砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペースや展開、レース質について思うこと
今日は有馬記念を含め、中山8R、9R、阪神の7R、最終など、参加したレースの馬券がよく当たりました。
久々にかなり勝つことが出来、4開催連続プラス終止で今年の競馬を納めることが出来ました。

特に有馬記念、阪神最終は2刀流馬券で挑み、結果自分が懸念したラップを刻み的中するという結果でした。

そもそも今年のフェブラリーSやみやこS、チャンピオンCなどで、【G1なら、このレース質なら】とわりと決め打ちし、結果見事に外れるといった予想が多いなぁと振り返り、各リンク先のブロともの皆様が上手に馬券を当てていらっしゃったと思い返したことがきっかけでもあります。

有馬記念は事前予想も上げてないので、ツイッターで晒していますし、あえてここでUPする必要もないでしょう。
ただ、スローを懸念したことは、枠順と展開予想からツイッターでも発走前に呟きました。
ならばジェンティルドンナを蹴っ飛ばすことはないと思うんです。

騎手が~、ペースが~と嘆いていてもなにも始まりません。

例えばですが、ファイナルSなど、OPで別定戦且つ前半がこんな時計では、コーリンベリーが勝っちゃいます。

112.png

仮に3連複でもほぼ完璧な選択だと自負できると思います。
当然別の券種も買っていますので、たいしたプラスにはなっていませんが、勝ちは勝ちです。
もし、3連複なら大勝レベルです。

多分ハイペ決め打ちなら、いつものボヤキで終わっていたでしょうが。


そういう意味では有意義な1日だったなぁと感じました。

明日は東京大賞典、スローなのか、ハイなのか。
大井は砂を入れ替えたそうですが、個人的に短距離はペース次第で勝ち時計は変わりますし、そこまで時計は掛かっていない印象をうけます。

雨の影響でどうなるでしょうかですね。
スポンサーサイト
祝☆ペンタブ購入^^
皆さんご無沙汰しております^^

twitterのフォロワーさんは御存知と思われますが、ついにペンタブを手に入れました♪


写真 (3)

購入したのはintuos comic
サイズはSです

ワコム Intuos Pen & Touch Comic マンガ・イラスト制作用モデル Sサイズ CTH-480/S1ワコム Intuos Pen & Touch Comic マンガ・イラスト制作用モデル Sサイズ CTH-480/S1
(2013/09/06)
ワコム

商品詳細を見る


続きを読む
昨日の川崎
良い感じに回覧数も減ってるみたいなので納めたといいつつまたもやゲリラ的に更新(笑)

ナイター競馬があるときは仕事の合間に買ってしまう悪い大人です(笑)
続きを読む
ダート2歳戦の狙い
ブログ納めしておいてなんですが、これはちょっと使えるのでは?と思ったデータがありましたので紹介しておきます。
続きを読む
カペラSの狙い
本来更新する予定はなかったのですが、来年の方向性としてのサンプルを上げておきます。

カペラSは需要もあるでしょうから、この記事を参考に各自狙い馬を考えてみては?(笑)

因みに前年の記事と回顧も追記しておきます。
カペラS予想
カペラS回顧
続きを読む
祝☆ブログ開設1周年
66.png


いつもご来店いただきありがとうございます^^

早いもので本ブログも開設して1年も経過してしまいました。

今後のお知らせもかねて、日々応援して頂いている皆様に感謝とご挨拶申し上げます。
続きを読む
チャンピオンズC回顧
日曜は久々にボコボコにやられましたw

特に中山9Rは前回ロジック考察に該当するハイアーレート→セブンフォース、エビスグレイトに大きくはって死亡。

たまたま儲かったからといっていい気になるなよ、とJRAから言われているような気がしました。
しかし、あそこまで大敗をきっするような馬ではないと思うのですが。。。
自分の考察力など、その程度なのかもしれませんね。


