砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大沼S
ちょっと時間がないので注目馬だけでも。。。

リアライズキボンヌ
ヒルノマドリード
フリートストリート
クリソライト

スポンサーサイト
宝塚記念雑感
いやぁ、仕事が繁忙期に突入して競馬どころではなくなってきました。。。

ちょっと体力的にもハードな日々が続くのでブログの更新はしばらく控えるかもしれません。

ですが、面白そうなレースや狙い馬がいれば、記事に出来ればなといったところです。


さて、早いもので今年も上半期グランプリですか、簡単に雑感を


まず1人気が予想されるウインバリアシオン

オルフェーヴルの引退とともに自動的に繰り上がって来た印象の有力古馬

結局オルフェーヴルの影を踏むことすら出来ずに引退。

結局のところ3歳時から大幅に成長の上積みがあるかといえばクエスチョンマーク。

オルフェの引退に伴って相対的に見て有力馬の一角として君臨しているイメージです。

捲れる機動力や後半の速い加速区間でポジションを上げれる馬ですが。。。

宝塚記念はやや締まった流れが多く、そうなった場合勝ちきれるかといえば疑問。

本質的には中盤で追走に脚を使えば末は甘くなるといった印象は変わりません。

次にジェンティルドンナ

天皇賞秋のハイラップを前受けして2着に出来る能力

持続戦にも前受けで対応出来る点はリファールクロスからの底力のなせる点。

ですが同馬のパフォーマンスとして最大の魅力は末脚。

やはり控えてこそといった印象ですが、こと内回りについての器用さはダンジグ、アリダー系内包で問題はない。

ただ秋華賞においてヴィルシーナに最も迫られた点を考えると、前述した項は対応化といったところに留まるのかなと。

ヴィルシはヘイローのトリプルクロスとヌレイエフ内包ですから内回りの配合適正ではこちらが上位。

よって両馬は宝塚記念という舞台をこなす下地は備わっている格のある馬ですが、最もパフォーマンスを上げる舞台ではないといった印象です。


元来、宝塚記念とはお祭りG1であり、勝者に必要なのは格ではないという主観です。

メイショウマンボ

まずメイショウマンボは秋華賞でのパフォーマンスから瞬発力戦<<持続力戦、大箱<小回りであること。

スズカマンボ×グラスワンダーから時計の掛かる馬場であってもパフォーマンスを落とす心配はないこと。

瞬発力戦<持続力戦の根拠として

His Majesty=Graustark 5×6×7であること

内回り適正の根拠として

母父グラスワンダーは小回りコースにおいてスペシャルウィークを2度撃破していること。

配合根拠として

Nureyev×ダンジグ×NumberでのFair TrialやForli的な小回り特化クロスが強調点であること。

そしてRoberto×NijinskyでのBull Leaクロスからの小回り急坂向きのパワー質からも根拠になります。


そして牡馬混合戦における相対評価として下げるか否かというのはデニムアンドルビーがひとつの物差となるのでは?

といった見解です。


デニムアンドルビーも血統配合からNureyevのクロスを持った内回り適正はあると思います。

が、同馬はスローの瞬発力戦でもっともパフォーマンスを上げる馬であり、瞬発力戦において最も恩恵を受ける斤量差もあってJCでは並み居る牡馬を相手にハナ差2着と健闘しました。


で、あるならば、仮にメイショウマンボの舞台適正として宝塚記念がベストのパフォーマンスを発揮出来るという可能性があるならば、安易に軽視も出来ないといった相対評価となります。


トーセンジョーダンにおいては、過去走から宝塚記念のレース質としては合っている印象で、ローテーションが順調ではなかったG1で凡走が多く、順調ならば印は打っても良いかなと思っています。


カレンミロティックはハーツ×A.Pインディ×Caerleonと、どちらかといえば大箱コースでパフォを上げそうな配合で、持ち前の機動力でそれを相殺してい印象。

本質的には外回り向きの印象ではあります。

フェイムゲームはハーツ×ディクタス×ノーザンテーストと重厚な配合でこれにトムロルフとかなりパワフルな配合で、時計が掛かる馬場状態なら紐に入れても良いかもしれません。



よって見解から

◎ゴールドシップ
〇メイショウマンボ


ですかね。


帝王賞
大井2000mの考察はこちら

東京大賞典考察①

東京大賞典結論

◎ムスカテール
〇ニホンピロアワーズ
▲コパノリッキー

ユニコーンは自分の中で消化しきれているので、回顧はお休みします。
天保山S回顧
まず天保山Sから

この間の安芸Sで、グレイスフルリープ×キョウエイアシュラの決着をみて感じた阪神での血統。

キョウエイアシュラ
エンドスウィープ→フォーティーナイナー→Tom Rolfe×Damascus
ノーザンテースト(Lady Angelaクロス)×In Reality

前走ハイレベル4着
ダート〇
上がり〇

グレイスフルリープ

ゴールドアリュール×ミスプロ×In Reality×Buckpasser 4 x 5(ニックス)

