砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京優駿雑感②
img31.jpg

作者の時間と体力が押しています。。。

皆さん、『巻き』でお願いします

では、いきます。。。。

次は青葉賞組ですね。


わじくん2

青葉賞なら外枠に入っちゃったけどワールドインパクトが一番手評価かな?

前走はポジションを取りに行く傾向がある外国人騎手ということで、人気から評価を下げたけど、権利を取りにいって最低着順は死守したって感じに見えたね。

控えて脚を溜めさえすればハイギノハイブリットを全く相手にしない末脚を見せるんだから、両馬の力関係は明らかにみえるけどね。

あとは有力馬が皆外に行っちゃったから枠順だけみればマイネルフロストは恵まれたよね♪

この人気なら買っちゃいなよ?笑

2400以上で明らかに成績が落ちるブラックタイド産駒だけど...

それじゃあ考察①の話はなんだったの?って話にならないワケ?笑

まぁこの辺でやめておこうかな 笑

おじょう

マイネルフロストは良くて掲示板な気もするけど、確かにこの人気なら押さえて損はないかもしれないわね。

血統的にはどう見ても内回り急坂巧者にしか見えないけど、同馬の成績はそれを覆すものがあるわ。
らんでぃ2

調教も内を取ったコースとはいえ抜群の内容だったぜ♪

ストライドも東京向きで間違いないと思うぜ。

共同通信杯は掛かりながら押さえ込んで外回して上がり3位。

まぁ100倍超えだから気楽に買えるってモンだ♪

本質的にはスピード馬場、やっぱり底力いるレースでこそなんだろうがな。

おじょう2

あとはワールドインパクトの牝系を見て思うことだけど。

ワールドインパクト

Bustedのクロスで距離へのゆとり。
個人的は末脚能力についてはLyphardのクロスというよりも

Sir Ivor 5×6
Cozeenが内包していSir Gaylordを刺激していると見ているわ。

こちらがNureyevでもPolar FalconはPrince Chevalier経由だし、トビの大きさは本当に豪快そのものね♪

前に行って勝ちきれないのはやっぱり底が足りない印象だけど、やっぱり大崩はしないし、控えてこその配合ではあるわね。

前走はショウナンラグーンに敗れているけど、同じ脚質で勝負していないから比較として参考にならないと思うわ。

一発の可能性を秘めた末脚を生かす騎乗を期待したいわね♪

てぃおすけ1

こんなところですかね、それでは別路線組の見解で〆てもらいましょう。

わじくん2

まぁ難しいことは分からないけど、ワールドインパクトを推した以上、京都新聞杯組については評価しづらいね。

このブログのリンクには優秀な予想家達がたくさんいるし、そちらの方が参考になるんじゃない?

らんでぃ1

最後にレッドリヴェールだな。

確かにステゴニックスとして桜花賞では評価したみたいだが、こと瞬発力において、ハープスターに完敗。
これは何度やっても同じ結果くらいの2着敗戦だったと思うがな。。。(末脚の切れ味として)

