砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎記念結論
川崎は。。。面子がもうねw

ラス1加速ラップがデフォでコーナーの形状から起きる原因。

ホッコータルマエが前掃除して重力差し馬狙うとしても位置取りがキモ。

カキツバタロイヤルの③着雪崩れ込みも無理ゲー臭い。

ユタカさんはたまにスマートファルコンと馬を勘違いして鬼ペースで逃げるので、それを期待して

③→⑤の馬単500円

だけ払って観戦レースにします^^

ラス1加速でムスカテールが僅差の2着

良いサンプルが取れましたね~(  ̄▽ ̄)

タルマエはフェブラリーSでトンでもらいましょう。
スポンサーサイト
根岸S考察バトンリレー②
それでは引き続きバトン②ですな

根岸S考察②

東京コースはその直線の長さとスタートからコーナーまで平坦

物理的に加速する要因が少なく平均ペースで流れることが多い印象です。

そして高速コーナーと言われる程の作りから逃げ馬はペースダウンを要求されにくい作りになっており息が入りにくいともいえますね。

但し、それは隊列縮みにくいことの要因にもなる。

低級条件クラスで逃げ先行が圧倒的有利なのも頷ける話ではあります(瞬発力がある馬は芝レースを使う)

よって先行馬ならば持続的スピード血統馬+持続的末脚補完血統内包

差し追い込みならば、一定のスピード値+パワー系の上がり性能を重視する必要があります。

OPクラスや上級戦とは分けて考えるのがベターという認識を私は持っています。

さて、見解はこの辺にしておきましょうか。

☆Mタキ氏見解

①08~09年は重・不良馬場だったので良馬場だった過去5回のラップデータ

基本前傾ラップですが去年は前後半差がない。そしてここ3年は上りが速く瞬発戦になってる模様。
それを示すのが過去3年、上り1位の馬が優勝してるというデータw
シルクフォーチュンにメイショウマシュウと2年連続で追い込み馬が差し切ってる。
それより前の年でも上り2位が勝っており上りの速い馬が優勢なのか?


☆根岸S過去5年

根岸S

ここ3年はPCI3を見ても分かるとおりミドルペースということが分かります。

RPCIとしてハイペース気味になっているのは10年と09年ということが分かります。

興味深い点はどちらのペースにおいても3F差が1秒近い馬の上がり1位or2位の馬が入着しているということでしょうか。

よって根岸Sのレース質において、上がり性能を最重視することが重要という見解より現状シルクフォーチューンを私が本命視している根拠になります。

②平均ラップと似たパターン

☆同様の理由によりアドマイヤロイヤルも有力であると言えます。

襷Sでは馬場指数は-1
ペルセウスSは-13

しかしゴールスキーは武蔵野Sでも上がり最速だったことから、重良問わず上がり性能としてはあることが言えます。

芝スタートによる出負けがあったことから、ダートスタートの方が位置取りとしては流れに乗れるかもしれませんね。

襷Sでは4~5Fにかけて加速が発生していないことから、直線に入って暫く持ったままで仕掛けが遅いということが言えます。
東京は直線が長いので追い出しのタイミングを遅らせることはよくありますよね。

そういう意味ではエアウルフは展開の恩恵を受けた、アドマイヤサガス騎乗の四位騎手は良いポジションで競馬したといえるでしょう。

この流れで前を捉えるアドマイヤロイヤルの能力の高さだけが際立ったレースであったことがいえます。

ペルセウスSではキズマが楽に先行、直線も持ったままで2着を確保。
キズマの後の戦績から楽に行ける手合わせであったこと、且つミドルにならなければOPでは厳しい戦いが続くでしょう。

湿った馬場が向いたとはいえゴールスキーの決め手は素晴らしく。前途した馬場からの上がりを考えても、ゴールスキーは湿った馬場の方が良いことはもう既出でしょう。

適正値は両馬ともあると考えますので、調教から評価差を付けるのがベターではないでしょうか?

