砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(春)雑感
ざっと登録馬と過去走を見ての主観なんですが、今年に限ってはゴールドシップも面白いのではないかなといった考えです。
続きを読む
スポンサーサイト
4開催終わりました
早いもので、あっという間に春G1シーズンの到来ですね

17.png

今開催は週別でのマイナスが1度もなかった月でもありました。

18.png

こと阪神競馬場においては先週まで202%と考察が生きた形だったのですが、土日でかなり数字を落としてしまいました。
アンタレスSの不的中共々、200を維持出来るハズだったのですが、少し馬券的にブレてしまったことが反省点です。
阪神開催はまた直ぐにやってくるので、反省を糧に更なる成績向上を目指したいところです。

一番投票数の多かった中山開催においても回収率を伸ばすことが出来ずという結果
皐月賞は人気決着を嫌ってBETしてしまったことから、ひっくり返すことが出来ませんでした。
中山Dにおいても最後まで本質を見抜けるところまで手が届かず、春開催は翻弄されてしまったなというイメージだけが残りました。
秋に向けて、手は打っておかなければならないと感じた中山開催でした。

全体的な主観として大きいのを当ててしまうと、どうも穴思考に偏り過ぎる嫌いがあります。

193.png

こういうのとか当ててしまうと特にその後の馬券が荒くなりがちです。

1度の成功に心を躍らせることなく、冷静に格馬の分析に取り組まなければならないなと感じています。


19.png

前年の成績は目を覆いたくなるような結果でしたが、秋口あたりに今までの予想方法を根底から見直して、それまで勉強してきたことを無駄にせず、本質をもう1度探る作業を行ってきました。
前年度終盤から数字的に安定したきたことから、今年度を迎えるにあたって少しずつ自信がついてきた感じはします。

最近、よく穴馬を当てますね?とか、調子いいですね、ノッてますねとか言われることもありますが。。。
確かに、前年度はたったの7回しか万馬券を的中していません。
今年は現在9回の万馬券を的中していますので、既に前年の的中回数を上回りました。

ツキも当然あるかもしれませんが、そろそろ努力の成果だと思っても良いんじゃないかなという気はしています。
ですが、まだまだ年間として結果を残した訳でもなく、回収率においても124%程度なら、もっともっと優秀な方々はたくさんいらっしゃると思います。
例え自信が少々ついたとはいっても、たまたま数ヶ月調子の良い月が続いているだけだと、戒めていかねばなりませんね。

相変わらず開催終わりに反省することの繰り返しばかりの日々です。
どこかで爆勝することを目標に、今後も勉強し続けて行きたいと思います。

苦手な東京開催を克服するためにも、長い東京開催をなんとか乗り切るために頑張りたいと思います。
さつきしょう よそう
◎どらめんて→1ちゃく

ふつうにおりあってはしればつおいとおもいます。
はやいながれになったほうがすむーずにはしれそうなのできたいしてみます。

どらめんてつおかったね^^
アンタレスS予想(回顧あり)
相変わらず同じ馬ばかり出走する重賞レース、面白くないなーって感じです。
今回ポアゾンブラックとクリノスターオーが外か先手を主張するでしょうし、そこそこ流れそうな感じですかね。

続きを読む
アンタレスS雑感
私は『去る者は追わず』主義です
競馬でもなんでも、個人の趣味である以上、続けようが辞めようが絶望しようがなんだろうが、他人様の迷惑にはなりません。
100の決意表明より1つのBETから勉強することの方が1万倍くらい大事だと思いますけどね。
まぁTwitterの方でも呟きましたからもういいかな。
ブログはめんどくさいので辞めようと思うことも多々ありますが、自分の為になると思うことがあるうちは継続すると思います。
日本人は自分の為だけに時間をもっと費やして良いと思いますけどね。
続きを読む
桜花賞予想
さて、勿体ぶっても、値打ちこくほど予想力もないのでチャッチャと印。
個人的な全体的主観として、ミュゼエイリアンとムーンエクスプレスを物差にして考えてみた。