馬体重の軽い馬で輸送は心配だし、揉まれにくい外枠は良いが

末脚期待値としてハープ>>>>>レッド

である以上、積極的に推奨する気にはなれんな。


おじょう2

血統的に晩成傾向のある配合の彼女がこれまで見せたパフォーマンスは素晴らしいものよ。

例えここで負けても今後が楽しみで仕方ないの。

何かと比べたがるのは人の常だけど、彼女自身が素晴らしい馬であることに変わりはないわ。

馬券で敗れたからといって、彼女や騎手を批判しないで、長い目で見て応援してあげて欲しいわ♪

こんなところかしら。

わじくん2

枠順を見た感覚でいうと、いつも経済コースを走っていたイスラは新馬戦以来の外枠になる訳か。

ディープ2頭も外枠

ワンアンドオンリーとトゥザワールドは好枠を引いた。

枠順をどう見るかで予想は大きく変わりそうだね。

展開的にはこれといって行く馬がいなくなって、瞬発力戦になりそうだね。。

そうなると隊列が縮まって、好位の内枠差し馬は外に出すのに苦労する可能性はあるよね。

差し馬は外に揃ったわけだから尚更ね。。。。まぁこれは蓋をあけてみないとなんとも。

あと考察①であった中山芝のデータ。

キングカメハメハ鬼門のエアレーション中山でトゥザワールドは2戦2連対

世代上位なのは間違いないし、適正はどうあれ最低でも押さえに回した方が無難かもね。

_________.png

ダービーは内枠有利と聞きますしね。

ともかく、ようやくお開きに出来そうですね。。。

それでは皆さんの見解から

◎イスラボニータ
〇ワールドインパクト
▲トゥザワールド
△ベルキャニオン
☆マイネルフロスト


で結論としましょう。

わじくん


まぁダービーはお祭りG1

好きな馬を買って後悔のないダービーを楽しむのが一番だね♪

皆も良いダービーを!GOOD LUCK!!
スポンサーサイト
東京優駿雑感①
てぃおすけ1


ランディさん、支援要請が来てます。

えっと。。。

『週末の日本ダービーを考察して下さい。。。。mussyu』

特務支援課がなんでも屋とはいっても、さすがにギャンブルに加担するような行為は出来ませんね。

ハイ、却下。。と。

ごみばこ

カチッ

らんでい2

オイオイ!ティオすけぇ、冷てぇじゃねーかぁ

ギャンブルと言っても、競馬は親方日の丸の公営競技

市民の声を無碍に断るってのはイメージダウンに繋がりかねないと思うがなぁ。。。

_________.png

まぁ一応筋は通っていますが、競馬とはそもそも自分で考察することに意味があるのでは?

というか

そもそも元ネタが分からない読者置いてけぼりのこの会話形式の考察はいつまで続けるのでしょうか?

誰も望んでいないのは

前回のキーア画うpの拍手数に表れている 

と思うのですが。

いい加減この辺で。。。

ティロフィナーレ☆

ティロ・フィナーレ☆

ではないかと。。。

わじくん

フフ♪

なんだかんだ言って意外とノリノリだなぁ、ティオは。

らんでぃ3

中の人ネタなんか誰が分かるんだっつーの。。。

というかワジ!いつのまに!

てぃおすけ2

話が前に進まないので、さっさと考察しましょう、ワジさんにも手伝って貰います。

らんでぃ3

イヤ。。。ややこしくしたのはティオすけだっつーのw

img31.jpg

いきます。。。

まずはダービーにおいて皐月賞組の取捨てですね。

イスラボニータについてどう思われますか?

わじくん2

巷では距離不安などと言われているね。

個人的には走法から完全に東京>中山だよね。

過去の皐月賞馬は中山マイスターもいたりしたけど、この仔は東京でこそ能力を発揮するんじゃないかな。

こと瞬発力においては同馬をおいて他なし、といったところかな。

フジキセキ産駒といってもクラシック2000mの壁を突破した実績

この実績は産駒のこれまでの傾向を丸ごと覆したってこと

過去の産駒の傾向や距離うんぬんは気にしない方が良いんじゃないかな?

そもそもダービーは適正が2000m前後の馬でも好走しているし、

そもそも近代競馬において距離の概念ってホントに必要かどうか疑わしいよね。

距離適正うんぬん言えば、ロードカナロアやトーセンラーなんてどう説明するんだろうね

まぁさすがにスプリント戦と3000m以上のレースを同一視はしないけどさ。

らんでぃ1

まぁ今更ケチをつける必要はないわな。

じゃあ次はトゥザワールド、ワンアンドオンリー、ベルキャニオン、トーセンスターダムか。

まず巻き返しを期待したいのはディープインパクト産駒だな。

これは前年秋からの中山、エアレーションやバーチドレンの導入が多少なりとも影響していたことからなんだが。。。

2012.12~2013.4中山芝

2012-12-2013-4中山芝
20113.12~2014.4中山芝
2013-12-2014-4中山芝

複勝率、複回値はそれほどでもないが、単回値、勝率が大きく下回っている。

よくわからんが、キンカメは更に鬼門だったようだ。

まぁ、ディープ産駒でも1人気の馬は複勝率60に近いし、短期的なデータだからアテには出来んが、東京変わりはプラスとみて良いだろう。

ベルキャニオン、トーセンスターダムは条件的に見直す価値はありそうだな。

おじょう

何かおもしろそうね♪

私も混ぜてもらおうかしら♪

らんでぃ2

お♪

お嬢的に血統からはどうよ?

おじょう2

そうね。。。

まず、前走追い込んで4着、いかにもダービーで買いたくなるワンアンドオンリーだけど、配合的にはどうかな?