前走メンバー強
降級
持続戦やや〇
京都<阪神


良馬場ならば、パワー系配合の馬を狙うということ。

エーシンビートロン

ブライアンズタイム(Roman×Eight Thirty)マルゼンスキー(Buckpasser)
Lyphard×Graustarkで持続戦前受け
もともとハイペースに強く、京都<阪神

ウォータールルド

Mr. Prospector 4 x 3
Vice Regent 4 x 4
Tom Rolfe内包パワー血統

ハイペース×も鞍上補正で控える可能性を考慮
阪神は平坦なので芝スタートでも34.5以下になりにくい
前に行った場合ハイペースになれば潰れる可能性はある


ナリタスーパーワン

ウォーエンブレム=Private Account(Damascus×Buckpasser)Hoist the Flag(Tom Rolfe×War Admiral )
Roman7×5

牝系にI Pass内包=Buckpasser

調教 栗坂 良 森 52.9-38.1-24.8-12.6 馬也

前走はCW追い→坂路で好時計

阪神コースの上がりの重要性から本命→3着

デュアルスウォード

SS×ノーザンテースト(Lady Angelaクロス)
エンドスィープ→フォーティーナイナー→Tom Rolfe×In Reality

持続戦◎ 上がり性能〇


59.jpg
60.jpg


ナリタスーパーワンは一完歩づつ差を詰めていましたが連対ならず。。。

キズマは配合から底が足りないのとエーシンにマークされると思ったので消し

本命サイドなので、妙味を狙って結局ナリタスプリングを買ってしまったのが反省。。。
盛大にやらかした。。。。
速い流れの決着と予想して考察をシフトチェンジし、血統考察はバッチリだっと思ったのですが。。。

ちょっと気力が出ないので月曜日に天保山Sと纏めて一気に回顧します。。。


週頭にアジアは良馬場の時計掛かるって書いておきながらこのザマ。。。

はなはだ未熟。。。私は馬鹿だ。。。。
灘S
◎クリノヒマラヤオー
△ピンウィール
ユニコーンS結論
週中の考察より

◎アジアエクスプレス
○レッドアルヴィス
▲コーリンベリー
△メイショウイチオシ


新馬を見る限りイチオシのキャラが掴めていないんで。
血統的には東京マイルは良いと思うんですよね。

中盤緩んでバンズーム、アンズちゃん決着になるか。

ちょっと見物です。
天保山S
◎ナリタスーパーワン
△デュアルスウォード
△エーシンビートロン
△ウォータールルド


ナリタスプリングは血統的に阪神で狙いたいけど、先行馬は揃ったし時計勝負になると厳しいかな。


印馬で1~4着ですか。

まぁ人気どころなので当然でしょうか。

ナリタスーパーワンの着順には不満足ですが、3着がやっとでは検討違いだったかもしれませんね。

回顧は月曜にでも。
ユニコーンS考察③
Mタキオンさんのコメントと自分の考察しようと思っていた内容が似通っていたので、コメント返信も含めて考察しておきます。

>今日も毎年3着以内来てるというデータを1つ(・∀・)
ダート実績も重要なのですが毎年芝でデビューした馬が3着以内に来てます。
今年芝デビューだったのは、

ケルヴィンサイド
コーリンベリー
バンズーム
ペアン
メイショウサルーテ
ルミニズム
レッドルヴィズ

この7頭(・∀・)この中から穴馬を見つけたいw

それと過去5年の血統データを見たところ3着以内16頭中
実に14頭が5代前までにボールドルーラー系内包してました。

上記の7頭で該当馬は

コーリンベリー
ペアン
バンズーム
レッドアルヴィス

コーリンベリーは3勝馬だし期待したいんですが1400mからのステップなのでmussyuセレクトには入らなそうw


とあります。

まずコーリンベリーはステップがどうということではなく、誤解があったようですが、私は普通に能力が高い馬だと思っています。

ただし、エーシンレンジャー並かそれ以下の評価といった感じといえば分かりやすいでしょうか。

端午S

見ても分かるとおりテン5Fのラップ推移は2013年の方が高いです。

まず思うことは京都D短距離でテン3Fが34秒台前半は古馬OPでもあまりお目にかからないハイペースです。

しかし4F目の落ち込みからレースレベルとして前年よりは低く、それでいてあの上がりは少し不満かなといったところ。

個人的にはもう少し控える競馬をしてくれれば、勝っていたのはコーリンベリーかなぁと今でも思っています。

血統考察については考察②で行っているとおり、持続戦での適正もありますが、舞台適正としては東京<小回りだという見解です。

サウンドリアーナはこの13年のハイラップのレース上がり37.6を36.1の末脚で圧勝しています。

前年の私は未熟さ故にサウンドリアーナを評価出来ませんでしたが、今見比べると何故評価しなかったのか理解に苦しむところです(笑)