◎クイーンズリング
○ルージュバック
▲アンドリエッテ
△レッツゴードンキ
△ココロノアイ
☆クルミナル



◎クイーンズリング

菜の花賞でマキシマムドパリに勝っているのだが、このマキシマムドパリは次走つばき賞でも3着に善戦。
このつばき賞はキロハナの強さだけが目立ったレースで、先行馬はスローの前残りだったのかな、と思いダノンリバティの評価は低い点数を付けた。
しかし、毎日杯ではユタカさん騎乗で控えて新味、ミュゼエイリアンをハナ差急追して2着と本来の能力を発揮した結果となった。
個人的な妄想なので、スルーしてもらってかまわないのだが、このキロハナ。
無事なら京都新聞杯→ダービーまで駒を進めてもらいたかった馬で、芝馬のラップパフォーマンスにおいて、自分はまだまだ見る目が無いと思うのだが、その時計以上の見た目のパフォーマンスに衝撃を覚えた。(これも素人目線かもしれないが)

着差からキロハナ=クイーンズリングというのは流石に思わないのだが、阪神FRでは、着差以上のパフォーマンスであり、内をロスなく(それでもよく狭いところから集中して最後まで脚を使ったが)回ったペルフィカより、外々を回って末脚でねじ伏せたように、見た目は派手な勝ち方だった。
相手関係と過去走から単に短距離を勝っただけの馬ではないことを評価してみました^^

今年のFRはそこまで短距離らしいラップでもなかったので、相性の悪いと言われているFR組でも評価すべきなのかなと思って、ちょっといちびった印を打ってみた。
クイーンズリング
同馬は小回りと内回りコースの経験しかないのだが、River man 4×5 ストライドタイプという感じでもないが、直線が長いコースや広いコースでも対応できるんじゃないかなという感じはする。

マンカフェニックスといえばやっぱりCaerleonかBlushing Groomってのが王道ですが、父がもたないND系のクロスをしっかり持っているので、クラシックではやはり狙いたいという感じはします。
仮に走らなかった場合、今後の糧にもなりそうなので、チャレンジ的な◎にしてみました。

○ルージュバック

この馬が歴史的名牝とは自分は思っていないのですが、やはり評価すべきは百日草特別だと思います。
ベルーフはスプリングSでは評価しませんでしたが、なんだかんだで掲示板には来ていますしね。
同レースでミュゼエイリアンは出遅れからの競馬だったのですが、例えスムーズに回ってきたとしても、ルージュバックを倒すとまではいかなかっただろうと思います。
きさらぎ賞のメンバーは弱いですが、先行して後続より上がりが速いのですから、あの面子程度では相手にもならなかったという結果だけで十分かと思います。

▲アンドリエッテ

個人的にはミッキークイーンが抽選を通ったなら、そちらの評価を上げる予定だったのですが、繰り上がりの▲
単純にロカとの着順が入れ替わった形のチューリップ賞。
このクイーンC組の能力差をどう判断するかで、皆さん印が割れるような気がしますね。
スムーズに競馬したレースセンスを評価するのか、外を回しただけの上がり3F値を評価するのか。
ロカに関しては東京でこそのパフォーマンスという方々もいらっしゃいます。
自分は馬体のことはよく分かりませんが、基本的に阪神の外回りコースって『強い馬が普通に強い競馬をする』コースと認識しています。
よって、どちらかといえば経済コースでスムーズに走れたキャットコインやロカよりこちらを上位に取ってみようと思った次第です。
アンドリエッテ

アンドリッテの血統をみた主観として、ミスプロ系ニックスのDr.Fagerのクロスを持ち、Deputy Ministar系でもパワー色の強い傾向のSilver Deputyでのミスプロクロス。

当然父はディープインパクトですから、良馬場でのパフォーマンスが期待されますが、配合的には時計の掛かる馬場状態でも問題なかったように思います。
桜花賞はパワー系ディープって感じがしますし、母父スマートストライクのレッドオーヴァルでも2着した桜花賞ですから、チューリップ組の2着をそのまま評価しても良いんじゃないかなと思います。