といった感じね。

確かにワンアンドオンリーは晩成傾向のハーツ産駒においてクラシックで活躍出来る米血パワーの配合が施されているわ。

ただ、牝系の配合をみたときに、Haloクロスによる機動力。

ノーザンダンサー系をしっかりと3本持ち、Caerleonによるキレ。

ただ3本目がDanzigであること。

DanzigはFair Trial内包

これによりハーツ産駒が共通して持つ
アイリッシュダンスのFair Trialのクロスと合わせて3本のクロス

そして母父母ウェルシュマフィンはForli内包

所謂Nureyev的な小回りでスピードを加速出来る影響が伝わっているかもしれないわ。

実際に東スポ杯で6着に敗れているし、東京変わりが向くと評価していいのかしら、という懸念はあるわね。

トゥザワールドにしても同じで、Nureyev4 x 3のクロスが一番の強調点。

同じキンカメ×サンデーでダービーを2着と巻き返したローズキングダムと違う点は。。。

ローズキングダム

ローズキングダムはNureyevを強調したトゥザワールドと違い、

Mill Reef(ナスキロ)の5×4が強調されていたの

これにセクレタリアトもナスキロのクロス。

皐月賞敗戦後、ダービーで2着、後のジャパンカップを制したように、豊なストライドを伝え、東京コースで巻き返せる配合であったことが言えるわ。

なので、ランディと同じで皐月組ならこの2頭以外のディープ産駒が面白そうね♪

てぃおすけ1


ふむ。。めんどくさいので1回で終わらそうと思っていましたが

長引きそうですね。。。

では別路線組については雑感②に続きます。。。。

休日の過ごし方~依頼完了~
ダービーはイスラで決まりでしょうし、ダービーの考察は金曜日にさらっと書く予定です。

相変わらず仕事は忙しいのですが、ようやくメドが立って、使える時間が増えました^^

ずっと手付かずでいたPixiaでフォロワーさんに頼まれていたイラストを仕上げるのに休日を使ったりしています。

そもそもPCにインストールしたフリーソフトのPixiaというツールを使ってマウスで絵を描くので、勝手がいかずなかなか苦戦しましたww

さんぷる

フリーハンドや曲線を駆使して描くのですが、これがなかなか難しいww

少し妥協気味で線画は完成。。。スイマセン、〇〇くんww

さんぷる2

てけとーに、ざっくり塗っていきます♪

何故スク水幼女なのかは、依頼人に聞いてくださいwww

さんぷる3

影を付けていきます^^

色塗りは結構楽しいですね♪

ツールが非常に優秀です、下手糞には安心の設計ww

誤魔化しがききます(爆)

さんぷる4

これで一応完成です^^

目はハイライトを入れなおし、描き直しました^^

もっと上手に描ける様に練習しないとですね!

Pixiaにもようやく、多少ですが慣れてきたので、今後ブログのトップ画やプロフィール画像など描いてみたいなぁと考えています^^

えっと。。。なんのブログだったっけ、このブログwww


それではまたノシ(笑)
2014-2015 POG 指名候補⑤~⑧
6月までに間に合わないですけど、マッタリいきましょう^^

今回はディープインパクト産駒で気になった馬を数頭。

⑤エリモピクシーの12(レッドベルダ)
生年月日 2012年3月7日
調教師 安田隆行(栗東)
馬主 東京HR
生産者 エクセルマネジメント


全兄 サトノルパン
半兄 リディル、クラレント、レッドアリオン

所謂名繁殖牝馬でハズレがないタイプ。

ディープ×ダンシングブレーヴといえば最近ではスマートレイアーなども該当。

ただスマートレイアーはホワイトマズル経由なのでマズルの母父Ela-Mana-MouのFair TrialやDonatello的な部分がディープのBustedを刺激する作用、内回り向きになるのかなぁといった主観。

この配合方向性は間違いないし、エリモシューティングのVaguely Nobleでの底、BuckpasserでテスコボーイのPrincely Gift的な柔らかさを上手く補強している。

