砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーチS雑感(+おまけ)回顧有
あまり時間がないので雑感だけ書いておくことにします。

昨年は珍しく予想が嵌っていたので興味があればこちらを。
マーチS②
マーチS③
マーチS④

流石に昨年の記事だけあって、何言ってんだ?コイツ…みたいな見解もチラホラ(笑)

基本的には底力戦、血統的にも小回り捲れる馬且つ持続戦に長けた馬を狙うのがこの重賞のセオリー

イッシンドウタイ

先行馬がわりと揃ったので展開次第といったところ。
前有利の今の中山は少し買い辛い印象だが、嵌れば差してくる可能性はないとは言い切れない。
捲れる脚質でもあるので中山は問題ない。
ハンデも恵まれた印象ではある。

ヴォーグトルネード

ネオユニ×アフリートのわりに競馬は極端で器用さは皆無
脚質的には相当展開が嵌らなければ厳しいだろう。
自分から動いていけない馬は中山では少し買いにくいかな。

キクノソル

前2走はかなり展開に恵まれた感がある好走。
スローでいければなかなかしぶとい脚を使うが、失速戦で上がりの競馬になればアッサリ屈する姿も。
ウオッカCを見る限りでは、同型が揃った今回は嫌いたいところではある。

サトノプリンシパル

短距離苛めもハイペースになれば脆さを見せるのは変わらない印象。
隊列と位置が有利な状況下でないと前残りは望み薄かな。

サンバビーン

ハンデは軽いが同型が揃っているので楽には運べなさそう。
中山で良績もないし軽視が妥当。

サンレイレーザー

重賞での初ダートは問答無用で消し

ストロングサウザー

面子が楽な準OPは勝ちあがれても、同様のスローで案外な前走。
このあたりの4歳馬はまだ重賞では能力が足りないと見る、消し。

ソロル

ハンデは前年より重いが、レース質、舞台ともベスト。
軽斤量が有利に働くレース質でもないと思うので問題ないだろう。
前走の斤量であれだけの競馬が出来れば十分許容範囲。

ダノンカモン

今はこれくらいの距離が合いそうで、厳しいレースでこそしぶとい競馬をするのは武蔵野Sを見れば分かる。
小回りが決して良いタイプの走法には見えないが。。。立ち回り次第といったところか。

トウショウフリーク

ちょっとローテ的にも迷走している感が否めない感じ。
近走成績からもあまり推し要素がない。
どちらにしろ控えるのは気性的にも無理だし、アルデバランSの内容も案外なものだった。

ベルゲンクライ

前走は展開に泣いたが、末脚は堅実で良いものを使っている。
展開次第ではOPでもアッサリ勝てる実力はあるだろう。
懸念は転厩緒戦といったところか。
ハンデ55kgは魅力。


マイネルクロップ

前走はハンデ差といっくんの温情でなんとか辛勝したが、そもそも今年の佐賀記念は時計が遅すぎる。
どちらかといえば流れるレースで時計勝負でこそといった馬。
だからといって強気に勝ちに行ける能力はまだ無いといったことが東海Sや北総Sで見せた結果から思う。
あまり坂は合っていない印象ではある。平坦巧者の可能性。

マスクトヒーロー

リファールクロスで前受けしてナンボといった馬で、ハーツ×ホワイトマズルで小回りどんとこいだろう。
ソロルを評価するなら、相対的に評価を上げなければならない馬ではある。

