砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばるS
もう寝る時間なので手短に

個人的な狙いとして、短距離の短縮馬は流れに乗れるか、末脚値はあるのか。
この2点
あとは前走不可解な負けかたをした馬を買うこと。


では注目馬を

ワンダーコロアール

前走がイミフ
昨年はタガノトネールにも勝っとるしな、流れに乗れれば。

フィールザスマート

正直近走は案外の競馬が続いている、以前とは別馬のよう。
末脚も鳴りを潜めて、評価すべき馬ではないかもしれない。
だがまぁ今回は相手も楽だ、最後だと思って買ってみる。
騎手は誰ですかこわい。


レッドアルヴィス

この馬も流れに乗れるかどうかの1点。
ようは末脚値が足りない仔。
ただHペースを4角先頭で勝てる馬でもない。
それでも横比的にはニシケンモノノフよりは上と見ている。

グレイスフルリープ

ゴウパク、以上
この馬は少々のHペースなら前受けできる馬。
ニシケンモノノフも倒しとるバイ、どげんして1人気じゃなかとか。
ただ阪神>京都だと思うし成績もそんな感じなのでその変は割引


オールブラックス

前走は展開向いたが4着
今回ハンデは楽、だが先行して押し切れるほど強い馬ではない。
ただ、問題なのは変態戦士アグネスデジタルの仔。
D不良1-1-0-0はやはり変態の血を引いているだけのことはある。


ナリタスーパーワン

前走も買ったんだけど惜しくも4着
上がり3Fがレッドアルヴィスと差無しでは正直微妙ではあるが、もう少し流れに乗って競馬も出来る馬
坂の無い京都はベストだろうし、展開が前掛かりなら期待しても。
ウォーエンブレム産駒は重不良に強く、同馬も重1-1-0-0 不0-1-0-0と例外ではない。
時計決着でも大丈夫。

フィールザスマートを騎手で切ったとしても5頭。
レッドアルヴィスはトップハンデだが、この馬も大型馬でジリ脚なのでハンデはあまり気にしない。


印は


◎レッドアルヴィス
○オールブラックス
▲ナリタスーパーワン
△ワンダーコロアール
△グレイスフルリープ
×フィールザスマート
スポンサーサイト
コーラルS考察
どうも自分の芝重賞考察は需要がないらしい笑
のでリクエストにお答えしてコーラルSの考察。。。といきたいところだが。

最近思うことなのだが、ダート戦上級クラスで、かなり先行馬が揃ってハイペース想定でも、そのまま先行決着~というレースが多いように思う。

思うに差し馬の末脚値が低いor先行馬が人気どおり好走してしまう、といったことから結局配当期待値の低いレースになってきているのかもしれない。

しかしその先行馬でも数頭いればそこに妙味が生まれる可能性はあるし、穴なら先行馬という図式が成り立つのかもしれない。
明日も稍重程度に湿りが残るだろうし、それを考慮して注目馬を数頭ほど。

グレイスフルリープ

この馬は随分前にも書いたが、阪神>京都で、持続戦に強い。
よって先行馬が激化しても評価してよい馬ではあるが、決め手に欠けるので単勝では買いにくい。
相手までといった感じ。
中距離OP馬相手にそこそこやれているので無理に嫌う必要はなさそう。

サンライズブレッド

大穴中の大穴だが、ネオザウィナーが前走OPでも掲示板あたりに来ているのだから、鞍上幸というのもあって3複の紐にでも忍ばせていれば面白いかも。
血統的にはステゴ×シアトルスルーで時計速い馬場でこそという感じ。

エーシンビートロン

走っても走っても人気薄という不思議なお馬さん。
BT産駒なので叩き量化型、パワー系で阪神>京都
トップハンデで嫌われているのかな?
確かに昨年の栗東Sでのハンデ差を考えればグレイス>ビートロンという評価は頷けるかも。