当然、持続戦向きにでるだろうし、速い流れでもしっかりと対応し鋭い末脚をみせてくれることだろう。

距離はマイル以下がベストだと思う。

ドラフト1位やハズレ1位などの上位で取るほどの馬ではないが、3~5位くらいで取っておけばしっかりと稼いでくれそうな感はある。

安田厩舎は坂路でしっかり馬を鍛えるし、緒戦や新馬の成績も悪くない。

そういう意味でもNHKマイル辺りを目標に頑張ってほしいところかな。

⑥ディラローシェの2012(マイスフォルテ)
生年月日 2012年2月1日
調教師 戸田博文 (美浦)
馬主 安平
生産者 追分ファーム

半兄フェノーメノ、ディオメデス

あれwwまた戸田厩舎ww

自分の中のディープ牝馬って早いとこ筋肉付けたモン勝ち、成長早いモン勝ちみたいなイメージなんで500kg超級牝馬は問題ナッシング。

デインヒルのHis Majestyに近いところでTudor Minstrelを組み合わせた配合はOK

ただそれを一本で纏めたロックオブジブラタルにAlydarを加えたミッキーアイルと違い牝系に柔らかさが足りない印象は懸念。

ちょっとドボン臭いかもしれないなw

⑦ペニーズフォーチュンの2012
生年月日 2012年4月25日
調教師
馬主
生産者 下河辺牧場

下河辺牧場といえばダッシャーゴーゴー、レッドスパーダ、ダノンシャーク、ブロードストリートなど。

まぁ所謂ディープ×Storm Catな訳だが。。。

牝系にHerbager~Relic~Princely Gift~まぁこの仔も距離伸びてどうかな?といった感じ。

バランスとしては悪くないが、大物感がある配合とまではいかないかなぁ。。。

⑧レディブラッサムの12(ヴィーヴル)

生年月日 2012年4月24日
調教師 安田隆行(栗東)
馬主
生産者 ケイアイファーム

半兄ロードカナロア、ロードバリオス

ディープ×Storm Cat第2弾

レディブラッサムの牝系としての配合って凄く自分好みで。

レディブラッサム


Secretariat=Syrian Sea 4×5

His MajestyやTudor Minstrelを近いところで持ち、大舞台での底力戦において非常に重要だと考えます。

ナスキロのクロスと底、そしてIn Reality的なパワー(War Relic、Man o'War )

ちょっと期待してみたい配合です^^


うーん、ちょっとパンチ不足な印象かな?

誰か良いディープ産駒いたら教えて下さい(笑)

自分の拙い見解ではちょっとこれだ!という馬は見つからなかったかなぁ。。。

見逃しは多分にあると思いますし、重攻会POG掲示板に見に行こうかなっと♪(笑)
平安S回顧
icon_234.png

さーて、反省会のお時間よ♪

また派手に外してくれたわね~

釈明があったら聞いてあげるわよ♪

まぁ中途半端な反論なら論破するからヨロシクぅ

icon_231.png

フン、スタートから首を振って掛かりどおし、向正面でも行きたがって馬の抑えが利かなかったら、末脚など残っているはずもないだろう。

まともに競馬してあの結果なら、理論破綻で回顧のしようもあるだろうが、アレではどうしようもないだろう。

サラ

甘い!甘いわねぇ~そんなことじゃ次も気性難の馬を本命にしかねないわねぇ♪

美味しいお酒が飲めるのは当分先になりそうねぇ

icon_231.png

なんだと?ならその根拠を示してもらいたいものだな。

icon_234.png

あなたのトウショウフリークの考察から、末脚の魅力は理解できる。

だけど、それは前走の上がり3Fの映像を確認しただけにすぎないわね。

トウショウフリークは前走アンタレスSにおいてもかなり行きたがる素振りをみせていたわ。

何故か我慢が利いて、末脚を発揮することが出来た、それは事実。

だけど、同じことが二度通用するかはその気性を判断すればリスキーであるといえないかしら?

