砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状の自分をちょっと振り返ってみよう
プライベートでも仕事でもなんでもそうなんですけど、歳を重ねていくと共に自分に対して意見されなくなってくる。

これってある意味恐くって、自分の信頼出来る人間には、自分は間違ってないかな?って確認したくなる。

無論、日々仕事に邁進し、少しでも良い環境を構築していければ、と思って行動している訳ですが。

自分程度になにが出来るわけでもありませんが、なにもしないよりはよっぽど良い。

倒れるなら前のめりに倒れたい。
ちょっと思うところがあったので長くなりますが、現状の心境を吐露してみたくなりました。

私も人間ですから、ときにイラつき、まわりの人を不快にさせていることもあるかもしれません。

呟きに関しては未熟なツイートも多いかもしれませんね。

当然記事にしてもそう。

ですが、例え対面していなくても意見を頂いて、真剣にやりあったりすることで生まれるなにかもある。

失うなにかもある。

まぁひとことで言えば、自分はめんどくさいやつですww

よく言われますww

ネットってある種年齢の垣根は関係なく、(当然最低限の礼儀は必要ですが)自分に対して意見を言って頂けるというのは非常にありがたいことだなと実感しています。

自分を曲げないことも重要。

ですが、曲げないって、なにをもってして曲げないのか。

自分の競馬予想はブログで晒しているとおり、とても有益な情報を発信しています!とは胸を張って言えないww

当然、誰かのために記事を書いているのではなく、自分自身のために書いているわけで。

でもどうせ書くなら楽しく、面白く、でもやはり見に来ていただいている皆さんに少しでも競馬についての考察を読んでいただきたい。

そして、それはどうなの?ってこともお待ちしています^^

他者のフィールドに行ってずけずけと物を言う。

確かにちょっと違うかもしれません。

ですが、訪問者の数は安定した数字をキープしているところを見ると、大体同じ方が御覧になっているんじゃないかなって、勝手に思ってます。

勉強するって何?