ニシケンモノノフ

前走は文句ない勝ちっぷり、今回定量の57kgでどうかなといったところ。
前走ペースで先行して押し切ったことは評価すべきだが、コーリンベリーに完敗しているのでそのあたりだけだろう。

ロングロウ

クロフネ産駒らしく距離は短めの方が良いかもと思い、大和Sでも狙ったのだが惜しい競馬だった。
どちらかといえば京都で買いたい印象だが、湿ったダートは強いクロフネ産駒なので少し期待してみたい。

スズカセクレターボ

こちらも穴中の穴、叩き2戦目は全て馬券内だし、襷Sくらい走れば3着あるかも?

コーリンベリー

暮れのファイナルSはちょっとスロー過ぎて展開が向いた感はある。
前走は出遅れで競馬をしていないわりにコパノリッキーから0.5差なので人気も仕方ないのかなといった感じ。

エアウルフ

前走はインから2枚腰、よく抜け出してきたなといった感じ。
今回は前を見ながら運べそうだし、4角でスムーズに競馬が出来そうに思う。


そろそろダート勢力図も入れ替わって良さそうな感じで、ファイナルSはスローのわりに時計もわりと優秀。
4歳馬2頭のどっちかこけてもらわないと配当的に厳しい。
メイショウボーラー産駒はなぜか明け2戦目の回収率と連対率がものすごく下がるので鞍上込みで評価下げるならニシケンモノノフのほうか。
でも前走の走破時計、勝ち方は鮮やかなので、ラップ的や能力的に評価を下げる根拠は無い。
エーシンビートロンとグレイスフルリープのハンデ差やエアウルフの枠を考慮しても本命にするまではいかず。
穴馬の2頭も無理筋な感も否めない。

◎コーリンベリー→1着
○エアウルフ→3着
▲グレイスフルリープ→8着
△ニシケンモノノフ→2着
△エーシンビートロン→9着
☆ロングロウ→12着
×サンライズブレッド→4着、スズカセクレターボ→5着

☆×を全て切って◎から3連複6点かフォーメーションで3列目に入れるかといったところかな。
(個人的には大和Sの着差からロングロウに2㍉くらい期待してる、ローブデソワは1枠なので嫌ってみた)

183.png

やはり堅かったwww
サンライズブレッドは美味しいオッズだったんですけどねー

ロングロウは全然ダメで、やはり大和Sは京都重馬場のわりに時計が遅い。
この辺は今後穴を狙う上でも注意しておきたいところ。

ボーラー産駒の2走目とかいう根拠に乏しいデータよりも、ニシケンモノノフが力を付けていたという結果でしょう。
エアウルフはちょっとズブくなっていましたが、なんとか3着確保といったところ。
4歳馬と2頭との力関係がハッキリしてきましたね^^

馬券的には2列目にニシケンモノノフ、エアウルフにして3列目に流せばよかったかなぁと反省。
1頭はこける可能性は0ではないので、穴を狙う姿勢はやはり持っておきたい。

個人的にコーリンベリーに◎を打てた点は、昨年から少し成長できたかなと思います。
エニフS
さて、メインも書いておきます。

阪神D1400、上がり値に期待を持てる馬、ペースはミドルよりやや速い程度を想定して。

注目馬主観

ワイドバッハ 2着

時計負けするレースが続いてきたが、今年に入ってから展開向かなくてもしっかり差せるようになってきた。
個人的には東京がベストだと思っているが、ラス1F失速の阪神でも狙えると思っている。
現状のOPクラスのメンバーではプロキオン組は強く、キョウエイアシュラも結果を出した。
差しの決まりにくい中京でも上がりは最速。
ここは迷わず本命。

タイセイスティング 5着

距離短縮組、血統的にゴルア×マルゼンスキーのニックス、母父フォーティーナイナーということで短縮は合うだろう。
トムロルフ、バックパサーと阪神の力いるダートでもこなせると思う。
もう少し人気が落ち着いてほしいところ。