本命馬というのは、そのレースで能力を発揮出来る可能性が一番高い馬であると考えて印を打つことが大前提であることは理解すべきよ。

ゆーしす

確かに。。。レース動画の確認が甘かったことは否めんな。

総合的に判断するにあたって本命馬としてリスクはあったことは認めざるをえんという訳か。

icon_227.png

トウショウフリークは本来逃げ馬な訳だが、それが染み付いた古馬。

我慢させるということは、逃げたい意思を押さえ込むということ。

馬と騎手の意思が反しているということになる。

適正や結果はともかく、前回の溜めは馬にとってストレスであったといえるのだろな。

同じことは二度聞けない、前回我慢したのだから、今回は我慢ならんといった見方が出来ないこともないな。

サラ

ま、そゆこと。

結果論かもしれないけど、その点を考慮しているかしていないかの見解も付け加えて欲しいところね。

そのリスクがあれば人気を加味した上で妙味があったのかは微妙ね。

ガイウスは調教と前走からクリノスターオーが評価出来た目線は良かったと言えるわね。

勝馬が無印というのはそのレース見解が本質的に間違っているという証である可能性が高いから。

icon_227.png

まぁ、あの程度は素人目でも好走の可能性を評価できて当然だと思うがな。

別に特筆するほどのことでもないように思うが、こういう目線は常にもっておきたいな。

調教の出来が良いだけで馬は推せんが、能力値を横の比較で判断するにあたって、前走では判断出来ないからな。

それにしても人気が全くなかったのは意外だったが、人気というものもアテにならんな。

逆にヒマラヤオーは案外だったが。

icon_228.png

ヒマラヤオーは完全にヤラズくさいね

騎手も最後流していたかんじだし、積極的に勝ちにいく騎乗には見えなかったな。

レース質次第で条件に戻って見直せると思う。

いかにも休み明けを回ってきたかんじ。

それにしても、グランドシチーの見解含め、わたしは見所なしの見解だったね。。。猛省かな。

まぁこの文章を書いてるのはmussyuだから、わたしはあんまり気にしてないけどさ。

サラ

フィー。

言いたくなる気持ちは分かるけど、メタ発言はやめときなさいねー。

ま、阪神、中山>京都と分かっていて重い印を打った時点でどうかなとは思うけどね。

icon_232.png

予想はアレだったが、人気馬の評価を論理的に下げれたのは良かったんじゃねぇか?

当然、掲示板には入着している訳だから、それでバッサリいかなかったことくらいは自讃しても良いと思うぜ☆

もう少し大振りできるようになれねーと万馬券は遠いがな☆

まぁ4、5着馬は適正レースで見直せるっつーわけだ。

適正外のレースで掲示板にのるんだから能力はあるっつーわけだな。

icon_228.png

それにつけてもソロルはわかんないね。。。

瞬発力が必要だったアンタレスSで凡走

今回は上がり最速

マーチSで傾向をつかんだと思っていたけど、なんなんだろう?すごく不可解

icon_229.png

ラップからの見解ですが。。

2京都1900mラップ

前年程5.5F~6.5Fの弛みがありません。

より瞬発力戦に近かったのは去年。

というよりも、2013年はニホンピロアワーズが逃げ馬をかなり可愛がったといえます。

それにより隊列が縮み、そして追走能力の希薄な後方馬が掲示板内に入着した感はあります。

ラップとしては2012東海Sに類似していますね。

だからどうということは感じませんが、mussyuさんはラップとは別の根拠で何かを感じ取ったようです。

これについては根拠を精査してまた別の機会に好評するそうですね。

icon_231.png

フン、えらく勿体ぶるセリフだが、ようするに今の段階では根拠に浅い証拠ではないか。

また、トンチンカンなことを記事にしないように祈っておくか。

えま

あはは。。。まぁ楽しみにしておきましょう。

icon_234.png

ワイルドフラッパーは配合クオリティもなかなか高い馬だけど、さすがに牡馬混合重賞では今後も勝ちきるとまではいかないでしょうね。

まぁ、考察で名前も挙がっていたし、これについても次回考察する機会があればということでいいかしらね。

まぁ回顧はこんなところでお開きにしましょう。

アンタたち?次は反省を生かして頑張んなさい♪








リィン

今回の俺。。。。まったく蚊帳の外だ。。。。

平安S考察②
icon_223.png

平安S考察①。。。と、言うわけで競馬の予想をレポートするわけになったんだけど、皆の見解を聞きたい。


icon_231.png

実にくだらんな。。。。まぁあの教官の考えそうなことだ。。。

しかし学生のレポート内容が競馬予想など前代未聞だぞ。

全く、貴様のお人好しもあきれ果てて物が言えんな。。

だが、まぁ知恵を貸してやらんこともない。

icon_227.png

なるほどな。。。。リィンはこのレースの狙い馬は決まっているのか?

icon_223.png

サラ教官の見解から考察すると、中盤が弛み上がりが重要だそうだ。

ならナムラビクタージェベルムーサなんかどうだろう?

