砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月開催終了
1回東京2回京都は結局マイナス収支に終わってしまい、課題が残る結果に。。

7.png

8.png

特に力を入れた東京で結果を残せず、悔しいの一言につきます。
根岸SやフェブラリーSを的中出来ないことも想定したうえで100%を維持する予定でしたが。

京都も1月ほど成績は伸びず、敗因としては、差し馬のロジックに固執し、先行馬の能力比較を精査できなかったのが原因だと思います。

両場所共に未勝利戦で成績を思うように上げられなかったことも影響していると思われます。
単純に3複だと、どうしてもキャリアの浅い馬にガラリ一変で穴を空けられた場合不的中になってしまいます。

ラップ優秀馬→芝ダ好走馬へのワイドなど、自分の的中率から400%以上を狙い、点数を減らすようにして不的中のリスクを下げたほうが良いかもしれません。

未勝利戦にどれだけのウェイトを置いて前半戦を戦っていくのか、もう1度考え直す必要があるかもしれませんね。

もうひとつは自分の買い目点数から配当への期待値をよく考えて、馬券を組み立てる必要がありそうです。
買い方次第によっては300~400、それより上の配当も狙える3連複ではありますが、そもそもの点数と自己資金から、まず的中させることを念頭にオッズと向き合っていく必要がありそうです。

春にはまた東京開催がありますので、反省を生かして巻き返したいところですね。

1月から購入数を減らしていますが、予想をキッチリ行ったうえでケンして印どおりに決まった時も多かった。
しかし、3複やワイドでそこそこの配当が付いていたこともままあったので、やはりオッズを意識しながら選別をしたいと感じました。

阪神中山開催に向けて準備して3月も頑張っていこうと思います→備えよう
スポンサーサイト
フェブラリーS予想(簡易回顧付き)
ただいま帰宅しました
東京は天気持ちそうですね。

今年は大混戦なのかなとも思っています。
しかしながらやはり持続性に長けた馬を選びたいと判断しました。

◎ローマンレジェンド→5着

とにかくゲート、それだけです。
前目に付けることが出来れば、淀みない流れは向くハズ。

○コパノリッキー→1着

昨年スローで完封しましたが、東海Sのラップはやはり評価したいかなと。

▲インカンテーション→2着

ローマンを本命にするならば相対的に評価を上げる必要があるのかなと。
今年のエルムSは休み明けでしたし、3歳時のみやこSは評価したい。
週中は考察で嫌いましたが、枠も良いので見直してみます。

△グレープブランデー→4着

条件的にはベストなので、上記の馬を評価するならば、この人気ですし押さえておきます。

ワイドバッハの調子がどうなのかというところと、マイルだと展開に左右されるかもしれないということ。
あとは、ワイドバッハから買う場合の差し馬がワンダーアキュートくらいしか浮かんでこないというところでしょうか。

となると、ワンダー、バッハ、インカン、アドマイヤのBOXを買おうかと考えても、ワンダーはフェブラリーは3着が最高なこと、アドマイヤは正直足りるのか微妙かなと思い、先行中心で考えてみました。

つまらない印になりましたが、以上がフェブラリーSの予想としたいと思います。


追記

164.png
166.png
162.png
163.png
165.png


ハズレw

いやーやっぱり先行出来なかったw
それでも諦めずに空いたスペースに飛び込んで見せ場を作ってくれた岩田騎手
最後までジリジリと伸びてくれたローマンレジェンドにありがとう!と言いたいです。

テンが流れた分中盤が弛んでくれたので追いつけた感はありますがw
ベストウォーリアは昨年重めの印を打ったので1年先物買いで、今年は拾えずといった体たらく。

でも勝ち馬には完敗でしたから、血統考察はこれからも続けていきたいと思いました。

戦い終わって、戦前の考察~結論を客観的に見直して、昨年よりはマシな予想が出来たかな?とは思っています。

少しローマンレジェンドに熱が入っているのが見え見えの印で、しっちぃ☆さんにロマン派やね!と言われてしまいましたが、正にそのとおりでしたww

まだまだ未熟千万。

ですが、久々に熱を入れて予想記事を書きましたので、一定の満足感はあります。
でもやはり的中させなければダメですので、これからも精進していきたいと思います。

今週はダートG1ということで、たくさんの方がいらっしゃって頂き、ありがたく思います。

予想は不的中でしたが、週中の考察を読んでいただいた方、拍手を頂いた方、全ての皆さんに感謝を!