チャンピオンズCはペースや時計のことをボヤいても仕方の無いことですから、次走に向けてポイントだけ回顧しておきます。

①みやこS組

②中京コースの特徴

③ベストウォーリアについて


見るべきところは個人的にはこの3点のような気がします。
JBC組の着順変化にしても①の回顧でまとめて解決するのではと考えています。

上位の2頭は来るべきして連対しているので、考察を上回った結果を残したのはローマンレジェンドと岩田騎手の騎乗だけでよいかなと考えています。
逆に言えば、あのラップでは何度やってもローマンレジェンドが勝つ可能性は無いということでしょうか。
ことさら東京大賞典でもタルいペースになるでしょうから、仮に出走してきたとしてもホッコータルマエを逆転する可能性は薄いと思われます。
となると東京大賞典はケンしようかなと思っています(前走大敗したハッピースプリントが人気落ちるなら3連単で少し買おうかなといったくらいですかね)

①みやこS組について

まず、ナムラビクターについては、血統面や成績から

京都<阪神
上がりが掛かるラスト失速戦
時計が遅い決着


と、ことあるごとに書いてきました。
それら全ての面でめぐまれたというのが正直な感想です。

血統なんてミクロ目線考察はしんじらんねーよばーかばーか(`ε´)という人の為にも別の視点でも。

みやこS組

見るべきポイントとして、ナムラビクターとインカンテーションの前走4角位置と、チャンピオンズCの通過順位

インカンテーションは10-11-9-8→12-13-11-11
ナムラビクターは7-7-3-2→5-5-4-4

ロジック考察で上げましたが、より前で競馬をして最先着している方が良いということと、後方→後方の成績の悪さという観点。
同じ捲りでも、より4角通過順位が前の馬が、昇級においても評価出来るということも考察したと思います。(特にスローからミドルの流れで)

斤量差を考えればPCI値が大きいほど作用されると考えますので、両馬2頭の評価と着順差ということになります。

もうひとつは考察③~ステップ~で記事にしましたが、14年みやこS<<13JCDというレースレベル評価です。
今回のチャンピオンズCも昨年JCD同様弛んだ流れですので、ホッコータルマエに逆転するまでには至らなかった、ということになります。
更に付け加えればテン4Fが今回、前走より1.5秒遅い点から、良いポジションに付けられたということでしょう(枠もある)

仮に京都、阪神ではこういうラップは差し馬優勢に働いていても、こと中京コースでは先行馬に有利に働く(好位で上がりを纏める)ということは、考察①のデータで調べたとおりだと思います。

次にJBC組

JBC組

位置取りはここにも関係していると思われます。
ならばコパノリッキーは?ということになりますが、中京はスタート直ぐに坂で立ち遅れ、枠も外で外々を回らせれポジションを落とすと本来のリズムが崩れていることと、差しをする競馬は身に付いていないことから、本来の形でなかったことは言うまでないということです。

クリソライトについては、地方の実質5頭立て(赤枠参照)で、良いポジションを取れていただけということです。
仮に自分がスロー想定で予想をしていたとしても、先ず印は打たなかったと断言できます。
中央のフルゲートになれば、東京2100mのようなコースでも中団につけるのがやっとの馬でしたからね。
今後も地方で楽な競馬で無双して下さいといったところです。
クリソライトの前走評価は考察でも書いたとおりです。

ワンダーアキュートについては騎手が意図的に追い込みに徹しているので特に書くことはありません。


②中京コースの特徴

これは某氏との会話から、考察④~位置取り編~で記事にした内容はなかなか的を得ていたということでしょう。

チャンピオンC位置

コーナーで捲くっていった馬は見事に沈んでいます。

なにもせずに後方から上がりに勝負に徹した馬のほうが上位にきています。
流れれば、上級条件でも差し追い込みは決まる可能性を感じました。

サンビスタもポジション上げてるじゃねーか( ゚Д゚)ゴルァ!!

