狙い馬は決まっているのかな?

ねた1

問題ありません、とミサカ10032号は返答します。

本命馬の印も全員一致のようだが。。。

確認するまでもなく全員一致です、とミサカ13577号は即答します。

ねた2

本命馬の違いなど生じる余地はありません、とミサカ10039号は補足します。

ねた3


ミ、ミサカは。。。

!?

ねた4

どうかしましたか?19090号、とミサカは。。。んっ!?

ねた5

何か他の狙い馬を隠しているようですね、とミサカ10032号は緊急報告します!
続きを読む
VM予想
なんだか折角見に来て頂いているのに、何も更新してなくてスイマセンww
でも、自分の予想なんて殆ど当たりませんよ?ww


さて、VMですが、ぶっちゃけあんまり自信がありません。
ですが、気になる馬はいたりします。

それはレッドリヴェールです。

りヴぇーる

レッドリヴェールは早熟だったと世間から言われていますが、配合的にはこれからの馬だと思うのですよね。

母父

リヴェールのは母父Dixieland Band
このDixieland Bandを母父に持つ馬は古馬になってから活躍する馬が多数います。

年齢

年齢的にも回収値は晩年の方が成績が良かったりします(決して4歳が良いとは言っていないww

もう1点、ステゴ産駒らしく小柄な同馬でしたが、前走はようやく成長が見えたかな?という馬体大幅増。
レースも前向きさを感じられましたし、最後までしっかり走っていました。
調教でも前向きさを感じられる追い切りで2週続けて良い感じ。
外厩×須貝ですし、鞍上もルメールの継続騎乗、やれることはやったという意思は感じます。

桜花賞ハープスターの2着だったといいう事実、まだまだ終わった馬でないところを見せて欲しいところです。

◎レッドリヴェール
○ヌーヴォレコルト
▲メイショウマンボ
△ディアデラマドレ
△ケイアイエレガント

メイショウマンボにも頑張ってもらいたいですね^^

新潟ダートをジャッジメントですの!
ねた①

お姉様?新潟のダートレースの狙い方についてどうお考えですか?

ねた②

そうねぇ。。新潟は追い込みが決まりにくいから、前の馬買っておけば当たるんじゃないの?

ねた④

またそのような幼稚な感覚で馬券をお買いになって。。。
確かに位置取りは重要ではありますが、それだけでは木を見て森を見ずですわよ、お姉様?
続きを読む
土曜東京6R
久々に平場でも。
ちょうど前回記事にも書いたことだし
パワーポケットやニットウスバルが人気するなら。。。

ノーモアベットやウインオリファンが少し気になります。
まぁ人気もなさそうなので上記2頭と絡めてワイドで遊んでみようかな。
全く馬券にならない可能性も多分にあると思うのであしからずww

どっちも馬券にならずw
並列なら、上がりと、血統重視でせめてエグランティーナだったかなぁ
まだまだですね♪

しっちぃ☆さんのペルくんが勝利ということで、めでたいですね♪
NHKマイルC雑感
なんだか登録馬でこれってのがいねーww

とりあえず◎ミュゼスルタン、といいたいところですが、厩舎的にG1勝つイメージが全くない件
まぁ大勝負は避けて注目してる馬の雑感をさらっと。

①アブニールマルシェ

ミュゼスルタンに注目するならば、当然ケアしておくべき馬かなと
共同通信杯組でいえばブレイクランアウトが期待を裏切っているが、まぁマイルらしい11秒台が続く流れに合わなかったのだろう。
マイルがベストとは思わないので、流れ次第かもですかね。

②グランシルク

前走は追い込んでとんでもない上がり、多分出遅れはたまたまで、今回は出していきたいハズ。
2走前のラップを見る感じでは流れても問題なさそうに思う。

④グァンチャーレ

スクリーンヒーロー×ディアブロ
米血が多くHerbager内包のどちらかというとスピード勝負の方が合いそうで、マイルや高速馬場の方が良さそうな配合。
横比からも中距離臨戦の馬が人気するなら狙ってみたいが、中間に挫折あって皐月賞を回避と状態はベストではなく。
能力的に足りるか微妙ならば、デキはやはり良いにこしたことはないので、調教もイマイチで、馬体も輸送込みでかなりマイナス体重で出走となれば積極的に狙いたいとは言えなくなってきた。
当日の状態如何で紐程度の評価に抑えた方が無難に思う。