icon_227.png

そうか、確かに両馬の上がり性能は優れていると言えるだろう。

ただ馬体的に筋骨隆々だな。

いかにもなパワータイプに見えるのだが、京都コースは直線平坦。

このあたりがどう結果に影響するかは興味深いな。

icon_231.png

フン、同感だな。

ナムラビクターはただでさえSS系でも牝系がI pass内包の米血パワー型のゼンノロブロイ産駒。

これにフォーティーナイナーにサドンソー=ノーザンテースト

Tom Rolfe経由のRoman 6×7 パワー漲る血統で阪神>京都だろうな。

ジェベルムーサは豊な底を持っている、G1級の配合であるとも個人的には言える。

こちらはサーゲイロード内包でプリンスキロの血も豊富だ。

単純なキレという意味ではこちらを上位にとってもいいだろう。

休み明けは苦にしないタイプだが、フェアウェルSのパフォーマンスを見る限りやはり叩いてからだろう。

前進は見込めるだろうな。

icon_228.png

でもジェベルムーサはいかにもな前輪駆動型。

走りもピッチそのもの。

中山の捲りはともかく、過去走の東京条件戦、直線のストライドを見れば直ぐ分かると思う。

icon_232.png

まぁお前らが言うことも最もな見解だが、ピッチがストライドを上回るのはよくあること。

お兄さん的にはそれでバッサリってのはリスキーだと思うがな。

能力は抜けているし、レース質も合う。

いくらニホンピロアワーズが過渡期だっても、ナムラは本格化したっぽい感じもするがな。

お前さんたち的に狙えそうな馬はいるのかよ?

icon_231.png

血統からはトウショウフリークを推してみるか。

この馬、逃げてばかりいたが、重賞レースを逃げ切るには如何せん底が足りない印象だ。

トウショウフリーク 牝系

確かにLyphardとチャイナロックのハイインロー、トウショウボーイ経由でのハイペリオンクロス

持続戦向きでもあると言えるのだが、それはあくまでも逃げた場合の話。

全走は控えて新味を出してきた。

上がりこそ36.6と劣るがラスト1Fの伸びは上位入着馬以上の伸びを感じた。

サーゲイロードのキレ、Princely Giftの柔らかさ。

この牝系の配合はエリモピクシー、サトノルパンの牝系の配合などでも同様の仕掛けが施されているように感じるな。

元来京都コースは得意としていた馬だ、坂を上りきってからひと伸びしたようにこのコース変わりは面白い。

去年は逃げて大敗しているが、ここへの布石として全走の脚質チェンジがハマりそうな感じはある。

あとは時計が足りないかもしれないが、クリノヒマラヤオーも面白い。

今トレンドのキングカメハメハ×スペシャルウィーク

クラリティシチーやタガノグランパなどが今年はクラシックを賑わせていたな。

どちらかといえばクラリティシチーに配合は似ているな、勿論クオリティは同馬には劣るが。

icon_228.png

クリノヒマラヤオーは好走の傾向がハッキリしている感じ。

エマ、ラップ分析よろしく。

icon_229.png

はい!

そ、そうですね。。言われてみれば、そのような傾向はあります。

クリノ1
クリノ2
初夢Sは上級戦のラップに息切れした感は否めませんが、持続戦<瞬発力戦向きの傾向は確かにあるかもしれませんね。

問題は休み明けで入着した経験がないこと、あとはユーシスさんも仰っていた時計面ですね。

icon_227.png

休み明けについてだが、調教の動きを見るに問題なさそうだな。

時計を出した時間は早いが、重馬場でこの時計、単走でヨレずにしっかり登板出来ている。

ただ、調教面としては同じクリノでもスターオーの方が良く見えたがな。

同馬も同じようにアルデバランのラップで失速。

全走は大幅馬体減、しかも後手に回った競馬。

何かアクシデントがあったかもしれんし、見直す要素はありそうだな。

icon_223.png

うーん、色々悩みそうだな、実績馬のグランドシチーやナイスミーチュー、ソロル、ワイルドフラッパーなどはどうだ?