メイショウカンパク

サンレイレーザーと同じで(ry

ランフォルセ

血統的にはこの舞台は完璧なのだが、現状の中央競馬で馬券になるかといえば。。。さすがに厳しいと判断するのが妥当。

ロイヤルクレスト

機動力は抜群なのだが、如何せん垂れるのが早い。
函館札幌でまた穴を空けるまで待ちましょう笑

全体的に先行馬が揃いに揃ったなという印象。
これでスローってことはさすがに無さそうに思うが。。。
展開的にも差し馬にもチャンスはありそうな印象。


イッシンドウタイ
ソロル
ベルゲンクライ
マスクトヒーロー


この4頭に注目しておきます。


追記

明日は馬場状態どうなるんでしょうかね?
ちょっと人気どころばっかりなので、ダノンカモンでも足しとこうw

◎ベルゲンクライ→5着
○ソロル→8着
▲マスクトヒーロー→3着
△イッシンドウタイ→2着
☆ダノンカモン→7着

ベルゲンクライは転厩緒戦で本来のデキじゃなかったのかな?
マイネルクロップは平坦巧者ってのは固定概念かなと思い、買い足して正解でした。
撒くって勝てる馬ではないですが、丹内くんはよく我慢しましたね^^
予想としてはハズレですが、まぁメンバー的にも失速戦になりそうだったので差し馬重視の馬券を買いました。
181.png
まぁ強引な馬券ですが、無理やり当てましたw

展開的にヴォーグトルネードも入れましたが、やっぱり必要なかったかなと反省。
中山はやはり勝負どころで前を射程圏内に入れないとですね。
動ける器用なタイプではないとは考察どおりなので、今後も展開とコースは選びそうですね。
キクノソルは予想外に頑張った印象で、このあたりが今後の課題かなと思います。
ソロルは難しい馬ですねww
前走も57.5ですが、上がりが使えていなかったので、このあたりもう少し精査する必要があったかもしれません。
レース質に関しては、来年以降もこんな感じで予想すれば的外れな見解を書かなくてすみそうかなww

~おまけ(高松宮記念予想)~

昨年のスプリンターズSはHペース差し馬向きの流れ。
スノードラゴンに勝たれる今の短距離界っていったい…
能力的に1200~1400ばかり使っている組って着差だけ見れば団子な気がしますけど…

◎ダイワマッジョーレ→6着
○コパノリチャード→5着
▲レッドオーヴァル→14着
△ローブティサージュ→17着

こちらはダメダメでしたね~

まずエアロベロシティをちゃんと考察していない時点でダメですねw
あとはツイートしたとおりです。
ついった

今週は忙しくてあまり馬券は買えなかったけど、日曜のダート戦の馬券の調子は良かったです^^
177.png
178.png
179.png
180.png
182.png
馬連万馬券ww3複10万馬券www相変わらずチキン馬券師www

基本に立ち返って相手関係比と位置取りを重視してみました。
ラッキーな1日でしたねw


スポンサーサイト
3月開催を振り返る
先週は散々でしたね。。。

15.png

今月も100を維持するのがやっとでは先が思いやられます。

重賞にしてもリアルスティールの強さだけ際立った結果。
ダノンプラチナはやはりマイラー色が強いディープなのかな?
流れが合わなかったとはいってもあの流れで差されているようでは少し微妙な結果だとも思います。
リアルスティールを本命にしている人が多かったので、まだまだだということですね^^;
(京成杯組軽視は間違ってなかったことは救いかも)
マイネルシュバリエはまぁあの流れで上がり勝負する馬ではないので、この馬の買いどころはまだ先にあるような気がします。
中京は例年の傾向と全く違う前残りでしたが、タガノアガザルは買えませんね、私にはww(当日の馬場って大事ですね、今更だけど)

最近競馬へのモチベーションが下がりっぱなしなのですが、まぁ次開催もボチボチ頑張っていきたいとは思います。

さて、それでは恒例の今開催反省点と、少し使える?気付いたところを回顧しておくきましょうかね。

続きを読む
週末の3歳重賞雑感
随分温かくなって仕事が忙しくなってきました。
冬場のように1Rからガッツリ予想ってな具合に時間も取れなくなっていきそうですね。

フラワーCはよく分からないので、それ以外の雑感でも書いておきましょ。

ファルコンS

ざっと過去の傾向をみたところ、上がり優秀な馬の需要が高そうなレース
なら距離短の差し馬狙えば?ってことですがアーリントンC組の朝日杯の着順見る限り、全く通用していない件
てなわけでテケトーに雑感。