△レッツゴードンキ、ココロノアイ

単純にデータ的に嫌う要素も少ないですし並列評価にしました。
というのも、この2頭ってそんなに差はないと思うのですよね。
レッツゴードンキについては、前走逃げ馬が不在で、スピードに乗って先行したのは良いですが、そのまま鞍上の意思とは裏腹に早い段階で先頭に立ってしまったのは痛恨だったように思います。

ドンンキ

確かにリアルシヤダイ×ノーザンテーストで距離の幅を持たせている感はありますが、本質的に牝系がマーベラスサンデー×ジェイドロバリーなので、古馬になったら短距離を走っている可能性はあるんじゃなかろうかと笑
札幌2歳Sを見てもそうですが、どちらかといえば持続的なレース質でこそベストパフォーマンスをみせそうな感じはします。
ですので、こと桜花賞に限って勝ち負けできるようには思えないかなといった評価になります。
ココロノアイについても、ドンキと着順が入れ替われど、適性や枠、馬場、展開の恩恵もあっての着差はそこまで開きがないことから、本命視できるかという観点では、同じことが言えるのではないでしょうか。。

☆クルミナル

今年のエルフィンSについては、レベル低いような気がします。
ですが、アスカビレンはチューリップ賞で馬場の恩恵はあったとはいえ5着どまり。
ならば相対的にそのアスカビレンと差なしのペルフィカがFRで2着だから。。。
あれ?クイーンズリングひょっとしないでも普通に駄目かも?ってなっちゃいそうな予感がww
まぁそれは置いといて今回も須貝×外厩パワーは無し。
見直す要素としては、良馬場でパフォーマンス↑、やや大型のディープ産駒、とか言われていますね。
ただ、前走は全く競馬にすらなっていないので、本来のパフォーマンスは全くだせていないと思います。
そういう意味でも、1回の凡走で嫌うのもどうなのかなといった程度の印であることは事実です。
(横比で強いかという点では推せない)
(アスカビレンはエルフィンSは叩き台だったかもですが)


キャットコインを嫌ってみた以上、フラワーC路線組は全消しにしてみました。
ここまで書いてきてなんですが、紅梅S出遅れから圧勝したコンテッサトゥーレがチューリップ賞で案外だったことからFR組駄目な気がしてきたwww
でもでも冒頭書いた見解を押し通して初志貫徹でいきます^^;
FR組を嫌うのなら、キャットコインやメイショウメイゲツに逆張りするのもありかもしれませんねー。
ふぐすまD考察
ついたた

自分のような人間に、愛想をつかずにお付き合いして頂ける人がいるということはありがたいことです。
だいちゃんにも言われましたが、切磋琢磨出来る、お互い言いたいことが言い合える関係性というのは大事にしていきたいですね。

こんな私ではありますが、引き続きお付き合い頂ければ幸いです。
続きを読む
伏竜Sはリアファル
ついたー

とこっそり呟いていましたが。

187.png
188.png
189.png

なんか変なのも混ぜてしまいましたがww(こーいうのもうやめようかな)

クロスクリーガーはやはり強かったという結果で、リアファルと1点で勝負すべきだったかなーと。

というのもこのリアファル、ブチコの人気と比べてみると、同距離のレースラップとしてそれほど差はない(むしろリアファルのほうが上)のではと考えていたからになります。

リアファル

リアファル 8枠 2-2-2-1 36.8
ブチコ 3枠 3-3-3-2 36.6

京都D1800は基本的に内枠先行馬有利のコースで、2~3歳のうちは流れたペースを先行した馬ほど評価を上げます。
(当然スローでも上がり最速の場合は評価しますが)
リアファルは2走前にマイネルオフィールに負けていますが、ゲートで躓いて流れに乗れなかったこと、スローを後方から追走したことが影響していると思われます。
こういった馬は次走流れるケースで着順が入れ替わったりします(ショコラブランとの差)