ポアゾンブラック 1着

父マイネルラヴはSeeking the Gold(ミスプロ、バックパサー)にリィフォー(Lyphard 、Tudor Minstrel)と底がタップリの持続向き、まぁスプリンターズS3秒近い失速ラップを上がり2位で勝ってるのだから、さもありなんといった感じで。
同馬はSecretariatにシアトルスルーのクロスとダートの1200~1400がベストだと思う。
問題は上がり性能と時計で、夏の高速芝が合わないなら秋競馬の時計速いダートはどうなのかといったところ。
ダートの性質上、前の馬を買っておきたいという人なら、人気はなさそうなので、穴に一考の余地あるか。
馬場は良馬場希望、果敢に先行してハイペースを演出させたいところ。

ナリタスーパーワン 3着

OPクラスでも、もうひと推し足りない印象で、天王山Sで前を射程権に入れるも捉えるまでとはいかず。
ラップ的にも前が失速して差が縮まったと捉えるのが妥当か。
人気するタイプの馬なのであまり妙味はなさそうに思う。

キズマ 8着

Discreet Cat産駒のエアハリファと違う点はPrivate AccountによるSwapsのクロスがないこととHis Majestyのクロスもないということ。
(エアハリファはPrivate Account 3×4クロス、His Majesty=Graustark5×5)
ということは持続戦で底が足りないという血統根拠。
もともと鉄砲は走るタイプで、新潟では前半流れたが、完全前有利のコース形態、フォルリ、アリダー内包で小回りも器用に立ち回れるタイプだが、本質的にはニジンスキーのクロスで短距離馬にありがちな胴が短いタイプではなく、東京向きかなといった印象。
揉まれ弱いタイプなので外枠は歓迎、前走は控えて新味を出したが今回は果たして。
元来上がり値に期待の持てる馬ではないことも付け加えておく。


以上より
◎ワイドバッハ 2着
〇タイセイスティング 5着



人気的に妙味無さそうな2頭でサーセンw


ハズレ()

73.jpg
74.jpg



どんでん

(mussyuは)やってしまいましたなぁ。。。。

これは大変なことやと思うよ


考察は完璧だったと思います、が自分の血統考察を信じ切れなかった。
しっかりと印を打っていれば楽に的中出来たレース。
これは猛省です。

ラップはハイペースからのラスト大きく失速するラップ
血統考察からキズマ軽視は証明出来た。
そしてポアゾンブラックの好走条件に適合したレース質であったこと。
自分を信じて馬券を買うこと、なぜこれが出来ないのかは自分の予想に自信がない証明である。

もっと自分に自信を持ってアプローチしなければ。

タイセイはテンに追い倒しで上位2頭に付いていくのが精一杯だったわりに最後まで頑張りました。
距離短縮は悪くなかったように思いますのでこの印には後悔していませんけどね^^

ちゃんと考察した馬には印をつけないとダメよ~ダメダメ♪(笑)
NST賞予想
時間もないので雑感からのレース質からの予想となります、各馬主観的な見解を記載しておきます。

1.シセイオウジ

芝スタートではテンに遅れる感じ。東京1400ダ使ってくるのを待ちましょう。

2.メイショウノーベル

ハイペースにはめっぽう強いが、前走で壁にぶち当たった感じ。
陽春ステークスよりもメンバーは揃った感があるのでどうか。

3.アスコットシチー
前走はやや流れたレースを逃げて完勝。
さぁ、ゴーンウエスト系OPで底を見せるかに注目
馬券的には消しの方向で。

4.フィールドシャイン

適性は認めても、最終追いが函館Wってどうなの?
なぜか買いが凄く入っている印象なのですが、この臨戦仮定は疑問。

5.サウンドリアーナ
元来ハイペースに強いタイプではなく、3歳時は上がりで圧倒したが、その後古馬相手に凡走、船橋距離延長で凡走と、少し底が見えた感がある。
人気先行馬のイメージだけに、今回も推し要素は少ない。