今週はヒラバ含め、ダメ予想が続いて月間もマイナスになっちゃたww

またイチから出直したいと思います^^
Mラジ出演キャンセルのお知らせ
急遽仕事が入り、本日帰宅出来なくなった為
出演をキャンセルすることになりました。
Mラー皆さんとお話出来る貴重な機会を私も楽しみにしていましたが、参加することが出来なくなり、の非常に残念です。
運営の皆様、当方の都合によりキャンセルになり、大変申し訳ありませんでしたm(__)m
Mラジゲスト出演
今週はフェブラリーS

ということで、日頃ツイッターで親交を深めさせてもらっている方の番組にゲスト出演させていただくことになりました。



番組詳細はバナーをクリック♪



当ブログ応援バナーのトップにも載せていますが、iTuensからでも聴けます^^
その場合は上記バナーをクリックしてくださいませ。

ストリーミング配信のネットラジオ形式でそれぞれが予想や見解を発言するといった趣向の番組で、MIO氏、ブライト氏、TAKUYA氏の御三方がパーソナリティを務める番組で、私の友人がゲストで出演した際にはいつも拝聴させていただいてます^^

今週土曜の晩に収録、日曜に更新されるそうなので、お暇がある方は是非聴いていただけると嬉しいです♪

今回は当方の仕事上途中参戦であまり長く時間は取れないのが残念ですが、いつもダートG1の際に誘って頂き、御三方には本当に感謝しております^^

折角お誘いいただいているにも関わらず、予想の方がいつもからっきしで御三方と視聴者の皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけどww

まぁいつも全力で予想しているつもりなんですけどねーw
たまには当てたいところですが、どうなることやらww
フェブラリーS 各馬考察
さて、枠順も発表になったので、1頭ずつ見解を書きながら注目馬を数頭ピックアップしておきます。
続きを読む
ゴールデンバローズ(追記有り)
ダート転戦後圧倒的強さを見せ付けているゴールデンバローズ

未勝利戦を稍12.3 - 10.7 - 11.5 - 12.7 - 12.6 - 12.8 - 11.8 - 12.3を早め先頭で押し切り

続く500万下を不12.0 - 10.6 - 11.6 - 12.2 - 12.6 - 12.3 - 11.6 - 12.7を5-3から差し切る

時計も不良馬場とはいえ、時計も破格で古馬の1000万クラスでも楽に突破できそうなラップではある。

ゴールデンバローズ

ただ、少し気になるのがNasrullahが強く、とりわけNasrullah系でも気性の強いRed Godの血を引くBlushing Groom経由と、父方のLe Fabuleux経由でWild Riskのクロスが発生している。

Seattle Slew 4 x 5のクロス、東京の鬼Tapit×Hennessy、持続的なレース質やハイペースにはめっぽう強いだろうが、やや激気性にみうけられる。

こういった馬がコーナー4つの中距離やスローペースになった場合どういうレースぶりを見せるか少し興味がある。
逃げてしまえば能力の絶対値は高いので、問題ないのだろうが。。。
まぁ少し血統についてかじった程度の考察なので杞憂に終わるかもしれませんけども。

同馬の今後に色んな意味で注目したいと思っています。

追記

160.png
161.png


いやー強かったww
このラップで圧勝なら、ユニコーンSも有力でしょうかね。
血統考察は余計だったかなww


フェブラリーS考察③(短縮組)
前回フェブラリーS考察②(根岸S組)

それでは次は圧倒的な回収率を誇る距離短縮組をみていきましょう。
続きを読む
フェブラリーS考察②(根岸S組)
前回フェブラリーS考察①

さて、それでは次に前走ステップから考えてみる。
まずは根岸S組からみていこう。
続きを読む
フェブラリーS考察①
早いもので、もうフェブラリーSがやってきます。

昨年の記事を読み返していたのですが、まるで同人誌ww
ですが、あの時はあの時なりに一生懸命書いていたなぁと思い出しましたね^^

今年も同人誌になるかもですがww

ブロとものMタキさんから、『漫画考察楽しみにしてま~す』とリプ頂いたんですけど、今回はG1なんで真面目に考察しますw
とはいえ、会話形式の考察内容は読みやすくて頭に入ってきましたと、ある方からお言葉を頂きました。
自分は半分ふざけて書いていたつもりなので、意外だなぁと少しビックリしたことを覚えています。
小難しい考察よりも、読んでいて楽しい、面白い、そんな記事を今後も書いていきたいとは思っています。
ですが今回は年2回のG1なので、簡潔且つ内容のあるものを書ければ良いのですけどね^^;

それでは、いざ!フェブラリーSの考察と参りましょう♪
続きを読む
凍結防止剤についての考え方
フェブラリーS前後になると、どうしても凍結防止剤についてどーのこーの書きたがる考察をよく見かける。

が、明確な根拠を示す記事は少なかったりする。

個人的な見解ではあるが、私はダート戦を主に馬券を買っている上で思うのだが、凍結防止剤がそこまでレース結果に影響するとは考えていなかったりする。

そもそも冬場は乾燥した馬場の影響か時計が掛かるケースが多く、失速が顕著になりがちの場合がある(良馬場)

防止剤を撒いた湿った馬場は重いとか、うんぬんかんぬんとか明確に時計が掛かっている根拠に薄かったりする。

道中のペースもあるが、例えばメガオパールカフェは中1週で同じ条件を使ってきたが前走の方が時計は2秒以上も速い

まぁ主観をだらだら書いてもしかたないので、折角なので調べてみることにする。
続きを読む




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。