理解することしないこと。

消化した上でなにをしていくのか。

今後どう生かしていくのか。

自分なりにアプローチとして、常に変化していきたい。

そして曲げないなにかを見つけたい。

現状そんな感じです。

ちょっと話が逸れましたが、『曲げないってなにか』

自分はまだ、これ!といったロジックはなく、試行錯誤の毎日です。

例えば、オッズだけで馬券を買う方も知っています。

馬見や調教、メンタルなどで馬券を買っている方。

色んな方がいらっしゃいます。

それで結果を出している方々はそれが『曲げない』っていう理由のひとつとして、自分の予想に自信をもっていらっしゃる。

とても素晴らしいことだと思います。

自分は結構浮気性w

というか多趣味なのが災いしているのかもしれません。

客観的に自分を振り返ると、未熟な血統考察が足を引っ張っているなぁと思っています。

自分はまだ、曲げないなにかを持っていない。

だから曲げまくるwww

良いか悪いかは分かりません。

ですが、結果が出ていないならば、自己分析は必要。

年間トータルで同じ武器で戦っていくには、甚だ未熟。

尊敬する、あるフォロワーさんは

『自分自身が100%的中すると思っていないレースに投票するなんて、ありえない』

と仰っていました。

結果はどうあれ、自分もそういう自信を持ってレースを投票したい。

外れれば、また回顧して検証すれば良い。

そういったスタイルを目指していこうと思います^^

ですが

意気込みだけなら簡単です。

具体的になにをどうしていくのか。

しっかりと方向性を定めて、チャレンジしていきたいと思います。


さて、それでは現時点での自分の考えをまとめてみようと思います。

ひとつ断っておくと、あくまで自分のスタイル構築のための考えです。

なにが正しいかなんてどうでも良いです。

自分自身が現時点で後悔しない為に、自分が正しいと思う考察により馬券を買う上で、自分なりのスタイルを確立するための方向性みたいなものです。

☆血統はPOG主戦

自分の現在の血統考察での結果はここで現れます。

一度指名し、出走したら取り消しは出来ませんからね。

ぶっちゃけ、あまり力入れませんwwww

が、単純に血統考察は好きなので、これは続けていきたいなと。

あー結果を見るのがこわやこわや

☆血統は新たな可能性の指針

過去走から判断出来ない、経験していないコースやレース質、馬場適性などの可能性を探る

☆ラップパフォーマンスや走破実績を上回る信頼性は数字上ではないと前提してみる

調教やパドックは指数化出来ません

そのときの状態が悪かった、調教やパドックは競走馬の限りなく今に近い今、リアルが分かると考えています。

自分は仕事の都合上、パドックは見れないことが多いけど馬券は買いたいので、仕上がっている前提で買いますww

あ、でも調教は見ます。

でも調教良くなくても走る馬はちゃんと評価します。

調教<能力値、適正値で考えます。

前走レースレベルや好走レース質、ダート戦はタイムも重要なので、時計を縮めれるかなど、しっかり考えていきたいですね。

☆期待値を考えてみる

例えば人気薄の馬などが上記の考察などで評価出来た場合は穴紐で考えてみようと思います。

ですが、あくまでスパイスとして(和田監督じゃないよ)

大概の重賞レースでは、やはり実力があるのに近走馬柱や休み明け、一度の凡走などで評価を落としたりしているように思います。

逆に好走しても人気の上がらない馬など、自分の考察から、次も評価出来るかなどを、しっかりと見ていきたいと考えています。

☆コース分析もしっかりおこなう

なにを基準にしても、馬は違うコースを走るわけですから、やはりコースや馬場って重要。

馬場はリアルタイムで変化しますので、正確に読むのは難しいですが、コースがいきなり変化することはないので。

これは毎度やっていることなので引き続きといった感じですね。



今のところ思いつくのはこんな感じです。

たいしたこと書いてないなぁwww

でも、未熟ならなにをするのか。

ずっとずっと考えていきながら、大好きな競馬とずっと関わっていきたいと思います。

あとイラストも描いていきたいと思います。

時間があればギターなんかも♪

自分の限られた時間

自分自身のために今後も楽しむことを忘れずに全うしていきたい。


長くなりましたが、こんなところで。

これからも、こんな未熟な私のブログで宜しければ、末永いお付き合いをして頂けたら幸いです^^
スポンサーサイト
エルムS予想
雑感より重要視する点は以下

①コース形状から、カーブが緩く平坦。

機動力、持続力がある程度問われるレース質かも。

スピードで押し切ることも可能なコース故、能力値の高い走破指数の馬などは嫌わない方がいいかもしれない。

②血統はパワー機動力重視
ブライアンズタイム(ロベルト)、ジェイドロバリー(Number →Nijinsky×Special)、Nureyevなど、自ら動いていける馬〇

コーナーも平坦なため、坂の下りで慣性が利く京都、函館のコースとは違う印象。

では各馬考察


フリートストリート

Machiavellian×シングスピールによるHaloクロス5×4
シングスピールはSadler's Wells系によりSpecial内包
これにDixieland Band、His Majestyと底向き
血統からは推しところはあるが、もともと一線級相手にハイスピードラップを先行して粘れる強さは無い。
外枠から番手気分良く追走したほうが良い感じ。一貫性のある持続ラップで好走経験はあるが。。。

ブライトライン

入厩し時計を出し始めたのが6月初旬、乗り込み量としてはOK
Sadler's Wells×Alydarで小回りも問題なし
ただし、カーブで自ら動いていく機動力は感じない、カーブでペースを落とさず上手に走れる印象。
フジキセキ産駒だけにキレる脚は一瞬。
仕掛けどころがポイント。
内枠なので2番手から早め先頭が理想。
内ラチに馬が1頭いた場合外捲りが利くコース故ドン詰まりの可能性がないとは言えない。

ソロル

血統からは一番手推しでロベルト~Special~Nijinsky~Vaguely Nobleと過去の好走馬条件を満たす
Seattle Slew内包でもボリクリはロベルト色が強く、これに母ラバヤデールはゴールドアリュールと同血
ピッチ走法で小回り底レース質のマーチSで評価したようにここでも。
14年平安Sは仕掛けが早い展開で後5Fが12.7-12.4-12.0-11.8-12.7とラスト失速ラップ
これを上がり最速で差し込むあたり、同馬の適性は2歳時ヒヤシンスS時から変わらない印象。
馬場が渋れば尚良しだが、個人的に良馬場でもなんら問題ないと見ている。
問題は札幌は直線が短いので前走のような戦法は通用しないところ。

