砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜競馬
東京6R

プレジールシチー→7着

エスポの全弟だけに人気先行馬、前走を叩いて素直に良化したと判断していいのでは。
サトノアルバトロス、ストロングサウザーなど、戦ってきた同期は既に1000万クラスの馬が多いし、上でも通用している。

アサクサスターズ2着
ルメール先生×社台は6人気くらいまでなら平気で頭までもってくる
ルメール×加藤征はピンかパーな成績
ストロングサウザーと同等と考えてプレジールシチーを評価するなら同馬も。
ニシノゲンキマルにも勝っている。
休み明けの3歳馬、仕上がり次第。

ゴールドゼウス→10着

最近G1でコンビ組んでそのままヒラバの依頼が増えるのはよく目にする。
ノリさん×須貝なんてのもそうで(調べてみたらかなり優秀)この前、京都に遠征してきたとき積極的に狙ってみたら結構儲かった。
同馬は鉄砲実績アリ
斉藤Qの半年以上の成績は×
だがしかし、そこは社台馬クオリティで相殺できんものか(社台R所有馬は中半年以上でも成績優秀)
配合的には東京ベスト
調教は動いている。

以上3頭にサウンドトゥルー1着
を加えて4頭

89.png
90.png

サウンドトゥルー休み明けでも強すぎィ!ww

うーん、ゴールドゼウスはみたいな馬は紐でって感じですねやっぱり。
プレジールシチーは行ききらないと持ち味が出ないように思います。
しかし兄のゲートセンスはとダッシュ力は遺伝しなかった模様っぽいですね。


河口湖特別(東京9R)

このレースも色々面白いかもしれない

ポイントは休み明けのサルバドールハクイを評価するのかどうか
もうひとつはワイルドダラーを基準とした3歳馬をここでも上位で評価するかの2点かと思う

それはまぁ置いといて、個人的に気になる馬達を

デルマヌラリヒョン3着

幸の東京遠征は珍しい、結構騎乗数は多いのだが、どれもコンビ入着成績は悪く、基本的には1~2人気支持の馬しかもってこない。
となるとメインのアルテミスS乗りに来ただけっぽい(爆)(新馬線も鈴木Qの馬に騎乗している)
同馬は東京の成績が良いし、一応前走1200の上がり最速馬に該当

ヴィンテージイヤー→10着

お馴染み白井Q×東京ダート
特に最も成績優秀なダート1400m戦
過去3年で北村宏×白井はたいした成績を上げていない。
ただ前年、初の年間100勝となった同騎手は現時点で95勝、2着も101回と前年を大きく上回るペースの成績。
今後他の厩舎依頼も増えるか興味がある。

問題は同馬は大型馬で休み明けは微妙な成績、そういう意味では割引。
肝心の追い切りだが、この厩舎は最終<1週前で仕上げてくるパターンが多い。

2014/10/29(水) CW 良 助手 82.7-67.5-53.2-39.7-13.3 内ケイアイヴァーゲ一杯と6F併せで0秒2先着 9 一杯

と平凡だが

2014/10/22(水) CW 良 助手 84.0-67.8-52.5-39.4-12.5 外マイネルバイカ一杯と6F併せで0秒1先着 強め

と、このような具合
時計はあるので、同馬のレースぶりにも注目したい。

ケルヴィンサイド→8着

なんだかんだで青竜S組はデンコウヒノマル以外みな1000万下で好走しているのだから、今年の3歳馬のレベルには恐れいる。
問題はデンコウヒノマルより下の着順なことだがww
前走時はかなり舐めプな調教過程だったが、今回はちゃんとCWで好時計。
ヴィンテージイヤーよりも動いている。
東京は合うようだし、この馬にも注目。

あとはルメール×社台が炸裂しないことを祈りつつ。。。笑

91.png

これは予想がダメダメですね。
15は期待したけどやっぱ足りないもんは足りないですね。
このペースで残れないなら弱いですね、ハッキリ言って。
それにしてもルメール社台おそろしす。。。

西陣S(京都10R)

3歳馬で現級の1600万馬に通用するか否かが分かるレースかなと
日曜のフィールザスマートは通用するとして、短距離路線はどうか。

ナンチンノン→1着
は前走狙ったが、なかなかハイペースを外枠から先行して上がり3位で纏めるとは恐れ入った。
今回内枠を引いて更に前進といきたいところではあるが。。。
しかしながらラスト2Fも11秒台で時計も優秀であったことは事実と捉えたい。