ブチコ4.7倍に対して、リアファルは14.7倍ですが、そこまでの能力差はなかったと思われます。
(最近自分はこういった横比から正当な評価を受けていないレースをよく狙います。)

もう1点は血統での後押しによるものです。
母クリソプレースは良き繁殖牝馬で、マリアライト(1600万下)フォルトファーレン(500万下)クリソライト(OP)と排出した3頭ともに500万を勝ちあがっているという今後にも注目したい繁殖牝馬です。

ノーザン×キャロットのラインの馬で、音無厩舎となると半兄クリソライトとだぶりますね^^

リアファル1

父にゴールドアリュールを持つクリソライトとは違い、リアファルは父ゼンノロブロイ
父、母系ともに米国産が強いので勿論ダート馬なんですが、ちゃんと欧州血統も混ぜてスピードだけの馬にしていない奥深さを感じます。
ゼンノロブロイ×River manは結構有名なニックスで、ゼンノロブロイ産駒のダートOP馬に必須条件であるミスプロのクロスも4×4(ナムラビクター、ハートビートソング)と上記2点を近いところに持っていることも強み。
ノーザンダンサー系も3本持っており奥の深さも持ち合わせているかもしれません。
ナスルーラ系がやや弱いナムラビクターと違い、素軽さもあるリアファル。
3~4角ではやや追走に苦労しているように見えましたが、直線に入っても脚が上がることはなく、ゴール前でクロスクリーガーをクビ差まで追い詰めました。
配合的にもナスキロっぽさを感じさせられるので、東京のダートでどういった走りをするか興味があります。
ですが、本質的にロブロイ×エルコンドルパサーですから、マイラーではなく中距離の方が良いように思います。
ユニコーンSよりJDD向きかもしれませんね^^
コーラルS考察
どうも自分の芝重賞考察は需要がないらしい笑
のでリクエストにお答えしてコーラルSの考察。。。といきたいところだが。

最近思うことなのだが、ダート戦上級クラスで、かなり先行馬が揃ってハイペース想定でも、そのまま先行決着~というレースが多いように思う。

思うに差し馬の末脚値が低いor先行馬が人気どおり好走してしまう、といったことから結局配当期待値の低いレースになってきているのかもしれない。

しかしその先行馬でも数頭いればそこに妙味が生まれる可能性はあるし、穴なら先行馬という図式が成り立つのかもしれない。
明日も稍重程度に湿りが残るだろうし、それを考慮して注目馬を数頭ほど。

グレイスフルリープ

この馬は随分前にも書いたが、阪神>京都で、持続戦に強い。
よって先行馬が激化しても評価してよい馬ではあるが、決め手に欠けるので単勝では買いにくい。
相手までといった感じ。
中距離OP馬相手にそこそこやれているので無理に嫌う必要はなさそう。

サンライズブレッド

大穴中の大穴だが、ネオザウィナーが前走OPでも掲示板あたりに来ているのだから、鞍上幸というのもあって3複の紐にでも忍ばせていれば面白いかも。
血統的にはステゴ×シアトルスルーで時計速い馬場でこそという感じ。

エーシンビートロン

走っても走っても人気薄という不思議なお馬さん。
BT産駒なので叩き量化型、パワー系で阪神>京都
トップハンデで嫌われているのかな?
確かに昨年の栗東Sでのハンデ差を考えればグレイス>ビートロンという評価は頷けるかも。

ニシケンモノノフ

前走は文句ない勝ちっぷり、今回定量の57kgでどうかなといったところ。
前走ペースで先行して押し切ったことは評価すべきだが、コーリンベリーに完敗しているのでそのあたりだけだろう。

ロングロウ

クロフネ産駒らしく距離は短めの方が良いかもと思い、大和Sでも狙ったのだが惜しい競馬だった。
どちらかといえば京都で買いたい印象だが、湿ったダートは強いクロフネ産駒なので少し期待してみたい。

スズカセクレターボ

こちらも穴中の穴、叩き2戦目は全て馬券内だし、襷Sくらい走れば3着あるかも?