icon_228.png

ナイスとシチーの2頭は同じレースに出走することが多いね。

過去走のハンデ差、同出走時の着差、鞍上を考えるとグランドシチーを上位にとる方が無難かも。

岩田Jが引き続き乗るんだし色気はあるんじゃないかな。

ソロルはマーチSのレース質で考察したとおり、内で踏ん張るかもしれないけど、強くは推せないかな。

アンタレスSで上がり性能がないことを露呈しちゃったし。

ワイルドフラッパーは楽にハナか番手に立てるかだね。ダート1900は1コーナーまで長いから枠は気にしなくても良いんじゃないかな。

ただ、中山でジェルムーサに圧倒されているから、牡馬混合重賞でどうかな。。。

今回は同型も多いしね。

あと何気に手があいそうなファイヤーに北村J騎乗も不気味。。。でもまぁ無理筋かな。

icon_231.png

キンカメ×BTはダートのニックスだ。

まぁグランドシチーは血統から底も重賞級として十分。

ただ阪神、中山向きであることは、間違いあるまい。

しかし全走は上がりを確かめただけの騎乗に見えないこともない。

実績馬に名手、注意は必要か。

リィン

。。。。全く絞りきれないじゃないか。。。

icon_232.png

良いか?後輩☆

こういうのはあまり悩むもんじゃないぜ☆

上位人気馬で不安要素がある2頭は良くて対抗まで。

もしくは連下、単穴が妥当だろ。

重賞実績が無い馬は紐。

となると。。。

◎トウショウフリーク
〇ジェベルムーサ
▲グランドシチー
△ナムラビクター


あとは紐でクリノ2騎ってところか?

まぁ好きなように買うと良いぜ♪

おっと俺たちは馬券を買えないんだったなww

まぁ楽しみにしとくぜ☆

リィン

クロウのヤツ絶対買いに行くつもりだ。。。。
2014-2015 POG 指名候補③~④

③サーサルヴァトーレ
生年月日 2012年1月26日
調教師 音無秀孝 (栗東)
馬主 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム

サーサルヴァトーレ

繁殖牝馬としては、まだ結果が出ていないマリアヴァレリア
ですが中距離を素軽いスピード先行し、なかなかの上がりを纏める戦績は
Raise a Native 3 x 4  Royal Charger 5 x 4 ならではという印象。

ハービンジャー産駒の傾向としてサンデー×ミスプロがどういった傾向をしめすのか興味がありますね。

④プリモレガーロ

生年月日 2012年2月22日
調教師 石坂正 (栗東)
馬主 シルク
生産者 ノーザンファーム

プリモレガーロ

クラウンピースはリーチザクラウンを産んだ繁殖牝馬

近年は不受胎が続いていましたので久しぶりの誕生です^^

同スペシャルウィークとの仔にクラウンプリンセスもいます。

こちらは非サンデー系です。

瞬発力は期待出来そうにありませんが、マイル以下の路線で期待したいですね^^

☆ララさん注目馬 マイケイティーズの12

生年月日2012年2月7日
調教師
馬主
生産者 ノーザンファーム

馬体からはララさんの仰るとおり、背中のラインが良く、トモの膨らみ、弾力性のありそうな筋肉にも見えますね。

肩の角度からのストライドに期待と仰っていました^^

マイケイティーズは名馬アドマイヤムーンを送り出した名繁殖牝馬。

プレイなども3歳TRレースでは良く穴をあけていましたね^^

マイケイティーズの12
Native Dancer 系でも亜流のエタン系(シャーペンアップ)

サンデー×Krisといえばネオユニヴァースですね

ということはネオユニヴァースと3/4同血であることがいえるため。。。。

マイケイティーズ≒ネオユニヴァースということになります。

ネオユニヴァースは曲飛をよく伝えるということで、立ち姿からは分かりませんが、このお尻ですし、中山コースでも機動力ある姿がみれるかもしれません。

ハービンジャーはダンシリ系(ディンヒル)なので、同列として、父ロックオブジブラタルのプレイと比較することが出来るかと思います。

ハービンジャー①
ロックオブジブラタル

底については前回記事で考察したようにハービンジャー産駒は十二分に秘めている可能性はあります。

ロックオブジブラタルはBold Lad(IRE) ナスキロ血脈ではないIREではありますが、River Lady経由でこれを補完。

やや先行力あるパワー底補完型であることが言えると思います。

プレイも先行力には定評があり、その粘りはロックオブジブラタルのj配合から一目瞭然です。

ネオユニヴァース産駒のニックスとして、母ポインテッドパスの重厚な欧血をクロスさせ
(Crepello経由Donatello Wild RiskやCourt Martial)且つ機動力がある馬は名馬が多いそうです。

マイケイティーズ≒ネオユニヴァースですから、この配合は面白いのではと、個人的に思います。

ハービンジャーはブラッシングルーム内包であるとはいえ、やや鈍重な印象を受けます。

とはいえCrepello経由でのDonatello、Wild RiskはLe Fabuleux経由で持っています。

仮にマイケイティーズの12が先行出切る脚を使えた場合、これは期待できるのではないでしょうか。
ハービンジャーについて考える
先日ララさんのコメントにもあったので、今回は新種牡馬『ハービンジャー産駒』からピックアップしていきます。