ユニコーンSも芝スタートで外枠を引いたコーリンベリーは前走のハイラップ経験より先行してしまわないかという懸念もあります。

だとすればハイラップを先行した末脚持続力は前走のパフォーマンスから想像するに容易いのではないかと考えた故に評価を落としている次第です。

この時期の東京ダートは場合によって時計が速くなりやすい傾向があり、それはサトノプライマシーやアハルテケSなどの走破時計をみれば分かるとい思います。

故にタキオンさんが注目した芝デビュー

芝馬に負けないスピード血統、そして瞬発力などがわりと重要なユニコーンSのレース質なのかなと考えています。

ペアンに関しては、アジアエクスプレスとの差をどれだけ縮められるのか?というところでしょうか。

サンデー×Law Societyはマンハッタンカフェ的な

リアルシャダイ=Roberto×In Realityから良馬場のパワー馬場向き

Storm BirdとVaguely Nobleから持続的底力戦向きな感じがします。



バンズーム は未勝利戦でベルキャニオンやゴールドアクターの2着

芝路線でも重賞級とやりあっていた馬ですから、ダートに転戦して連勝。

前走は初の長距離輸送となれない環境化で3着とよく頑張ったのではないかと思います。

ただ、それでも0.7差を付けられたのは事実で、ここをどう評価するかでしょうか。

カゼノコとの上がり性能の差は正直圧倒的であったようにも思います。

過去走のレースをみるとわりと器用なボリクリ×サンデーでスローからポジションを押し上げるのが上手に見えます。



昨日も書きましたが個人的に注目しているのはレッドアルヴィス

レッドアルヴィス

いくら雨で高速馬場だったといっても前半33.8は尋常じゃないペースです。

これを3歳馬が2番手で受けて、強気に勝ちにいって0.4差の4着

先行馬は総じて失速する中で最後まで頑張った同馬はやはり安田調教師よろしく栗東坂路で鍛えた馬だなぁと。

血統的にはやはり持続戦向きで、配合クオリティも高いと個人的に思う。

レッドアルヴィス血統

まぁ普通にStorm Cat内包でナスキロ的東京適正はともかくとして。。。

le fabuleux クロスもちょっとおいといて。。。笑

スマートファルコンやエスポワールシチーを代表する産駒の種牡馬としてやはりVaguely Noble的底力を補強した馬が多いことがひとつ。

チャールストンハーバー

というところで、まずこの

SwapsによるVaguely Noble(Aureole)と≒的な配合

そしてミスプロ系でも配合クオリティの高い

Fappiano×In RealityをもつUnbridledであること。

だからどうしたと言ってしまえばそれまでなんですが、少し気になった点がありまして。。。

というのも
ゴールドアリュール×ミスプロ×In Reality×Swaps
のようなカタチって結構賞金上位の馬で多く。

コパノリッキー

ゴルア×ティンバーカントリー(Woodman(ミスプロ×Buckpasser×Swaps4 x 3)×リアルシャダイ(In Reality)

オーロマイスター

ゴルア×Crafty Prospector(ミスプロ×In Reality)

トーホウチェイサー

ゴルア×Woodman(ミスプロ×Buckpasser×Swaps)

この間兵庫CSで2着になったランウェイワルツも

ゴルア×Vaguely Noble5×4×アフリート(ミスプロ)×リアルシャダイ(In Reality)×Swaps

Swaps内包馬だけみるとダートOPや準OPクラスの馬では結構いたりします。

あとBuckpasser内包馬はトウカイパラダイス、フーラブライトやタケミカヅチなど芝馬にも多く、In RealityとBuckpasserはニアリーではありませんが、配合方向性としてWar Admiral /Man o'War 的なパワーを伝える点では似ているのかなと。

そういう意味ではゴールドアリュール産駒のパワーをより頑強なものにするためにも結構重要な気もしています。

まぁ完全に主観ですけどww

ちょっとあとでカスケードさんに答え合わせしてもらおうかしらwww

ユニコーンSのレース質って基本的にやはりスピードor瞬発力のように感じるんですよね。

となるとやはり適正からグレナディアーズを本命候補にする見解は必然だったと思うのですが。。。

同馬が除外となり、上がり値で圧倒出来る可能性がある馬がメイショウイチオシのみ。

メイショウイチオシのもちの木賞レコードは馬場差からちょっと疑わしい。

ですが調教は坂路に変えて好時計、やっぱり紐で買いたいww

走りも良い感じで、この沈み込むようなフォームが好き♪インサイドザパークのような走り♪

おっと話がそれました。

と期待感まるだしの馬は置いといて、メイショウパワーズ以下の登録馬ではちょっとパンチ不足かなと。

そこで目線をちょっと変えて。。。

まず今回2歳王者で皐月賞6着のアジアエクスプレスの路線変更に伴ってかどうかは知る由もありませんが。。。

折角ユニコーンSのステップとして新設された3歳ダートOPのレースの勝馬、カゼノコとノースショアビーチがこぞって登録すらせずといった事態。

仮にアジアエクスプレスが圧倒した力を見せたとして同じベクトルの馬を探したときに。。。

アジアエクスプレスが持続戦向きであると考えた場合、過去走からレッドアルヴィスが気になった次第であります^^

タキさんこんなとこでOK牧場?笑
グレナディアーズ除外につき
ちょっと目線を変えてレッドアルヴィスが気になってます。

詳しくは明日にでも。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。