アクティブミノル

朝日杯5着(完)
スタチューオブリバティ産駒なので短縮は良いし、この重賞ダート血統馬でも全然通用してるし(ピカチュウピカピー)
ただまぁピカチュウは前走阪神コースで上がり最速だったし、脚質的にはレース上がりが必要な重賞だけに厳しいかも。

ビヨンジオール

朱竹賞は12.1 - 10.5 - 11.2 - 11.5 - 11.5 - 12.3
と、ハイペース展開向いた差し馬だが、ラス2F目加速でのラス1F失速度合いとしては合格点。
というのもアルマエルナルトが同レースで12.3 - 10.4 - 11.2 - 11.6 - 12.0 - 12.0
これでまずまず善戦しているので、差し向きの流れなら評価しておきたい。
まぁちょっと人気し過ぎなのが心配ですが、展開向いたら嵌りそうではある。

ヤマカツエース

アーリントン組では一番マシだけども、ケツァルテナンゴが朝日杯で相当残念な着順。
チチカス産駒で牝系も中距離向きっぽいケツァルよりはこっちの方が短縮は良いかも。
函館でアポロノシンザンに勝ってるので差し馬狙いならこっちか。

フミノムーン

Mr. Prospector 4 x 4 x 4で外回り阪神コースでドンと来いってなタイプではなく。
ロードフェリーチェやアンビシャスがG3で好走しているので押し出された人気なのかな?
前走見る限るでは時計の掛かる馬場が血統的にも良さそう。

ワキノヒビキ

オンファイア産駒が芝の重賞で(ry
前走は案外だったが、なぜかCWで追い切りしていた馬がようやく坂路に戻してきた。
もみじSを見る限り追走能力はなさそうで、大勢決してから追い込んでくるタイプ。


レンイングランド

スローの京都で残せない馬は普通なら消し、なのだが仮にハイペになった場合しぶとそうなのが同馬。
寒椿賞はそれくらい先行馬に厳しいラップではある(まぁ経験の差はあるだろうけども)
レース質として差し向きを評価した場合はいらない馬かもですね。

ブラッククローバー

萌黄賞では先行して強い競馬、ききょうSでそれほどブリクストの差のない競馬をしているのにこの人気差は?

ブリクスト

控えてから新味が出た感じ、過去走見る限る抜けた存在にも思えないが。。。
チチカス産駒だが牝系にフジキセキ×ジェイドロバリーだから短縮にも対応出来ている感じ。
スピード馬場だとしんどそうな血統構成ではある。

総評

なんだか展開と位置だけでいくらでも着順は入れ替わりそうな感じ。
そこそこ先行馬は揃ったので差し向きで買うならば人気ない馬から勝負してみるのも一考か。

△ビヨンジオール
△ブリクスト
穴ワキノヒビキ
穴ブラッククローバー

穴ワイド4点で遊びますww

スプリングS

これはなにをどう考えても

◎ダノンプラチナ
○リアルスティール

本来評価したいのは先行有利の流れで差してきた京成杯組。
ですが共同通信杯でのソールインパクト が相当残念な着順だったので、ベルーフ以下は全消しで。

これでは面白くないのであえて△つけるならアブニールマルシェに勝っているミュゼスルタン
ミュゼエイリアンがこちらに回るならば印をつけたかもしれませんがいませんので。。。

マイネルシュバリエを穴で。
というのも前2走は中山にあるまじきスローの瞬発力戦
マイネルシュバリエ

シュバリエはバックパサーが4本でミスプロ色が強いそうとうアメリカンな血統
マルゼンスキーのクロスですが、距離的にはマイル~2000mあたりが適性だと思うんですよね。
短縮でも面白い配合ではありますが。
一本調子のレースでこそ力を発揮する血統背景で、札幌2歳Sの結果から、過去スプリングSのレース質を考えた場合、穴ならこの馬しか見えません。
そもそもニジンスキー系が強い配合は瞬発力<<<持続力ですから。
流れたレース質になれば侮れないかもしれませんね。