ベストルーラーは前走嫌ってみたがアッサリ勝たれてサーセン状態w
こちらも阪神Dにしてはかなりのハイペースで先行し残ったのは同馬だけ、グランフィデリオも東京の1000万で連続好走している。
しかし、LJCはドスローの前残りレース、そしてベストルーラーが勝ったレースは浜中騎手がハイペースを嫌って、中盤はやや控えたカタチ、ラップ的にもかなり失速しての勝ちで流したとはいえ素直に評価してよいか微妙ではある。

現級のクロタカはペース次第だが、京都が合うようには思えない。

となるとロスヴァイセ→4着
を狙いたくなるのだが、あんまり人気してないようで大丈夫かなぁ?笑

92.png

エーシングリズリーェ。。。。。

ワイドで200円なら15000円かぁ。。。残念。

ベストの評価はやっぱ賭神さんから学んだことだなぁと、ほんと感謝です。

ビナスイートは書かなくてサーセンwww
持ち時計あるし、Sの衰えは感じない前走だったのでリズム優先しました^^

福島放送賞(福島11R)

福島はあまり買わないのだが、ちょっと面白そうなので参加
狙いとしては外枠の捲り&内枠の差しイメージのコース。
中距離はずっとカーブしてるように見えるんですけどww

ソルモンターレ→4着

小回り得意のブライアンズタイム×Machiavellian×Danzig×Buckpasser
前2走も上がりは優秀でミッキースマホも準OPで通用
前がやり合って展開向けば

サナシオン→11着
ソルモンターレを評価するのなら同馬も
猪苗代特別はティアップレーヴ 相手に強気に勝ちにいって0.2差4着なら評価出来るかな?
鉄砲◎
マツミキQも鉄砲〇
マツミキ×松田も悪くはない

シュガーヒル3着

青梅特別組
瀬波温泉特別は不良馬場で先行有利のレース、エイビスグレイトよりこちらを上位にしてみる。
調教が動いてないのと騎手が微妙なのが気掛かり

これにストロングサウザー→1着
を含めた4頭で

93.png
94.png

エビスグレイト強かっ種。。。。ww


以上、1レースくらい当たってくれい!笑



~おまけ~

この前のラフ画にペン入れしてました→下書き
マウス画は効率悪いし線も均一なのではやくペンタブが欲しいぃいい

さんぷる

線画も途中なので修正→色付けたらまたうPしますー^^(需要ないだろうけどww)
スポンサーサイト
東京D1600m 2F延長は要注意!?
最近思うことですが、ヒラバ戦は血統考慮する必要ないなぁと思う毎日です。

それよりもレースレベルや世代の能力差を調べた方が有意義な馬券ライフをおくれるかもしれません。

例えばこれ
ナンチンノン


しかし、血統についての自分の考察力不足も多分にあると考えます。
ただ、そんな拙い私の血統知識があってこそ評価が出来た馬もいますからね。
例えばエニフSのポアゾンブラックなども血統考察からダート適性を評価することが出来たと考えていますから。
エニフS

先日の日曜東京3R新馬戦ではキョウエイインドラが1.38.6の好タイムで圧勝しています。

この馬の単勝は1840円と低評価、全兄キョウエイアシュラでこの配合はダートはかなり走るようですね。

東京ダートはどういった種牡馬、〇〇内包などミクロの観点よりももっと全体の配合を捉え、広い視野を持って、より好走根拠のある配合の可能性を捉えるように努力しなくてはならないと思わされました。

まぁ全兄が走るからといって必ずしもその全弟が走るとは限りませんが、ポテンシャルを考慮する価値はあるかもしれませんからね。
ここも調教時計と照らし合わし、そもそもの能力が遺伝されているかも確認することも重要に思います。

さて、長くなりましたが、今回は東京ダート1600mの2F延長について調べてみました。

世間はG1シーズンの真っ最中ですが、本ブログはそんなものは無視してスキマ産業に従事したいと思いますww


まずは前回も取り上げた記事から→東京開催へ向けて

上記の記事から本日まで東京ダート戦の経過を見ていると気になったことが出てきたので、もう少し掘り下げてみることにしました。

★以下の画像は全て過去5年のデータ

2F延長

前回も距離延長に少し触れましたが、短縮>延長を基本線に延長馬の可能性も記事にしたと思います。

しかし実際の数字を見ると、前走1200m組はとても狙えるような回収値ではないという結果になっていますね。

それで前走1200mは消しと判断してしまっては記事にする必要がありませんw
2F延長①

前走距離1200mで回収値がやや高めなのは前走脚質中団の差し馬で上がり3F1位の馬が該当します。
こんなことは誰でも分かる話なのですが、ではその前走で上がり最速をたたき出した馬の年齢を調べてみました。