アンコイルド

特に推し材料はなし

グレープブランデー

追い切りをみてもやはりトビの大きい馬で、時計掛かる芝でも見てみたくなるような走り。
広いコース向きは間違いなく、直線長いコースでやはり見てみたい。
馬体は芝向きのような細さはあるが、血統的にはパワー十分、調子が戻ればパサパサの乾燥したダートでも全く問題ないと思う。

グランプリブラッド

母系BTといえど、やはりディープの仔と言った感じで、OPに上がればそう易々と好走出来るものではないといった近走。
スローからの決め手を生かせるコースで狙いたいといった感じ。

エーシンモアオバー

デキは前走以上、しかし函館と違い、札幌はコース上押し切れないだろう。
前走はロイヤルクレストに軽く捲られ、予定調和は崩壊した。
過去走からも、良くて3着が精一杯だろう。

ローマンレジェンド

乗り込み量、時計、動きをみても厩舎サイドの復活に懸ける意気込みは相当なものを感じずにはいられない。
私もそれを望む一人だが、調教がレースに繋がるかは未知数。
東京大賞典の凡走は相当なメンタルストレスが感じられた。
ゲートでフラッシュバックを起こす可能性もないとはいえない。
変わるとすれば休み明けのココだろうが、希望的観測が強い考察のため、評価は押さえまでとしたい。
トモ量から直線平坦、長く脚を使え、持続戦向きと見ている。

アスカクリチャン
洋芝や極悪馬場での入着歴があるように、ダート適性が無いとは思わない。
血統はダート好走してもおかしくない配合で、揉まれにくい外枠なら人気次第で買っても良い印象。
アフリート×Danzigの小回り適性
アフリート×ミドルマーチ×マルゼンスキーからなるラインは
Buckpasser 4 x 5 のパワー Tom Fool 5x 5の機動力
これにノーザンテーストと力強い配合
ただ、後半加速するラップで置いて行かれても責任は持ちませんけどww

クリノスターオー
最終追い切りを見た印象では
エリィ
何かしら?コレ。。。。状態ww

状態ではあるが、1週前では坂路で良い時計を出している。
平安Sでも評価したが、あの後5F加速~ラスト失速ラップを前受けで走破した以上殻を破ったのは間違いない。
気分屋でレースを自分から辞めてしまうときがある為、軸向きではないが、先行して残るなら、モアオバーよりもこちらを推したい。
血統的にはアドマイヤボス(トニービン)Tom Fool内包×ジェイドロバリー
牝系にインリアリティの父Intentionally内包と良い配合をしている。
過去のエルムSでの好走配合としても狙える。

クリールパッション

適性は認めても、能力的にピーク過ぎは周知の事実、調教で併せたネロディアマンテを条件で狙ってもいいかも。

インカンテーション

乗り込み量は少な目、最終追いから力は出せそうな良い動きはしているが、今年の始動戦だけに勝負度合いは薄め。
Seattle Slew系シニスターミニスター×Machiavellian(Halo)×Danzigと小回り適性も十分。
母オリジナルスピンはBuckpasser内包で、A.P. Indyとのクロスも光る。
そもそもオリジナルスピンは良繁殖牝馬でスピナッチ、ヒラボクビジン、ソルモンターレなど、良ダート馬を排出している。

配合的にはランフォルセのロベルトなしといったところ。
馬体的には坂がない方が良さそう。
コーナーでポジションを上げる器用さと決め手が武器。
昨年JCダートでは3歳馬ながら外枠から強気に勝ちに行っての敗戦だけに内容には好感が持てる。
羽月厩舎は中半年以上、開業以来(2-2-2-58)という実績だけが気掛かり。

ジェベルムーサ

調教からも戦績からもここは結果を出したいトコロ。
追い切りからはそういった意図を感じた。
同馬はもともと捲り脚質でコーナーでしっかり前を飲み込む、ダートレースを購入する側の視点からすれば安心感があるのだろう。
母アビラの血が(ロックオブジブラルタル→デインヒル(Danzig×His Majesty)×Alleged(Hoist the Flag)より色濃く伝わっている印象で、走りは搔き込み系ピッチタイプ。
馬体は線の細さとは裏腹なトモ量から阪神、中山などの急坂で真価を発揮するタイプと見ている。
コーナー形状的に捲れる外枠も好材料だが、物理的に前が止まる要因がない札幌コースで勝ちきるかといえば疑問。