⑤クラリティスカイ

こちらも軽い馬場適性が高そうなクロフネ産駒
メンバー中では時計もあるし、皐月賞も狙ったのだが、流石にハナであのペースを押し切れるほどの能力はなく。
本来1頭前に置いて競馬をしたかったのだろうが、逃げる形になってしまったのは少々誤算だったか。
相手関係は当然楽になるのだが、弥生賞経由ということは少なからずクラシックに色気があったハズ。
ならば、メイチは前走でデキが維持出来ているかが焦点となりそう。
追い切りは。。。。うーんといった感じかな。

⑩アルマワイオリ

Bel Bolide×Mill Reefナスキロ系の追い込み馬だが、ストライドの可動幅が図抜けている感じでもなく。
Halo×Danzig的な器用さもあってか中山でもポジション押し上げたがその場合末が鈍るといった印象。
追い込みに決め打ちしての破壊力はアーリントンCを見ても分かるのだが、G1で勝ちきるには横綱競馬でも駄目で腹を括って展開待ちといったところだろうか。
東京は間違いなく向くだろうが、戦法的に難しい馬かもしれない。

⑫ミュゼスルタン

中距離臨戦からならばこの馬で、ダノンメジャーを狙うならば当然こちらかなと思う。
休み明けながら上がり最速、スプリング上位2頭は皐月賞でも好走ならば、相手関係が下がるここは絶好の機会。
ローテも他馬に比べ上積みは十分で積極的に狙ってみたいが。。。
厩舎がちょっと、重賞でしかもG1となれば。。。。
まぁ問題はこのくらいなので、馬の力があれば気にしなくても良いかも。
ってかG1で芝追い切りとかカネヒキリですか?笑
世界の角居じゃないんだから、どうなのかなってのは気になりますね→G1で芝追い切りってどうなんだろ?

⑱マテンロウハピネス

ダイワメジャー×トニービン×Blushing Groom
はて?どっかで見たことある配合だなーって思ったら、コパノリチャードでしたww
でもコパノと比べるには、あまりにも今年のアーリントンCのレベルは低いように思うがww
この馬ってなんか末脚が永続的に同じに見えて意外に東京は合うようにも思う。
思うのだが、やっぱり普通に足りなさそうww
確かにフローラルウォーク賞でダッシングブレイズの末脚を完封したのは良いけどレースはスロー。
このレースを、瞬発力戦で中距離馬の末脚を完封した点を評価するのか、スローが幸いしたのかと捉えるのか、普通は後者と考えるのが当たり前だろう。
現にちょっと流れたNZTでは完敗している。
ただ初めてハナを譲って惨敗した経験から、橘Sでは控えて結果を出している(しかもそれなりに流れたレース)
馬自身は成長しているのは明確に分かるのだが、それなりに流れ、高速馬場だった橘Sのわりにラスト1Fの失速は顕著で時計も評価出来るとは言い難い。
となるとやっぱり足りないと判断した方が無難に思う。

注目している馬は7頭
上記考察から印を付けるなら

◎グランシルク→5着
○ミュゼスルタン→3着
▲アブニールマルシェ→4着
△クラリティスカイ→1着

うーん、全くテンション上がらず買いたくないレースですwww
199.png


アルビアーノ消しでハズレww
オッズ的に割れてたので、荒れないと踏んで3連単で妙味取りにいくも撃沈でした。
ダート短縮延長の考え方
ねた

「ヤッホー♪みんな元気?
今日も全力で考察するわよ♪」


ねた100

「やけに張り切ってるなぁオイ、今日はなんの話だ?」(どっから持ってきたんだよ、その笹は)

ねた1

「ねぇ?ダート短縮の狙い方ってどうするか知ってる?」
「そんなもん、前走中距離からの短縮馬とりあえず買っときゃ良いだけだろ?」

ねた2

「ん~まぁ正解、10点」

ねた3

「じゃあその複数の短縮馬からの判別の仕方って分かる?」
「知らん」

ねた4

「複数の短縮馬の中から、より強い馬を選べば良いのでしょう?」

ねた5

「85点!!」
「つまり、短縮でもより強い馬を選ばなきゃいけないの!」

ねた102

「じゃあ、残りの15点はどこの部分だ?」

ねた7

「ゥオッホン!」
続きを読む




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。