2F延長②

該当レース数は少ないですが、2歳戦は少し興味深い数字が出ています。
そしてやはり若い馬が多いようです。(賭神さんがいつも仰られています)

2F延長③

クラスで見ても未勝利か500万下のレースが多いです。
単に前走距離1200mで検索をした場合、とても狙える数字ではありませんが。。。

2F延長⑤

話を戻してこれは前走距離1200mの東京ダート1600mにおける脚質上がりになります。

2F延長④

ここで上がり最速を叩き出して馬券になる場合、当然ハイペースになっている模様です。

~まとめ~

★前走1200m組は前走上がり最速の差し馬であること
★2歳戦で検討の余地あり
★ハイペース戦になる可能性があれば


なんだか当たり前の記事になってしまったwww

かなりピンポイントで狙わなければ当然期待値は下がります。
しかし、上記の条件に該当しなければ馬券対象候補から削除するといった観点で使うのも良いかもしれません。


次回は短縮について時間があれば掘り下げていきたいと思います^^


※余談ですが、東京ダート1400mの前走1200組については全く違う傾向が出ています、むしろ逆??
これはもう少し調べてみる必要がありそうです。



日曜競馬
京都7R

ラウンドロビン→3着
リバーソウル→8着

勝馬はマスクゾロですか、確かに冷静に考えて未勝利戦の勝ち方は素晴らしいですね。
これはダメ予想の典型
コンビだけで的中根拠にはなりえませんという証明です。

東京7R

ノーブルガイア→6着

前が止まらないなぁ、スタートは良かったので出していっても良かったも?
ハイペースの追い込み→距離短縮路線はもう少し精査する必要がありそうです。

ブラジルC

マイネルバイカ→1着

やはりスローになりましたかといった感じで、してやったりでしたね。

大山崎特別

ビートゴーズオン→13着
ピンポン→2着
(タガノナパヴァレー→11着、サンライズネオ→4着)

これも以下略ですね。
ハイペースでの追い込みは相当上がり上位でない場合はむしろ積極的に嫌っていった方が良い。
サンライズネオは前走ラップが良馬場にしては優秀で、惜しかったですね。

東京12R

ゴールデンスピン→2着

前走はスロー(37.6)でやっちまったなと思ったら、いい感じでマイルらしい中盤11秒台連続で隊列が延びましたね。
進路もスムーズ、普通スローだと内枠は前が壁になって進路を確保するのに苦労しますが、抜け出しに手間取ることもなく、前走面子はかなり濃いので入着する能力はあったといえます。
まぁ1枠軸はリスキーでしたが、ある程度主張する馬と強い人気馬がいればこういった展開を予想しても良いかもしれません。
なでしこ賞
自分は新馬戦タマモワカサマを指名したんですが、負けるならブルドックボスと思っていました。


しかし完膚なきまでに叩きのめされましたねww

岩田騎手が競り合おうとしても突き放され、気合いをつけて2馬身離したら後は持ったまま。


時計はまだまだ縮めそうだし、ノーザンテースト×ディンヒル(ヒシマジェスティ)×ニジンスキー系と仮にペースが上がって失速ラップになっても問題なさそうです。

西浦Q×幸は有名なコンビだし、不安点は連闘というところだけでしょうか…
土曜競馬
最近手抜きですいません。

色々趣味に忙しいので(笑)

注目馬だけ



観月橋S
アスカノロマン→1着
ドコフクカゼ→2着
アサクサポイント→8着w
(ミッキースマホ)→3着

※大久保龍×岩田

室町S

タイセイファントム→3着
ナガラオリオン→9着
(サウンドリアーナ)→12着

予想ゴミww
もっとちゃんと予想しなきゃだめw
これは取らないとダメなレースでしたね。
しかしゴージャス人気し過ぎでしたね。
和田は追い込み馬×ですね。


東京12R

サトノジョリー→2着
ダンシングミッシー→3着
ムードティアラ→5着
ネロディアマンテ→16着ww
(リアライズクレア)→11着


サトノジョリーは舐められすぎですねw
アンナミルトは人気し過ぎですwナゼ?