以上より馬券対象馬は

ブライトライン
ソロル
ローマンレジェンド
アスカクリチャン
クリノスターオー
インカンテーション
ジェベルムーサ

の7頭より

印は休み明けの分難しいところはあるが。。。

◎ソロル
〇インカンテーション
▲クリノスターオー
△ブライトライン
△ローマンレジェンド
△ジェベルムーサ
穴アスカクリチャン


68.jpg
69.jpg


馬連のみ当たり。

究極の馬券下手といったところですかねぇ

2列目で当たってるし、BOXも3連複にすれば良かったという体たらく。

ユニコーンSに続きアホの極みの見本でしょうな。

ローマンレジェンドを週中の追切で評価したのだが、冷静に評価を下げたのが裏目だったかも。

ですが自分は調教診断士ではないので。


クリノの前走を評価出来ないのはよくわからないし。
13年みやこSは持続ラップとは思っていないので。

ローマンレジェンドを信じれば楽に取れたレースでしたね。
まぁ馬場もあったかもですけども。

なんにせよ復活は嬉しい。

それにしてもインカンテーションは人気なさすぎちゃうの?舐めすぎちゃうのん?

とはいってもソロル本命にしているようでは自分もまだまだですねぇ。

ローマンレジェンド
調教の動きだけ見れば申し分ないように見えましたね。

他がちょっと負荷がどうなのって感じだけに。

個人的に思い入れのある馬なので、落ち着いて出走出来ることを祈っています。
今日の小ネタ
最近仕事が忙しすぎてちょっとダークサイドに堕ちそうな私です。。。。

気晴らしに合間を見て南関競馬の馬柱を眺めていたところ。。。


馬柱

メイショウボーラー産駒が大外枠ねぇ。。。

(メイショウボーラー産駒は揉まれ弱い以下略)

☆メイショウボーラー産駒ダートレース過去5年成績
メイショウボーラー産駒



ん?ラスト1F加速ラップがデフォの川崎競馬場で3歳牝馬が53kg。。。。

時計もまぁ足りんこともないし。。

若いから縮めることも出来るかもしれんしなぁ。。。

間隔そんなに空いてないのにプラス2桁体重?3歳やし成長分やん!?

でも複勝は安いし。。。

先週は中京でイチオシの単勝買って2着やったしなぁ。。。

うーん。。。相手は。。。時間ねぇwww

ええわ!単勝で勝負や!

川崎

結果

0.1差2着wwwww

marudeseityoushiteinai.jpg


疲れてますねww

しょーもない記事上げてサーセンwww

おやすみなさーいw
エルムS雑感
ブログを開設してからダート重賞は全て考察してきたので、やはり意地でも予想しておきます。

札幌のレースをまともに考察したことがないので、チャレンジ感覚の雑感となりますが。。


札幌コース

コーナーの占有面積多く、かなり緩やかなカーブですね。

函館競馬場とは全く違う造りのようです。

札幌高低差

ほぼ平坦コース、まるで地方競馬場ですねw

函館は起伏が結構激しいので、これも全く別の造りになっています。


上記から、コーナーでのスピードアップが可能であること。

起伏がほぼないので、ラップが物理的に弛む要因が少ないこと。

この2点から、機動力、持続力がある程度問われるレース質なのかもしれません。

スピードで押し切ることも可能なコース故、能力値の高い走破指数の馬などは嫌わない方がいいかもしれませんね。

エルムS


ラップからも13秒台に弛むポイントが無く、加速の比重はコーナー区間になっていることがわかります。

後半にレースが動いている印象ですね。

2012年はエスポワールVSローマンレジェンドだった為、レースレベルが突出して高いです。

函館はわりと4角の位置取りで決まっちゃうレースが多いですが、このコーナーなら捲りが利きますし、それほどハイペースになることもなさそうです。

過去の馬券内の馬を見渡すと。。。


2012
ローマンレジェンド
スペシャルウィーク(マルゼンスキー×Aureole)×オーサムアゲイン(Vice Regent×Blushing Groom)持続向き