③平均ラップよりラスト1ハロンが遅いパターン

フジキセキ産駒の2頭はその血統傾向のまさにそれで、東京コースの決め手勝負では分が悪い。
過去5年全開催における東京D1300m~1600m戦において産駒は7位2(8-25-31-268/352)という優秀な成績を収めていますが。。。
OP特別、重賞に条件を絞るとシェアは22位まで落ち込みます。(1-0-3-22/26)

但しブライトラインはレイズアネイティブクロス持ちで重賞勝ち経験がある。
JCDでは距離、決め手の差で敗れてしまったことよりも騎乗自体が気になります。

多分勝ちにいっていないんじゃないかなぁ。。。

内枠先頭から道中二、三番手の競馬が理想ですが、決め手は持ち合わせていないことと短縮ローテが気掛かりではありますね。
どちらにせよ人気必須なので嫌いたい要素は多々あります。


アドマイヤサガスは右回り、そして直線短いコースで瞬発力戦向きです。でも決め手はありません。
バトン①でも書きましたがエニフSにおいてキレ負けしているノーザンリバーも案外だったといえます。

エーシントップにおいてはウォータールルドやサクラシャイニーなどが入着していることから、ミドルの持続戦、隊列重視のレースであったことがいえるでしょう。
メンバーも楽で、重賞に繋がるレースレベルは感じません。

④前半ペースが速く上りがかかってるパターン

基本ハイペース戦で入着した差し馬はミドル以下で割引が必要だと前開催でいい加減学びましたww
ということは、なぜシルクフォーチュンを中心視したいか分かると思います。

カペラSはタキオンさんの脳で考えてください(笑)

手前味噌ですが、カペラSの考察と回顧を御覧頂ければ♪

カペラS

考察②

回顧


こんなところでしょうか?

ではバトンをMタキ氏にお返ししまーすノシ
根岸S考察バトンリレー①
さて、早速Mタキ氏が素晴らしい考察をなさっています。

根岸S①

要点をまとめて自分なりに回答していきます

①良馬場の過去4年では父の父は全て米国血統というのは最重要要素
☆良馬場パワーダート(冬場は乾燥したダートで時計が掛かる傾向→スピード<パワーの図式)

東京D1300m-1600m厳冬期(1、2月)過去5年種牡馬成績
東京D1月2月1300m-1600m


②他で目立つのはこちらもダートで強さを発揮しそうなボールドルーラー系、スタミナや底力の影響なのかニジンスキー持ちも好走馬が目立ちます。

☆ボールドルーラー系とは持続力あるスピード血統
よって1ターン、高速コーナーの東京Dとは相性良く、スピードに乗ることが好走条件のひとつであるといえる。

ニジンスキー内包は所謂直線の長さによる持続的末脚能力の補完といえるのではないだろうか。
特に厳冬期のダートは持続的末脚が必要な東京コースには適正がマッチするといえる。
ただ、、瞬発力としては皆無な血統である点は注意が必要。
よってSS系など瞬発特化型のような馬の補完として母系にある方が望ましいといえる。

③Mタキ氏ピックアップ馬
エーシントップ
(父父ストームキャット【米】、母父ミスプロ系、ボールドルーラー&ネイティヴサンサー&プリンスキロ&ニジンスキー内包)

☆父系ストームキャットらしく瞬発力能力は皆無、ミスプロクロスによるパワー×スピード
ボルキロクロスということで柔らかさ補完による芝適正も血統的には持続力に偏っている。
ダンチヒ内包馬であり小回り時計掛かる芝、ペースは一貫性が望ましい。
東京Dは適正高く、霜月Sでその能力を見抜けなかった自分はまだまだ。(◎ルルドだった)

古馬になって芝戦線において頭打ちするのは必然であり、ダート転向は正解
ただハイペース戦に弱さを露呈している点は気掛かり。
内枠でスピードに乗れるかが鍵。


テスタマッタ
(父タピット≪父父プルピット【米】≫、ミスプロ&セクレタリアト&ニジンスキー内包)

☆この馬については皆さん良く知っているだろうから割愛。
掛かり癖のある馬なので騎手は選ぶ。

シルクフォーチュン
(父ゴールドアリュール、プリンスキロ&ニジンスキー&ボールドルーラー&ネイティヴダンサー内包)

☆現状本命予定、理由については後述

ノーザンリバー
(父アグネスタキオン、母父ミスプロ系、ボールドルーラー&ネイティヴダンサー内包)

☆血統は素晴らしく、東京コースも合うようには思う。
ただ、エニフS、ペルセウスS共に瞬発力戦においてキレ負けしている点が微妙。
決め手不足なのか、一瞬のキレが生きるコースが良いかもしれない。
そういう意味では前走のような競馬が理想。
後方から一閃するイメージはない。

ティアップワイルド
(父ワイルドラッシュ、母父ミスプロ系、ネイティヴダンサー内包)
☆個人的には切り。 

除外対象
ワイドバッハ
(父アジュディケーティング≪父父ダンジグ【米】≫、母父ミスプロ系、ボールドルーラー&ネイティヴダンサー&プリンスキロ&ニジンスキー内包)
☆アジュディケーティングといえば地方でおなじみの血統、自分は血統にはさほど詳しくないので、ここで中途半端な見解を戦績から後付したくないので考察はしません。