あと、記載し忘れていましたが、京都最終のエイコーンパスは旨かったです(^^)


今日はハッキリしたことが2つありました。
それが収穫でしょうか。
アールプロセス
明日から遅い夏休みを頂いて、九州の実家に帰省する予定です。

ですので今週の記事はこれを最後にお休み致します。



さて、アールプロセス。

ハイアーレート然り
アスペンツリー然り
ニシノゲンキマル然り

この中山500万下のレースレベルってそこそこ高かったのではないかと。


上記馬の前走を狙ったのもそのレースレベルから500万下は勝ちあがるのは必然と思って馬券も買っていました。

それらに勝ったアールプロセス

青梅Sは少し追走に手間取ったのか殿から。

直線はロスをなくそうと内に入れているのですが、進路を確保するのにも苦労しながら良い脚使ってますね^^

今回距離延長で弛みやすいD2100m

ペースは当然落ち着くでしょうから、追走に手間取ることはないでしょう。

上がり性能はいわずもがな。

調教も 南W 稍助手 65.7-51.5-37.9-13.1  位置6 馬也

なかなか好タイム

鉄砲実績ある厩舎で、萩原清厩舎は

2ヵ月以上 10-7-9-41
半年以上 1-3-1-5

と問題ないのではと思っています。

騎手も北村宏を確保

萩原×北村宏司 2-2-1-5

※以上過去1年のデータ


どれだけ成長しているか楽しみなレースでもあります。

モンサンアルビレオは強いですが、好レースを期待したいですね^^
クイーンマグノリア
プラナタス賞はまぁタップザットが堅軸かなぁといった印象。

血統的にもラップ的にもあまり嫌う理由はありません。

デヴァスタシオンも前走注目していましたが、やはり阪神ダートで好走。

タガノトレールで信頼を掴んだのか、これに柴田騎手起用も興味深いですね^^


さて、それはさておき今回取り上げるのはクイーンマグノリア。


正直前走は時計の速い馬場で、最後流したとはいえ、走破時計もラップも、まぁ並かそれ以上かってとこ。

しかも牝馬ですしね。


ただ、なまじ血統をかじったモノならば触手が伸びる配合なんですよね。

エヴァンタイユ

自身のThong、Lt.=Stevens 5 x 4 Nijinsky 5 x 5はもとより。

いつも書いている、ゴールドアリュール産駒のニックス

ミスプロ×In Reality×Swaps

所謂Fapiano系で成功した種牡馬は大概In Realityとの配合なんですよね。

まぁ買い時は前走の新馬で狙えよって話なんですけどもwww

ここで負けたとしても、同馬の今後も少し注目してみたいですね^^

配合的には速いペースになって、距離短縮馬に合わないペースになることが望ましいかなぁ
なぜインを突くのか
ついった


シセイオウジにが豪快に外からつっこんでくる予定だったのですが。。。
88.png

キクノストームを買うか死ぬほど迷って切ってしまいましたが、結果的にゴールスキーに助けられましたww

まぁダートスタートではゴールスキーは59㌔でも切れませんよね。
86.png
87.png

仕掛けもはえーんだよ、外枠なんだから溜めて外回せよ。。。
土日競馬
前回東京の記事を書いたんですけど、わりと使えるかもしれませんね。

とあえず回顧も含めて東京の結果を

77.jpg
78.jpg

ワイルドコットンは前走ハイレベルのカスティーズバローズを2番手で追走で2着を死守
距離短縮で狙いました。

トウショウブームは狙いすぎましたねww
ホワイトプラネットとのワイドも取れると思っていましたが、ベリー騎手との追い比べで敗北です。
オータムラヴは前走新潟D1200mの上がり最速馬です、これはおさえないといけなかったかなぁと。
80.jpg

79.jpg

これも本来ならキョウエイマグマと2軸、もしくはワイド馬連2点などの券種でいかなければなりませんよね。
マグマ単は脚質と枠的に不利が生じるリスクを加味してアルデグロリアを上位にしました。

アルデグロリアを上位に取った理由がラブユー組の方がキツイ競馬になっているからです。
結果的に妙味がない券種を選択してしまったかなぁ

81.jpg

マイネオレンジは久々でも突っ込んできましたね。
これはダメ予想でした。
江田テルさん逃げないで控えてよw

82.png
これはポンデザムールとビッグギグの1点買いしなきゃだめでしたー。
調教から良化期待値の薄い先行馬を相手に選んじゃったのが反省点。
ここはさすがのベリーさんも持ってこれず。

83.png
84.png

タマブラックホールで鉄板だと思ったんですけども。。。
相手もダメダメでしたね。

というかスローでぽんと出て、そこからラップは弛まずに縦長になってしまいました。
ダノンレジェンドは揉まれずに気分よく行けば強いので、逃げがハマりましたね。
上がり勝負の決着にならず、完敗ですね。

85.png

ダウトレスとワイルドダラーかぁ。。。といった感じで、買えなくはない馬ですがといった感じ。
アンズチャンから手広く3連複狙ったほうが結果的には良かったかも?