エスポワールシチー
ゴルア(ヌレイエフ、Vaguely Noble )×BT 
母エミネントシチー Alibhaiクロス

グランドシチー
キンカメ(ヌレイエフ)×BT 

レースレベルが高く、上位2頭のラップに息切れ、グランドシチーが3着拾う

2011
ランフォルセ
ボリクリ小回り機動力特化タイプ
母系Machiavellian(Halo)×Nureyev

オーロマイスター
ゴルア(Nureyev )×ミスプロ×インリアリティ×ロベルト
劣化版エスポワール主観
Nureyev→Nantallah×Lear Fan→Nantallah≒Nashuaのニアリーだそうな

エーシンモアオバー
マンカフェ(Law Society)×Rubiano(Dr.Fager ×In Realityニックス)Vice Regent×Private Account

モアオバーって良血だなぁ

ここまでで、ちょっと見えてきた感がありますね。多分勘違いだろうけどww

2010
クリールパッション
Graustark 5 x 4
Hyperion 5 x 5
ワイルドラッシュ(Khaled、Graustark、Buckpasser)×トニービン×コートネイズデイ=BT(ブライアンズタイム)

オーロマイスター
エーシンモアオバー

2008
フェラーリピサ
Touch Gold(Vice Regent×Buckpasser)×ドリータルボ(Nasrullah 4 x 5 x 5 x 5  Bold Ruler 5 x 4)
トーセンブライト
BT×ジェイドロバリー(Number →Nijinsky×Special)×ナイスダンサー
上記オーロマイスターの項参照のニアリー
園田を筆頭に地方で強かったことで(察し

エアアドニス
エアダブリン→トニービン×ダンシングキイ(Nijinsky×Graustark)
エアジャスミン→Known Fact(In Reality×Tom Fool×Tudor Minstrel)×Alydar(On-And-On)

2007
メイショウトウコン
マヤノトップガン(BT×Blushing Groom×Vaguely Noble)×ジェイドロバリー(Number →Nijinsky×Special)上記以下略
これにリアルシャダイにノーザンテーストですか、なるほどなぁ。