ダノンプラチナが2番人気ならば単勝でも良いかもしれませんね。

てなわけでスプリングSは
◎ダノンプラチナ
○リアルスティール
△ミュゼスルタン
穴マイネルシュバリエ

以上4頭

馬券はマイネルシュバリエから◎-○のワイド2点かなw


京浜盃雑感
ちょっと暇なので、京浜盃の雑感でも書いてみる。

今年の南関クラシック路線はコースで着順が入れ替わったり、能力的に抜けている馬がいない印象。

今週の大井は少し後方一気は決まりにくい感じで、ハイセイコー記念勝馬のストゥディウムの単勝オッズもそんな馬場の影響か久々の不安からか、一本被りになることはなさそう。

単順に内回りコースで殿から差し切るのだから、末脚は南関では非凡なものを持っているのだが、12.3-11.7-12.7-12.3-12.2-13.2-13.7-13.6と2歳戦にしては前半のペースがやや流れた感の追い込みではある。

ではニューイヤーC組はどうかといえば、浦和の1600mは内枠先行馬が絶対有利で、大井外回りでパフォーマンスを上げてくるかといえば、そうは思わないのが普通ではある。

以上から注目したい馬の雑感を書いておく。

クラバズーカー

北海道2歳優駿ではJRA勢相手に強気に勝ちに行き3着、オヤコダカを逆転する形に。
雲取賞では脚抜き良い馬場で最内枠から逃げたノースノースにハナ差迫る末脚。
差し切ったところがゴール直後で内容的には勝ちに等しい競馬だった。
12.5-11.7-12.8-12.2-12.2-13.0-13.7-13.3と、重馬場らしく流れたラップだが、4角先頭に立とうとしてペースから息切れしたナイキアフォードとは裏腹にしっかり息を入れることが出来ていたノースノースの余力は十分だった。
川崎2歳優駿では太目残りだった馬体も絞れており、状態が上向いてきたならば面白い。
外回りコースになるのも魅力。

カールトンガーデン

まだ底を見せてない馬で、2走とも上がり最速。
ナイキアフォードを軽くあしらう能力があるならば、ニューイヤーC組ともそれほど差のない可能性はある。
スニッツェル産駒ということで、距離的にはマイル以下の方が良さそうだが、SS×トニービン×ノーザンテーストの牝系配合から、広い外回りで距離が伸びても面白いかもしれない。

ビービーキャリパー

ニューイヤーCは絶対不利の大外枠から上がり最速
ブラックタイド×トニービンでLyphard4 x 4クロスによる決め手は非凡
外回りコースは面白そうで、脚質的にも追走能力皆無な追い込み馬でもない。
コンドルダンスが人気をするならば、こちらに妙味を感じる。
ただ、ハイセイコー記念で10着なので、そもそもの能力が足りない可能性はあるが、成長に期待しておく。

オウマタイム

いつも好位から勝ちに行く競馬、ハイセイコー記念では一番強い競馬をしていたようにも思う。
前走は中央馬を引き連れて、果敢に先行、直線では一旦先頭に踊り出る場面もあり、見せ場も十分な内容。
単純に相手は数段どころか10枚以上は落ちるのだから、面子関係も楽になるのは間違いない。
前走中央3歳馬でもハイレベルなメンバー相手に強気に勝ちに行く競馬をした経験が生きれば。


以上4頭

◎オウマタイム→1着
○クラバズーカー→8着
▲カールトンガーデン→10着
穴ビービーキャリパー→6着

パーティーメーカーはOPで強気に勝ちに行く競馬を未だ見せたことがない。
ジャジャウマナラシは小回り園田で位置取りが決まった感が強い。
ヴィスヴィオはロージズインメイ×SS×Grey Sovereign×Tom Fool(Halo4 x 3)で内回り向き。
ラッキープリンスは前走枠、展開と全てがハマッた感がある。
ストゥディウムはペースが上がれば面白いが脚質的に勝ち負けになるかは展開次第と感じたので割り引いた。