なんにせよ前走上がり上位の馬や短縮路線で攻めて行きたいと思います。
東京開催へ向けて
さて、ようやく東京開催ということで、初夏にかけて指摘いただいた記事を参考にしながら個人的に注意したいポイントを書いていこうかなと思います。

貴重なご意見への回答

今回のテーマは距離短縮についてです。

先ずはダート全体の距離短縮別コース成績から見ていきます(過去5年)

短縮①

東京ダートコースの回収値が最も高いことがよく分かります。

短縮②

PCI値が大きい馬の方が数字が上がっています。
無論東京ですので上がり3F値が高い馬の成績が優秀なのは当然でしょう。
それでも位置取りが前の馬の方がよい結果となっています。

短縮⑤

RPCIの成績をみると一目瞭然ですね^^
東京Dは1600mに限り芝スタートでしばしばペースが上がります、その点は頭に置いておきたい。

では今回は東京D1600mに注目してみます。

東京D1600短縮

こちらもRPCI値が大きい方が数字を伸ばしています。
~36が少なく、~52がわりと多いのに少し驚きました、面子次第ではそれほど流れない場合も多いようです。

東京D短縮②

納得の成績ですね^^

東京D1600短縮④

そのわりと多い~52の馬の前走コースになります。
今回は中山開催がなかったので、阪神、新潟から該当馬がいれば狙ってみるのも面白いかもしれませんね。


なんだかんだで先行有利の結果が出たということで、先行馬の枠順有利不利も調べてみました。

東京D先行枠

7枠の成績がとんでもないことになってますが、新潟同様、ダートの先行馬は外枠だとポジションの不利を受けにくく、所謂4角で良いトコにいて、直線で期待感が持てますw
ダートにおいてポジションは超重要で、賭神さんにも以前指摘されましたが、やはりダートレースの上がり限界値から追い込み競馬は稀なんですよね。
あとは芝スタートということもあって、良い位置で追走でき、不利を受けにくい、これなら人気にも応えやすいということにもなるのでしょうか。

東京マイルは1枠不利説がありますが、これはペースや隊列によるものと思われます。
(ハイペースになれば縦長になり隊列が開きやすい為)
以前にも記事にしましたが、東京D1600m全体の枠順成績とハイペースになった場合の成績は以下です。(過去5年)

東京D1600枠

①枠

ハイペース戦においては複回値からいってむしろ狙い目で、枠だけで評価を下げている場合は注意が必要かもしれません。(無論ハイペースありきですが)

※地味に7、8枠の勝率が著しく低下、全てにおいて成績が下がっていることも注目に値するかもしれません。

では1枠で好走した馬はどんな脚質を持った馬だったのでしょうか。
ついでにオマケなので調べてみました。

①枠脚質

逃げ馬は全滅で、上がり優秀な差し馬だったことがわかりますね。


最後に短縮はわかったけど延長はどうなんよ?
前走差せなくて、東京変わりで差し馬の距離延長はどうなん?と思ったそこのアナタ。

ハイ、なにを隠そう、私も気になったので、ついでに調べてみました。

前走距離(東京)

これは過去5年の東京D1300~1600mの前走距離成績です。
結論からいって数字だけみれば短縮組の方が成績が良い。
しかしながら、差し馬の距離延長の着眼点は理解できます、前走直線が足りずに差し損ねた馬や、小回りで上がり最速を叩きだした馬を東京で見なおせたり、再評価出来るかということになりますね。

では短縮馬はRPCI値が大きい数字で成績を上げていましたが、延長馬はどういった結果なのでしょうか。

東京D延長
東京D延長②

これは面白い結果というか、必然という結果が出ました。


RPCI値の少ないケースで単回値が上昇、大きい場合は2、3着が多い。
短縮馬と違い、逃げ先行馬よりも差し追い込み馬の数字が良い結果を示しています。

東京D延長④

こちらも中山開催変わりではないので、新潟から出走というケースが増えそうです。
逃げ、先行有利な新潟で上がり優秀も差せなかった馬などを見直しても良いかもしれませんね。


長くなりましたが、上記の傾向を加味して東京開催に臨んでみようと思います。

最後まで読んでくれた方、お疲れ様でした^^;

東京開催のダート戦で、なにかの参考になれば幸いです^^




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。