と思われた方はレース映像を見てください、強引に外に出さずロスなくポジションを上げているだけです。

クリソライト、インカンテーション、コパノリッキーは外を選択し押し上げていっています。
当然コースレイアウト上、外に膨らんでいきます。(バイクで峠やコースのスパイラルカーブを攻めた経験がおありの方ならよく分かると思う)

チャンピオン①

青丸クリソライト、コパノリッキー、インカンテーション

赤丸サンビスタ

この時点ではインカンテーションも内を狙っているように見えますが。。。

チャンピオン②

大野騎手は最悪の選択をしていますね、かなりロスある騎乗に見えます。
勢い良く外に捲った馬の着順は見事な着順でした。

自分が本命視したニホンピロアワーズについては、当然展開も向きませんでしたが、5-6Fの加速に付いていくのがやっとで、そこで急加速を要求され4角ではもう余力がありませんでした。

コースについてはこのあたりで。

③ベストウォーリアについて

別にベストウォーリアにケチをつけるわけではないのですが、そもそもローテとして賞金を優先した南部杯を選択したことは、陣営的には致し方ないことなのでしょうが、個人的には武蔵野Sでしっかり結果を出して望んで欲しかったなと思っています。

武蔵野Sが3500万で南部杯は4500万、当然タダ貰いのレース濃厚な南部杯を選択するのは分かります。

個人的に現状の短距離OP馬は、サトノプリンシパルに稍重とはいえ34.4-36.3から5馬身も千切られているという現実をどう直視しているのだろうかと考えています。

ベストウォーリアは確かにサトノプリンシパルに勝っていますが、じゃぁサトノは中距離では強いのかといえば、?ということになります。

今年の武蔵野Sは前年よりも速い流れ、このようなレースで失速を最低限に抑え、纏めて封じれる競馬をして、初めて評価したかったかなぁと考えていますね。(フェブラリーSを今後視野にいれると仮定して)


今回、持続戦と読んでも印を回さなかったのは、そういった理由もありますね。


以上、負け組の回顧でした。
Mラジ出演決定(2回目)
今週はチャンピオンズC

ということで、日頃ツイッターで親交を深めさせてもらっている方の番組にゲスト出演させていただくことになりました。



番組詳細はバナーをクリック♪



当ブログ応援バナーのトップにも載せていますが、iTuensからでも聴けます^^
その場合は上記バナーをクリックしてくださいませ。

ストリーミング配信のネットラジオ形式でそれぞれが予想や見解を発言するといった趣向の番組で、MIO氏、ブライト氏、TAKUYA氏の御三方がパーソナリティを務める番組で、私の友人がゲストで出演した際にはいつも拝聴させていただいてます^^

今週土曜の晩に収録、日曜に更新されるそうなので、お暇がある方は是非聴いていただけると嬉しいです♪

当初はもうひとりのゲストとして、ツイッターでも親交の深いラファエロ氏とも競演させてもらう予定で、すごく楽しみにしていたのですが、仕事の都合上見送りとなり、個人的に非常に残念でなりません。。。(泣)

私の競馬予想を根底から変えていただいたラファエロさんとお話したかったなぁ。。。

まぁそれは仕方無いことですし、またの機会を楽しみに置いておいて。。。久々のMラー三銃士の方々とのトークも非常に楽しみです^^


正直中京コースはまだまだ勉強不足で、自信はありあませんが、予想の方も頑張ってきますので、よろしくお願いします^^;
チャンピオンズC予想
寒波到来、中京ダートは総じて時計が掛かり気味

ヒラバのレースでも差し追い込みが穴を空けていたが、それでも基本的には先行馬。
特にラストの失速は顕著だった。
消耗戦を基準に予想してみたが…
ある程度速いタイムを予想していたが、そうなる可能性は低いかもしれない。
(ただ、あくまで低クラス条件でのラップ、上級条件ならあまり参考にはならないか)