単純に戦績から上がりのキレは抜群で、とくにミドルの上がり勝負が向きます。
阪神コースで上がり最速をたたき出しているのも魅力。
血統的にはボルキロ×ND3*4*5ということで持続的末脚にも期待出来そうでこれからが楽しみな馬でもありますね^^

庄野厩舎といえばダイシンオレンジ、サマーウインド以降パッとしない印象ですので、厩舎一番馬になる可能性を秘めた馬の今後の成績に注目です。

ではバトン②に続く♪笑
無能の証明
親愛なるひろし氏が成績公開していたので、自分の無能っぷりを曝しておこう。

というナイトメア好きの超Mっぷりを発揮する記事www

いや、女の子は責めるの好きなんだからね!受身じゃないんだからね!でもたまには(ry

成績

ありぇ?2012年は89くいらいあったのになぁwwww

えらい競馬に時間費やしたのに成績下降しすぎワロタww

まぁこれは自分がよく分かっています。

下手なロジックがたまたま決まったからといって無駄なレバ上げ→撃沈の繰り返し。

成績2


今年は前年の敗北を生かして、自分の身の丈のあった資金配分で、得意とするレースを作るためにシッカリ分析すること。

そして時間は有限であることから、自分の生活スタイルに合わせて時短的効率を加味した上でのロジック作成→アプローチを繰り返していきたいと考えています。


まずは85%を目標に、がんばりたいところですね^^


皆さん、私の無能っぷりがよく分かりました?


そんな私の予想をみてもしょうがないですよ?といっておきます^^

でも、いつかシッカリ勝てるようになるために、出来る限りのことはしていく。

そう決心した2014年

2月も東京分析がんばるぞっ!
自分用次開催へ向けた回顧(短距離D)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

業務連絡
さて、週末は根岸S

せっかくリンクを貼らしてもらっているブロともの方に、重攻会時代からの縁が深くいつもお世話になっていたMタキオン氏

Mタキオンのくぅ~データ(・∀・)

独自データで重攻時代はいつも各議長の参謀役として活躍された方です。

そのMタキ氏と兼ねてから温めていたイベントを根岸Sで行いたいと思います^^

題して。。。。

Mタキオンのジャリッとした珈琲飲んで、くぅ~データ予想(・∀・)feat.砂喫茶(仮)wwww


お題は根岸S攻略

1.まずはMタキ厳選データでふるいにかけられた競争馬5頭をピックアップ

2.その5頭を私の考察で分析

3.お互いの◎ー◎でワイド

4.(゚Д゚)ウマー

以上ですwww

まぁ3複派のMタキ氏ですから買い目はおまかせしますので、上記は例として挙げておきます^^



という訳でタキオンさん宜しくお願いしますノシ
今日の回顧
中京ヒラバは今日は駄目でしたね。

負け惜しみではないですが、抽出判定が甘いだけで、もっと精査していれば的中出来た手応えは感じた2日間でした。

まだまだ練度が足りませんが、未熟なりに頑張っていきたいと思います。


今週末は我が競馬の師≪しっちぃ☆≫さんの紹介分もあり、たくさんの方にご来店頂き恐縮しております。

東海Sの結果を出せず残念でしたが、敗因はハッキリしています。

ですが無印の馬に勝たれた訳ではないので自分の予想に悲観はしていません。
自分は馬連680円に賭けれなかった。ただそれだけのコト。

しかし東京大賞典の結果に物足りなさを感じたことは事実であった。
その評価を覆す追い切り評価をしなければなりませんでしたね。
まぁ今の自分では3は買えません。


19.jpg
18.jpg

グランドシチー◎はかなり自信はありました。
しかし相手抽出がお粗末な内容では。


やはりイメージに尽きます。

抽象的な見解になりますが、自分はイメージ。

感覚的なことなので文面には表せませんね。

また、頑張ります。

~追記~
ひろしさん、完全的中おめでとうございます♪

あちき(私)は猛烈に悔しいwwww

つーかアワーズ外してワイド狙うの何度目だ俺wwwww

くそう、ひろ氏よ。川崎はトウショウ×タルマエで良いな?良いのだな?