ハービンジャー産駒を考察するにあたって、私などが浅い見解で間違った考察を発信してよいか迷いましたが。。

20130329024831f57.jpg 

新種牡馬の考察はプロも外しまくりだから気にせずやっちゃってください☆

との師匠からのお達しが出たので、臆せずいきます(笑)

ピックアップする前にハービンジャーとはどういう馬だったか知る必要がありますよね。

ハービンジャー

4歳になってから頭角を現したのですね。

ハービンジャーの血統表を見て先ず思うことは。。。

ハービンジャー①

ノーザンダンサー系の血量が圧倒的に多いこと。配合はこれ以外との組み合わせが基本線。

ハービンジャー②

ハービンジャー③

ハービンジャー自身は底としてかなりクオリティの高い配合かなと。

赤枠で囲んだ

His Majesty 底型リボー(Flower Bowl=Hyperion×Son-in-Law)

Blushing Groom  内包(Tudor Minstrel=Hyperion×Son-in-Law)

Lyphard=Hyperion×Son-in-Law

Aureole≒Flower Bowl


黄色枠で囲んだ
Le FabuleuxとBlushing Groomが内包しているワイルドリスクのクロスも持ちます。

底としては十二分、距離の幅もドナテロ経由から問題なし。

やや晩成化は必然といった感じで、牝系には仕上がり早い米血が濃くかなり軽めの血統が合いそうですね。

とくにサンデーサイレンス×ミスプロの肌と合わせた馬に注目してきたい。

ハービンジャー自身がサーゲイロードを内包しているので、この強化を強調させたSS系

やや硬めの配合からミスプロ系(Raise a Native)の血、とくに柔らかいNasrullahの血があるミスプロには注目してみたい。

以上の見解から、青本よりピックアップした馬は

サーサルヴァトーレ、プリモレガーロの2頭をいまのところ注目しています。

次回はこの2頭とララさんのマイケイティーズの12の考察をしてみたいと思います。
平安S考察①
icon_234.png

今週の御題は『平安S』ね♪

京都1900mはOP以上の施行が少なく、やや特殊な傾向があるわね。

データは過去10年の京都1900mOP、重賞から検索。
脚質 PCI

上がりが重要なレース質で、中団からの差し馬に注意が必要。

PCI値が大きめの馬の入着確立が高いわね。

1900上がり3F差()

勝馬は基本的に先行馬中心で考えることが必要だけど、穴をあけるなら差し馬かしら。

斤量(京都1900)

体重比が有利な瞬発力ある差し馬なんて狙い目かもしれないわね。

icon_223.png

なるほど。。。

サラ教官、京都ダート1800mは逃げ、先行圧倒的有利なのに、100m違うだけでなぜこのような傾向が?

icon_234.png


京都1900mはスタート地点から1コーナーまで100m距離を伸ばしただけのコース。

京都競馬場

京都断面図


故にテンは多少速くなり、1コーナーのバンク角度からペースは落ち着くのよ。

向う正面の3mの起伏から必然的に中盤は弛むことが多いわ。

3、4コーナーは緩やかなつくりで、ラップを遮る要因になりにくいのでここから加速する傾向

ラップ5.5~8.5Fの区間が加速する物理的要因があるの。

中盤の弛みは3.5F~5.5F区間は坂の影響によるもの。

以上の理由により、上がり性能が必要なレース形態といえることから前途したデータが出ているのではないかしら。

京都1900ラップ

例外は2014年アルデバランS

3.5Fから12秒台が連続、京都1900mにしては珍しい底力戦となっているわ。

こういうレース質で好走している馬は今回の条件には向かないんじゃないかしら。

あくまでも傾向的にはということだけどね♪


以上の考察を基順に注目馬を探してみて頂戴♪

icon_223.png

は、はい!

しかし教官。。。我々は未成年なので馬券は購入できないのですが。。。

サラ

あ、いーのいーの、君達が選んだ馬から適当にアタシが買っとくから。

週末が楽しみだわ~♪良いお酒プレゼントしてよね~♪

リィン

。。。やはりそれが目的か。。。。
自己嫌悪的な日々
最近何も考えることが出来なくなってしまっている自分に気付き、心底愛想がつきました。

何も発信出来ない、考察出来ない。

もともと何も考えていなかったのかもしれませんね。

ただの負け組で終わらないためにも、努力はしなければならないのでしょうが。

もう一度原点に返って、出来ることをひとつづつやっていくしかありませんね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。