1.インペラティブ

見たことの無い馬は消し

2.ベストウォーリア

時計の速い馬場ならば抑える必要はあったかもしれない。
筋肉量の多い馬だが、上がり掛からないレース質での圧勝が多く、京都でのレコードホルダー。
スピード血統で底不足。
プロキオンSでは相手関係のわりに苦労したイメージ。
ベストはマイル以下なのは明らかで、失速戦でパフォーマンスダウンする可能性。

3.クリソライト

素質馬なりに明け4歳は夏以降完全に復調した、日本TV盃では相手も弱かったが圧勝。
JBC2着と充実してきたのは間違いないのだが。。。
前走はコパノリッキーとのガチンコ勝負を避け、仕掛けを遅らせて、先に仕掛けたワンダーアキュート、ホッコータルマエを交わす競馬がどうも気に入らない。
G1馬2頭はここを叩いて状態も上がってきそうなので、この差が逆転しても不思議ではない。

4.ナムラビクター

今の中京の馬場は合いそうで、血統的にもノーザンテースト≒サドンソーのクロスで失速戦は歓迎。
ただ、ややズブい面があり中盤に13秒近いラップがないと良いポジションは取れない。
追走負けで捲りきれないのは平安Sで分かっているので、そこまで能力が高い馬とも思えず。
スローからの瞬発力戦でも3着がやっとではG1では厳しいと見る。

5.ワイドバッハ

考察①のデータより、基本ダートの追い込み→追い込みは数字が悪い。
だが、土曜の傾向ならひょっとして3着あるのではと思ってしまうのだがw
しかしながら延長で上がり最速を叩き出す必要があり、G1ともなると中団、好位の馬もそれなりに上がりを纏めてくるだろう。
ならばなかなかハードルが高いのではと思ってしまう。
どちらにせよ、ハラを括った騎乗をするしかないだろう。


6.グレープブランデー

前走を見る限り、ハイペースの失速戦が大得意で、やはりベストは東京コース。
馬体的にはしなやかな印象をうけるが、血統はパワーと底。
さすがに武蔵野Sはハイペース過ぎたが、ワイドバッハ、エアハリファには少し差を付けられての負け。
展開的にレース質と枠がバッチリだったにも関わらずあの着差では、現状の同馬には精一杯の競馬なのかもしれない。
ただ、後方から凡走続きだったが先行して馬が少し変わってくる可能性はある、この人気なら紐でとも考えてしまう。

7.サンビスタ

トロワボヌールは中央OPでもそこそこやれると思う。
それに勝ったのだからG3くらいなら買えるかなといった感じ。
やはりここでは厳しいだろう。

8.ホッコータルマエ

基本的には弛んだペースがよく、上がりの要求されない軽いレース質が得意。
しかし展開が向いたフェブラリーにおいてもコパノリッキーに敗北。
仮に今回ペースが弛んだとして、コパノ>タルマエは揺るがないだろう。

底力戦や持続戦では勝ち切れない、上がりの絶対値ではワンダーアキュート、ベルシャザールより劣る。
善戦マン的なイメージを持つ、大崩はしにくいが軸にもしにくいといったところ。

9.クリノスターオー

今回ムーア騎手がどういった競馬をするかでレース質も大きく変わる予感。
基本的には足りない馬でも前目で競馬させる騎手。
実際今年は大きく飛躍した馬で、瞬発力戦にも対応している。
みやこSは決め手の差で、同レース上位入着馬とはそこまで差のないように感じる。
エルムS時まで持続向きの馬だと思っていたが、同レースは馬場状態も圧倒的先行有利な馬場だった。
以後のレースから持続戦にも対応出来るが、基本的に先行して上がりを纏めるタイプだと結論。
中京Dの位置取り的には脚質的に恵まれる可能性が高く、軽いレース質ならば押さえても良いかもしれない。