馬連で200円付いたら買います(爆)
日曜競馬
回顧より
簡単な回顧

ヒラボクダッシュ

15.jpg

複勝180円

ハッピーヤングマン

16.jpg

複勝310円

7Rワキノブレイブは抽出条件クリアも連闘でパス

ネロディアマンテも抽出条件クリア&混合→牝特だったので買えばよかったなぁ。。。

まぁたまたまかもしれませんがこの条件で引き続き狙っていきましょう。

栗東坂でなくても美浦W加速ラップや栗東CW加速ラップでも良いかもしれませんね^^


明日は馬場次第ですが、一応注目馬を数頭


中京3R スリーネイチャー

中京12R モズベラベラ

馬場と傾向次第では、京都12Rシゲルケンシンも買ってみたいと思っています。


勝負Rの中山6Rがスローでハズレだったので、微妙な1日でした。。。
17.jpg

 


東海S予想
週中の考察で挙げた2頭

シリウスSでの斤量

グランドシチー58.5kg
ケイアイレオーネ53kg

阪神D2000mは瞬発力戦が求められるレース質

よって5.5kg差の影響がありながら0.2差の3着

両馬の評価差はもはや語る必要も無く。


グランシチーの調教はかなり負荷が高い。

前年東海Sでもヤリ調教だったが、近走で一番良い動きをしている。

頑なに拘っていた津村騎手からの乗り変わり。

同馬の目標はフェブラリーSではなく、間違いなくココ。

ならば外しても悔いはない。


印は◎グランドシチー

オッズ次第では単、複本線

相手候補は馬場が渋れば左回り堅実、調教は動かない馬だが、臨戦仮定としては前年よりも良い。

福永が中京入りならば、当然色気はあるだろう、ソリタリーキング

馬場が渋るならば同ベクトルの重馬場巧者ヴァンヌーボーもここで狙う

回復速く、それほど渋らないならば週中挙げたケイアイレオーネ、ナムラタイタンを上位に


ニホンピロアワーズが勝っても問題ないように馬券はワイドにしておこう(笑)


続きを読む
東海S注目馬
週末は記事が書ける時間もなさそうなので、ある程度駆け足で考察を続ける。

トウショウフリークが回避ということで、サトノプリンシパルがペースを握ることになるだろうか。

余談だが、トウショウフリークのデキはかなり良いだろう。

ホッコータルマエの可愛がり方次第では川崎2100mなら複勝圏内は大いに期待できそうに思う。

それはさておき東海Sだが。

まず中京ダート1800mにおいて改装された2012年以降の成績として、関西圏における出走頭数の差はあるが。

美浦 18-29-29-484/560

栗東 102-91-91-912/1196

単純に倍の頭数ではあるが、連対率&複勝率において倍の数字を上げている点は無視出来ないという考えを持っている。

美浦の馬を狙う場合はそれなりの適正根拠が必要になるだろう。


それに中京コースの特徴とサトノプリンシパルのペース傾向を加味した上での現状の注目馬を上げておく。

グランドシチー
ケイアイレオーネ

やはりペースと直線の坂の影響からのラップ傾向

そして現状のタフさとパワーを併せ求められるコース適正値から上記2頭がピタッとハマル感じはする。

ケイアイレオーネは前走みやこのスピード競馬において全く適正外のレースだと判断
本来坂、そして瞬発力あるが、ヘネシー経由のNDクロスにパワー型Raise a Native クロスの末脚特化型

ジリ脚タイプでコーナースピードが求められ且つ隊列重視の平坦コースは向かない。
捲くってペースを上げるが、一瞬の詰め脚スピードは遅く、前が止まる物理的要因の手助けが欲しい。

意外にストライドは大きい方なので東京や中京など、直線は長い方が良いだろう。

グランドシチーは前走JCDにおいて、先行馬楽なペースにおいてのコーナー通過順位からの詰め脚は評価に値する。

デキも下降線には見えない。
左回りの不安はあるが、ここは面子も楽だろうから軽視は出来ない。

そして、なんと外人騎手に乗り変わり。
陣営の英断に期待せずにはいられない。

あとはデキ良さそうなナムラタイタン

同馬は元々短距離ね活躍していた馬だけに、中距離レースならば良い位置取りで競馬が出来る。

加齢とともに適正が変化しているので紐にいれておいて損はなさそうだ。


グレープブランデーは調教時計は良いが、まだ頭が高いし、動きが物足りない。

ニホンピロアワーズは前走ペースから勝ちにいって完敗しているようではまだまだ。
(もともとJCDのラップからの通過順位に対する評価は低い)

G1馬両馬ともピークアウトした感は否めない印象ではある。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。