回顧

オウマタイム圧勝でしたね。
やっぱり強い相手に先行して見せ場を作った馬が相手関係が楽になったときに見せる強さというのを改めて感じたなぁと思います。
ダートはやはり強い馬とやりあってこそ力を付けていくという主観があります。
馬券は単勝のみでしたが、厚めに買ったのでプラスでしたが、相手が案外すぎました。
フラットライナーズにはビックリで、ヴィスヴィオも3着ですから、ハイセイコー組の先行馬を評価するなら、この馬にも印を回すべきだったかもしれませんね。
記事を書いた後に、改めてカールトンガーデンのレースリプレイを見ましたが、結構底が見えた感があったので、やってまった印を打っちゃいましたww
スピードで押し切る、京浜盃らしいレースだったかなと感じました。
今後の方向性を少し考える
先週は息子の怪我(部活練習中に骨折も、たいしたことはなく安心しました。春の1年生大会には出場できなくなり残念そうですが、本人は元気そうで、幸い利き腕ではなかったので学校や塾にも通えています。)や、仕事の業務形態の変化等々、競馬についても色々考えさせられる結果も相まって、ブログやツイッターも暫くお休みしていました。

仕事についても、業務形態の変化で、土日競馬観戦はほぼ絶望的な状態になりそうです(仕事上拘束はされない環境下なので、引き続き馬券は買いますけどねww)

※息子の件でリプライを頂いたフォロワー様、ご心配をおかけしました。
続きを読む
続 ・ 阪神D考察(中距離)
てぃおすけ1

さて、それでは肝心の前走上がりの関連性ですね
数字だけを見る限りでは前走上がりは必要ないと見てよいでしょう。
ではどういったケースで前走中団~後方の馬が入着期待出来るのかを見ていきましょう。

らんでい2

これが解明出来れば、結構攻めた印が打てそうな気がするんだが。。。そう上手くいくのかよ?

img31.jpg

まぁ解明できるかは別として、論より証拠です。
それではいってみましょう!
続きを読む
状況再現とレース回顧~どうかな?どうだろう?を少なくしていくこと~
最近少し思うことがあり、書いておこうと思います。

予想と回顧はセットで行うものと認識していますが、個人的なウェイトとして重賞Rはただの1つのRでしかないという認識です。

なぜか。

①出走馬が毎年同じではない。
②最チャレンジすることに間隔が開きすぎる。
③回顧したことが近い未来に生かせない。

この3点になります。
③については、解釈の仕方によって別の条件で生かせる可能性はありますが。

2ヶ月で約300ほどRを購入していますが、この購入数にはさして特筆するほどの意味はありません。

ただ、300Rの回顧はなかなかに労力がいる作業ですが、それを全て行うことは結構重要で、今の自分の成績に繋がっているのかなと多少は思います。(まぁそんなに良い成績でもないですが、昨年よりかは遥かにマシなので)

条件戦ならば、近い間隔で出走がありますし、面子もガラリと入れ替わったりコース変わりで狙えることもあります。
応用すれば、同条件のRは腐るほど転がっています。

自分は重賞だろうが条件戦だろうが根っこの予想方法は基本的には同じです。(特殊な方法論もあるがそれは別として)



レース結果と予想を照らし合わせることって

どうかな?どうだろう?→なぜどうだろうと思ったのか→結果どうなったのか。

どうかな?どうだろう?→○○が××なので→○○着

どうかな?どうだろう?○○が××なので→○○着→○○が××だったから○○着

○○が××なので→着外→○○が××は保留→△△××のほうが上?

どうかな?どうだろう→△△××なので→○○着→○○××の方は○○着

どうかな?どうだろう→△△××なので→○○着→○○××の方は○○着→今回は○△□×だったので○○××の方が○○着

○△□×かな?△○□×かな?→○△□×だな→今回は○△□×なので○○××<△△××→○△□×だったので○○××が○○着、△△××が○○着

これを延々と繰り返しています、多分これからも、少なくとも競馬を止めるまでは、ずっと続くと思います。

○○が××なので~はなんでも良いと思います、これをより強固なものとするために、○○が××ってなんぞや?
○○が××ってどういうとき?
○○が××ってそもそも有用か?