マコトスバルピエロ
BT×Alydar×Lyphard
小回り捲れ血統ですねw

ロングプライド
サクラローレル×アジュディケーティング×ミスターシービー

やはり持続力と機動力大事。

今日はこんなところですかね^^
続きを読む
函館×秋山×角田調教師
記事を更新していないのにも関わらず、毎日アクセスして頂き、誠にありがたいことです。

また、私のような拙い考察ブログを楽しみにして頂いているとのコメントを頂き、嬉しく思います。

今週は馬券もお休みする予定だったのですが、函館最終でようやくこのコンビが2鞍出走することを確認し、馬券を買うことにしました。

函館×秋山×角田調教師

ついった的土曜回顧

上記エントリーでも記載しましたが。

まぁこれだけで馬券を買ったわけではありませんが、様々な理由から、人気に対しての期待値は高かったのではと。


65.jpg

これは着差的にラッキーでしたねww

64.jpg
63.jpg

これは完璧でしたね^^

2戦目、小回り、馬場バイアス、脚質、狙い目だったのでは。


エントリー記事107にも記載しましたが、小倉での成績も良いみたいです。

夏競馬は仕上げうんぬんや、調教師の得意コースもかなり重要なので、こういった勝負ラインが他にないか調べるのも面白いかもしれません。

あくまで、力関係やコース適正ありきですけどね♪



おまけ

ユニコーン時に推していたメイショウイチオシが条件に戻ってきました。

メイショウボーラー産駒は揉まれ弱い馬が多く、この仔もそれらの1頭です。

今回大外枠配置ということで、狙うならここと見ましたが。。。

66.jpg


2着ェ...w

67.jpg

まぁワイドだけ当ててやりましたww


同様にメイショウパワーズも外枠がベターかと思います。

条件帰りでレース質や枠など好走要因が重なれば人気次第で狙ってみるのも面白いかもしれませんね。
忌中につき
暫くブログ更新をお休みさせて頂きます。

訃報とは突然訪れるものですね…

~追伸~

復帰はタキオンさんとのコラボ企画を予定していたレパードSから行いたいと思います。

タキさん宜しくお願いしますm(__)m

プロキオンS予想
まぁ全て師の受け売りだけども、中京ダートコースの再確認

中京ダ
中京ダ②

ポイントとして

①コーナーは小回りであること
②3,4コーナーは下り坂であること
③直線入ると直ぐに2mの急坂であること
④ラストは平坦であること


直線直ぐに急坂

中京ダートで外を回してから追い込んで差しきることはなかなか難しい

先行有利、もしくはなるべくコースロスなく回ってきた馬の入着も多いように思う。

というのも、この直線直ぐの急坂を一気に加速して登りきることの重要性=栗東坂路コース調教

芝スタートでのハイラップ懸念=持続力≒栗東坂路コース調教

栗東坂路コースは美浦坂路に比べ助走距離、形状ともに負荷の掛けやすいコースであることは有名

坂路調教=無酸素運動を鍛える調教であるから、ベクトルとして有用性の根拠はあると捉えている。

レースにおける最大加速が掛かる区間ラップで抜け出す

坂に対する負荷は全馬同じであること。

論理的に考えると、ラストの坂でスピードダウンして差しが決まる阪神、中山とレース質は異なると考える。


以上から馬券対象馬を考察していく


コーリンベリー

調教は坂路で単走で集中している印象

前走では輸送して大幅馬体増と充実期を迎えているのではないか。

テンは速い馬でこのメンバーでもハナを叩けるスピードはある

牝系にNureyev×Danzigで小回り適正値は高い

ユニコーンSは持続戦決着で適正も向いた感じ、ただ後偏ラップで決着した昨年と走破タイムは同じ。(馬場差は同等)