コーリンベリー

暮れのファイナルSはちょっとスロー過ぎて展開が向いた感はある。
前走は出遅れで競馬をしていないわりにコパノリッキーから0.5差なので人気も仕方ないのかなといった感じ。

エアウルフ

前走はインから2枚腰、よく抜け出してきたなといった感じ。
今回は前を見ながら運べそうだし、4角でスムーズに競馬が出来そうに思う。


そろそろダート勢力図も入れ替わって良さそうな感じで、ファイナルSはスローのわりに時計もわりと優秀。
4歳馬2頭のどっちかこけてもらわないと配当的に厳しい。
メイショウボーラー産駒はなぜか明け2戦目の回収率と連対率がものすごく下がるので鞍上込みで評価下げるならニシケンモノノフのほうか。
でも前走の走破時計、勝ち方は鮮やかなので、ラップ的や能力的に評価を下げる根拠は無い。
エーシンビートロンとグレイスフルリープのハンデ差やエアウルフの枠を考慮しても本命にするまではいかず。
穴馬の2頭も無理筋な感も否めない。

◎コーリンベリー→1着
○エアウルフ→3着
▲グレイスフルリープ→8着
△ニシケンモノノフ→2着
△エーシンビートロン→9着
☆ロングロウ→12着
×サンライズブレッド→4着、スズカセクレターボ→5着

☆×を全て切って◎から3連複6点かフォーメーションで3列目に入れるかといったところかな。
(個人的には大和Sの着差からロングロウに2㍉くらい期待してる、ローブデソワは1枠なので嫌ってみた)

183.png

やはり堅かったwww
サンライズブレッドは美味しいオッズだったんですけどねー

ロングロウは全然ダメで、やはり大和Sは京都重馬場のわりに時計が遅い。
この辺は今後穴を狙う上でも注意しておきたいところ。

ボーラー産駒の2走目とかいう根拠に乏しいデータよりも、ニシケンモノノフが力を付けていたという結果でしょう。
エアウルフはちょっとズブくなっていましたが、なんとか3着確保といったところ。
4歳馬と2頭との力関係がハッキリしてきましたね^^

馬券的には2列目にニシケンモノノフ、エアウルフにして3列目に流せばよかったかなぁと反省。
1頭はこける可能性は0ではないので、穴を狙う姿勢はやはり持っておきたい。

個人的にコーリンベリーに◎を打てた点は、昨年から少し成長できたかなと思います。
週末重賞雑感
☆産経大阪杯


そういえば前年こういった記事を書いたんだが。。。
大阪杯回顧
改めて過去の傾向をみると、結構上がり勝負が多いレースなんだなと。

今年の中山記念はわりとミドル以下の持続的な感じのレース(渋った馬場の影響もあるのかな?)だった印象
あまり芝レースのラップは見慣れていないのでアレなのだが、スローに近いのかな?
なんにせよ古馬相手にヌーヴォレコルトの勝利で、牝馬も侮れないのではないか。
馬場状態がどうなるかは微妙だが、ラキシスやショウナンパンドラに注目してみたい。

キズナは前走から上積みが確実に見込めるのだろうし、この馬に競馬界を引っ張ってもらいたい気持ちは強いのだが。。
エアソミュールは混戦からスパッと抜け出す器用さが印象的なので、単純な末脚勝負になれば厳しいのかなといった印象。
末脚勝負ならスピルバーグかといってもやはり広い東京コースで勝ってきた馬だし58kgもどうなのかなといった感じ。
ぶっちゃけ前走上がり1位2位で買っても良いレースだったりするので上がり値だけで決め打ちしてみようw