回顧をすることで近い未来にそれを生かしていき、結果を出すことで状況再現を行う。

出発点として『どうかな?どうだろう?』は大切なことだと思います、新しいアイデアならば尚更です。

が、どうかな?どうだろう?をいつまでも理解出来ないまま同じことを繰り返し続けるのは学習出来ていない証明でもあると思います。

なるべく『どうかな?どうだろう?』を減らしていき、状況再現を多くしていくために、技術を磨いていきたいと思います。
阪神D考察①
らんでぃ1

よ~ティオすけぇ、今週末いっちょ阪神競馬場で勝負しようと思ってだな、なんか使えそうなデータとかあるかよ?

てぃおすけ1

やれやれです。
ランディさん。。。その意気込みをもう少し公務に注ぐことは出来ないのですか?

らんでぃ3

グハッ
返す言葉もねーが、そこをなんとか頼むわティオすけぇ。。

てぃおすけ2

どうやらここの管理人さんは、最近購入した『白き魔女』というゲームに夢中のようなので、変わりに私が調べるしかなさそうですね。

英雄伝説III 白き魔女 新パッケージ版英雄伝説III 白き魔女 新パッケージ版
(2004/10/28)
Windows XP

商品詳細を見る


超絶めんどくさいです。。。
続きを読む
週別回顧

後藤騎手の突然の訃報に言葉もありません。。

ただただ、残念でしかたありません。。。



さて、苦手な阪神開催が始まり、ビクビクしながら週末を迎えていましたが。。。

9.png

土曜日は好調だったのですが日曜でかなり削られました。。。

10.png

平場のD1800mはオッズ的に買えるレースが少なかったですね。
未勝利の1800mはやる気も起こらないですねw
というか未勝利買うのもう止めようかなww(当たっても配当が安いし)
もう少し研究が必要かもしれませんね。

中山はかなり負けましたね、というか、馬券選択ミスが多く、広げるべきオッズで点数をケチるというのがダメ。

たとえばこんなのとか

167.png

馬場的にどう判断するのか、ラップはどう動くのか、想定よりかなりスローでしたが、9<10だと思ったのですが結局馬券になったのは9

重~不良のラップの動きは勉強になりましたね、10Rなんかは特に、これもまた時間があれば記事にしたいところですが、どうせ記事にするなら、その条件でスパッと馬券を綺麗に当ててからにしたいとこですねw

阪神、中山開催は続いていくので、今後は特に阪神Dの記事に力を入れていく予定です。

※おまけ

168.png
169.png

いつも重賞は買えそうだなと思ったらちょっとだけ購入しているんですが、アーリントンC当たっちゃいましたw

ジュニアCはレースを見ていたのですが、ラップも悪くないし、ラップからの通過位置、馬場バイアス、枠、上がり3Fなどを考えるとヤングマンパワーは低評価なんじゃないかなーと思っていました。

開幕週なので先行有利かなと思っていたんですが、ナイトフォックスとまったく逆でしたねw
それでも阪神外回りとなれば上がり値は大切かなと思いました。

ヤングマンパワー

配合だけみると、いかにも小回りピッチのパワータイプですが、サーゲイロード×SSの決め脚、River man
スニッツェルがガチガチのND系だけに上手く配合されている印象はあります。
頭の高い走法が印象的なイメージですが、回転が速い脚なのかといえば、自分にはそうは見えないんですよね。
純粋な絶対上がり値では当然勝ち目はないでしょうが、坂を登りきっても長く続く末脚が印象的でした。

開幕週の良馬場ともあり、松岡騎手のファインプレーでしたね^^

今週は上手くいけば月間勝ちを決めれるくらいのRが沢山あったので、反省は多いです。
結局150%足らずのショボイ勝ちに満足せず、もっと予想力を磨く必要がありそうです。

小倉も結果的に100%超えは良かったのですが、『小倉のだいちゃん』ことMr.Dの爆発力の前には霞んでしまいますねw

だいちゃんの記事をツイッターで読ませて頂きましたが、その当日の的中の数々にすごい刺激を受けました^^

自分もだいちゃんに負けないように頑張っていきたいですね^^




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。