ということは、今年のユニコーンSのレースレベルはそれほど高くない可能性はある、ここが懸念。


キョウワダッフィー

キンカメ×BTニックス

重賞初挑戦だが、通用する下地は十分

過去走から持続戦>瞬発戦、阪神>京都

パワーもあり、時計勝負でも強い。

本命候補

スリーボストン

鉄砲実績有り

番手競馬も出来る

Seattle Slew血脈でもボストンハーバーはBull Dogクロス短足小回り巧者が多く、産駒の成績も中山、小倉、福島の成績が良い。

これに牝系がフォーティーナイナー×サンということで

Tom Rolfe、Buckpasser的なパワー、Danzig内包とより小回り向き

当然持続向き、紐穴でどうぞ


ベストウォーリア

配合的にも高速ダートの夏場でこそ狙いたい配合

ただボールドルーラー色が強く持続戦にも強い同馬だが、所謂配合的に底負け感が強く、今後も勝ちきれない競馬が続くのでは。

レコード決着に対応出来るスピードは持っているのだが、人気に応えようとせずに中段からセコく乗った方が良さそうではある。

シルクフォーチュン

Nureyev 3 x 3が示すように、もともと小回り適正は高い。

高いのだが、基本的に隊列が縮まらないと差して届かずの繰り返し。

だからといってスローでは掛かるといった分かりやすい馬。

テンが弛めば差し切れるかもしれないが、中京コース傾向やレース質からは評価を下げるべき馬

ダノンカモン

加齢で持続向きになってきているのでしょうね。

ただ前年と比べて近走内容的に推し辛い要素はあります。

アドマイヤロイヤル

まぁレース質的にもいろいろ切れない馬でしょうね。

普通なら本命候補ですし、持続戦決着と読むならば、あまり年齢は関係ないレース質ですから。

ただ四位クンは降ろされたのかな?笑

ノーザンリバー

相変わらず日曜追い切りでは良い時計だしてます。

Halo 3 x 4にNureyevと小回り適正も高いことは地方競馬での好走歴を見れば当然でしょう。

ただ今年のフェブラリーSで思わぬ健闘を見せるということは『そういう』馬なのかなぁとも思います。

ここは人気を裏切ると見ていますが、どうでしょうか。

ゴールスキー

ネオユニ×Nureyev×Vaguely Nobleですから小回り底向きだと思うのです。

が浦和では控えて届かず、船橋では前行って垂れるとチグハグな競馬

調教は坂路で良い感じ♪

と思ったら、この仔芝スタート不得意なんですよねぇ

武蔵野Sではテンに置かれて差し届かずと、枠的にも外を回さざるをえないトコに入ったので素直に割引が必要かも。。。

中京のコースレイアウト的には狙える馬だと思うのですけどね。

ワイドバッハ

前走はコース変わりで、しっかり馬券取らせて頂きました^^

ようやくOPの時計にも対応してきたな、といった感じで、ダートOPの短距離戦は持続型が多いですからねぇ

ただ枠的にも脚質的にも外回してどこまで来れるか。。。

配合的にはResolver×スキャンとナスキロ的長い直線向きでの東京推奨馬でしたが。。

アジュディケーティング×ナイスダンサー的な起用さも兼ね備えています。

どちらかというとペースは弛んだ方が良さそうですが、この馬の場合、Swapsを近めに内包しているので持続戦適性もあると思います。

鞍上ユタカがどう乗ってくるか見ものですね^^

ここは初重賞なので応援程度にといった感じです。


以上から

◎キョウワダッフィー
〇アドマイヤロイヤル
▲ベストウォーリア
△スリーボストン
☆コーリンベリー

61.jpg
62.jpg


無念。。。。

ベストウォーリア強かったですね^^

戸崎くんも前走の敗戦からしっかり差しきる競馬をしてきました。

個人的に距離が伸びれば苦しいでしょうから、JBCスプリントまでといった印象です。

アドマイヤロイヤルは案外でしたね。

少し休養したほうが良さそうです。



回顧はこのへんにしてお絵かきして気分を晴らしますwww

さんぷる2

次はエルムSでも頑張りましょうかね♪
JDD予想
仕事三昧の日々なので簡潔に

過去JDDを見てみると中盤弛むレース質が多く、速い流れで好走したマイル向きの馬には向かないレースだと思う。

あとは小回り適正と瞬間的に加速出来る馬を狙う。

ハッピースプリント

東京ダービーの勝ちタイムは2059

今年の南関馬が弱いというよりは、ハッピーは中央でも夏は芝レースで重賞に出走して掲示板にくるくらいなのでこれは相手が違うといった感想。

負かした相手も昨年の南関馬と同じ位の走破タイムですしね。

例年のJDDの基準タイムには1秒足りないが、レースを見る限りまだまだ時計は縮めることは出来そう。

カゼノコ

父アグネスデジタルは五代アウトブリード血統

ならば傾向は母からということで

牝系がタフネススター、ラグビーボール、ナイスダンサーと

ナイスダンサー産駒といえばナイスネイチャ

ラグビーボールやタフネススターの戦績を見渡しても小回りコースは得意

配合的にはしいてあげればFair Trial要素が強いくらい

アスカノロマンは先日1000万を勝ち上がり、降級馬のキクノソル相手に上々の競馬

鳳雛Sの後4Fのレースレベルは高く、ややスローで楽に逃げたアスカノロマンを軽く差しきる末脚は魅力。

緩急ラップ適正高く本命候補

フィールザスマート

中山でバンズームに破れた後に東京で一変したように、この馬の配合として

Lyphard 4 x 5の決め手

Riverman、Seattle Slew、Tudor Minstrelと東京の速い流れ持続戦に向くタイプだと思う。

現に青梅特別は12.4 - 10.9 - 11.4 - 12.4 - 12.6 - 12.2 - 11.9 - 12.5

と中盤やや弛むも、やや速い流れのレース質

グレナディアーズに完勝した点は適正差と読んで、ここは評価を落としてみる。

ノースショアビーチ

中山500万下のラス2Fが優秀で、配合的にもNureyev×Danzigで小回り適正も高そう。

牝系がDamascus、Buckpasser、Hoist the Flagとややパワー系のように感じるが戦績からはそんなこともなさそう

ランウェイワルツ

個人的にゴルア産駒のA級配合でこれまで度々本ブログでピックアップしてきた馬

ゴルア×ミスプロ×In Reality×Swaps

これにスマートファルコンよろしくVaguely Nobleクロスは底として十分

帝王賞ではコパノリッキーが2着と健闘したので馬券妙味がありそうなのはこの馬か

南関をホームにしていた戸崎騎手にも期待したい。

どちらかというと底向きで厳しいレースが向きそうなので、ここで本命は打ちにくいが、重賞級であることは間違いないと思っている。


以上から

◎カゼノコ
〇ノースショアビーチ
▲ランウェイワルツ
△ハッピースプリント




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。