10.ニホンピロアワーズ

前年のJCDでは12年時と同じポジションで上がり差で屈した。
今年のみやこSも同様のレース質でラップの波形も似ている。
アンタレスSでの敗北は必然だったともいえる。
ワンダーアキュートと違い、同馬は上がりの瞬発力戦では全く必要ないだろう。
しかし12年と13年JCDで求められた適性は違うと見ている。
今年のみやこSが本来の形である持続戦でパフォーマンスを落としていたのならば、以後一切中央では買う気はおきなかったが、結論は持ち越しとなった。
土曜の傾向から上がりの掛かるレース質と判断、CW追い切りでここにかける思いは強い。
人気も全くないので、重い印を打つ。

11.ワンダーアキュート

同馬の入着成績においてG1で嫌う必要は皆無。
持続、瞬発戦ともに対応出来る柔軟な馬。
追い切りもCWで追いきっている、高齢ではあるがここでも評価したい。

12.ローマンレジェンド

基本的に時計の速い馬場で好走しているが、12年の東京大賞典をみるにズブズブの決着でも結果を出している。
ようは『上がり』の絶対値で勝負になる馬ではないと結論づける。
臨戦過程としては鉄砲が一番成績がよく、叩いて上積みがあるタイプではない。
12年JCDはタルマエより着順は下であるが、それでも13年よりパフォーマンスは示している。
追い切りは栗東Bコースだが動きは良かった。
力を出せると判断、叩き合いでは負けない、前を射程権に入れられるかがカギ。

13.カゼノコ

3歳馬の力関係を考えると、やはりあのハッピースプリントですら、古馬緒戦のハイペースに敗退している。
JBC4着内馬で重賞で好走したのはランウェイワルツのみ。
当然みやこSでのレース質でのこととなるのは明白。
仮に展開が向いたとしても週中の考察において、14みやこS<13JCDであることから、JDD勝馬だとしても評価は上げ辛い。

14.コパノリッキー

データ的にも脚質的にも狙いやすい枠順配置。
1人気も当然なのだがハイペースで結果は出ていない。
成長力としては4歳である同馬が一番有利に働くと考えるのが道理。
14JBCは勝ちタイムも優秀で、単純にスロー専用機とは扱えない。
2着以下を全く寄せ付けない強い競馬であったことは事実。
過去ハイペースの失速戦で結果が出ていないだけで軽く扱うのは危険だと判断する。
個人的には、いい加減世代交代を期待するダート戦線において周囲を黙らせる競馬に期待している(馬券は別としても)

15.インカンテーション

レパードS時は凄い馬が出てきたものだと思ったのだが。
みやこS好走後、やはり外枠からG1で勝ちきるのは厳しく壁にぶち当たる。
休み明けのエルムSも好走必至であると考え重い印を打つも、連対馬2頭とは大きく差を付けられての完敗。
叩いた後は順調にOPを危なげなく勝利するが、14みやこSでのパフォーマンスに物足りなさを感じた。
少し成長力に疑問を感じる中で、ここで外から横綱競馬が出来るかに注目したい。

16.ダノンカモン

前走はハイペースでまだまだやれることを証明したが、さすがにここでは厳しいと思う。



スローならコパノータルマエで問題ないだろう。

印は…


◎ニホンピロアワーズ→13着
○ローマンレジェンド→3着
▲ワンダーアキュート→5着
△グレープブランデー→9着



見解はMラジで!笑


※全然ダメでしたww

顔洗って出直しですね、まだまだ実力が足りませんね。

ラジオの方を聞いていた方、拍手を頂いた方、本当にありがとうございます。

ダメ予想で申し訳ありませんでした。
瓢箪から駒かも?(追記有り)
ラップ血統データetc…

適性を当てはめてミクロな思考に偏るとあまりよろしくない。

自分はこの秋競馬で何を考察してきたのか。
何に手応えを感じたのか。

ある馬のことを整理しなおしてみたら、この間の記事とリンクすることがあるかも、というものを見付けた。

チャンピオンCとは直接関係ないことなのですが…
週末までに調べ直してみようと思います。


続きを読む




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。