◎ラキシス→1着
○ショウナンパンドラ→9着
▲キズナ→2着
△スピルバーグ→4着

185.png
184.png

ラキシスちょー強かったですねっ♪
エアソミュールも結構悩んだのですが、結局馬場で切ってしまいました。
ですが1、2着には完敗ですから、連系の馬券にいらないというのは考察どおりだったのかなと。
阪神は馬場が悪かったわりに結構差し馬が台頭していましたし、10Rでフミノムーンがしっかりと差してこれていたので、馬場適性は大事だけど、末脚殺される程の馬場ではなかったのでそのまま印どおりの買い目にしました。

週末3重賞雑感
ここでも書きましたが、内回りの馬場不良でフミノムーンには絶好の舞台だったと思います。

結果的にはラキシスの完勝、キズナは馬場も影響したと思われますが、ロンシャンの馬場もこなした馬ですので、自分としては前走のパフォーマンスが休み明けだったとしても不満足な内容だったこともあり、その懸念が実際の結果に繋がったかなとも考えています。

展開は予想どおりゼロスが離して逃げてのカレンブラックヒルが2番手でレースラップほど流れた印象はないです。
そういう意味で、最初から前残りの線は考えていなかったので、まずまずの予想が出来たのではないかなと考えています。
ショウナンパンドラはエリ女の結果から、ヌーヴォレコルトと同列の評価をすることは間違っていたということでしょうかね。
秋華賞は浜中の素晴らしい騎乗によるものでしょうから、決して馬の能力だけで勝ったG1ではなかったことを念頭におくべきだったかと。
そこをしっかりと精査出来ていれば少点数で3連単を当てれていたと思うので、今後の課題にしたいと思います。

☆ダービー卿CT

中山マイルなんて考察した記憶ないんですけどww
パッと見、東風SとニューイヤーSってどっちがレベル高いんでしょ?

東風S 
12.6 - 11.2 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 11.5 - 11.8 - 12.1
ニューイヤーS 1
2.5 - 11.0 - 11.2 - 11.5 - 11.5 - 11.8 - 11.6 - 12.8

中山は差し有利になったり先行馬有利になったりと如何せんよく分からない馬場状態。
先週も外を回した馬は厳しいけど、日経賞は差し馬決着でした(ペースや相手関係もあるだろうけど)

面子的に中山マイルのわりに先行したい馬が揃ってない印象で、そんなに時計が速い決着にならんのかなといった感じ。
キャピタルSを見てもわりと混戦な感じがするので、どうせなら人気薄の方を選びたいかも。

となるとアーデントに少し興味をそそられる。
というのも、ニューイヤーSはややペースが上がって早めに動きすぎて直線捉えられずといった競馬で、今回ペースが上がらないならちょっと面白そうかなといった感じ。

という訳で

◎アーデント→8着
相手は馬場状態を見て決めようかなと思います^^

186.png

ラップだけみれば東風S>>ニューイヤーSは明らかな訳で、東風組+モーリスで単純に当たるという結果。
スローなら捲れるかと思ったものの、よくよく考えてみれば、流れた分先行に厳しい流れ→後方スタートが功を奏したが捲りきれずといった図式だったのかも。
中盤までのラップ差はそれほどでもなく、その分失速度合いも大きいレースだったので、アーデントを評価したのは間違いだったのかなと。
アーデント以外の相手馬評価はまずまずでしたが、ブレイズアトレイル先行さしちゃうとか聞いてませんけどww
インをロスなく立ち回ろうとしたが、少し進路が厳しくなって一旦抜け出したが外でスムーズだった馬に差される。
カツハルや岩田はしっかり馬場を読めていたし、これは良い判断で明暗くっきりといった感じでした。
ともあれアーデントは自分の競馬をして完敗ですので、予想がハナから間違っていましたね。

モーリスは1頭次元が違う競馬、馬場差や相手差はあれど1800mと1600mの上がり値がほぼ同じで、スピカSでも1秒次元が違う上がりでしたので、そういった意味でもワイドにしておきましたが、やはり強かったという感じでした^^;

芝予想もなかなかに面白く、これからも勉強していきたいと思わせる結果になりました^^
今後も雑感は書いていきたいと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。