6.ダッシャーワン
昨年は惜しくも4着、だが前年より馬は強くなっているのでここも期待できるのでは。
安田厩舎は鉄砲でも仕上げの抜かりはないイメージで、ハイペースになれば脚質的に軸向きだと思う。

7.キョウエイアシュラ

ダート変わりで即適性を見せ、2戦目は強気に勝ちにいったグレイスフルリープを圧倒。
プロキオンSでも重賞面子を相手に0.4差ならば及第点では。
血統的には力のいる馬場が向きそうだが、元々芝で走っていた馬なので、ある程度の時計なら対応出来そう。
相変わらず時計の速い新潟Dだが、メンバーは前走よりも楽。
ハイペースも歓迎のクチだろう。

8.トーホウチェイサー
新潟適性も高く、ハイペースも歓迎なのだが、如何せんズブくなってきている印象はある。
調教もマズマズだが故障明けということで騎手配置も微妙、前年より臨戦仮定は芳しくないと見る。

9.キクノストーム
終いは確実でもOPなら時計が少し足りない印象は否めない。

10.カラダレジェンド
前走を見る限りダート適性があるとは思えない。

11.デュアルスウォード
芝では時計負けしてきたが、終いは確実、関西遠征でもOP相手に入着経験もあるし面白いのでは。
芝の経験を生かして1列程前目で競馬が出来れば。

12.ケイアイアストン
ダート変わりだがOPで未経験は基本買えない。
さしあたって狙う要素は見当たらない。

13.ドレッドノート
休養明けだが調教はかなり動いている。
2週連続好時計、状態は良さそう。
あとは能力が足りるかなのだが、芝スタート時は行き脚がつく方なのでこの人気なら紐に入れておけば、見せ場はあるかもしれない。

14.キズマ
血統的には底あってしかるべき馬なのだが、如何せんハイペースに脆い。
隣に主張したがる馬もいるし、逃げてナンボの馬。
あえて推す理由は見当たらないが枠は良い。

15、ケビンドゥ
枠は絶好、しかしハイペースに脆い。
血統的にも底は感じられず、ペース次第という印象。


印は雑感から想定

◎キョウウエイアシュラ 4着
〇デュアルスウォード 13着
▲ダッシャーワン    1着
△ドレッドノート     9着

このメンバーだとハイペースはありえないぜ!という人は外枠2頭でも良いかもしれませんねww

うーん、新潟Dの標準的なラップ推移でしたね。
もう少し馬場傾向を読んで予想しなければいけませんでしたね。

キズマは番手で楽に追走出来たのは収穫ではないでしょうか。

また頑張りましょう♪
NST賞雑感①
新潟ダートコースといえば絶対的先行有利

この基本路線を曲げるつもりはないのだが、こと上級戦の短距離戦に関しては少し違う傾向にあるように思う。

NST賞

前半やや弛んだ2010年こそ先行馬3頭で決着しているが、それ以外はまるで中山D1200のようなデザインである。

少し気になったので調べてみた。

☆新潟D1200m 1600万下~OP 過去10年

新潟1200特徴①

基本的に30台のレースが多い。ハイペース傾向である。

新潟1200特長②

芝スタートなこともあるだろうが、8枠の好走率が高い(3枠も良い)

枠順による脚質も見ておこう

新潟1200枠①

8枠はほぼ先行馬であることが分かる

イメージ的には2、3番手から並んで直線~抜け出しかな
70.jpg

枠順については、今後個人的にクラス関係なく掘り下げてみたいと思う。


新潟1200枠②

3枠も逃げ、先行なのだが、差し馬の入着率はこちらの方が高いということが分かる

新潟1200特徴③

全体で見ると、やはり先行優勢なのだが、差しが決まらないということもないようだ。

追い込みは買えないが、中団の馬の出番も十分にあるように思う。

新潟1200特徴④

意外にに勝率は4角3番手~の馬が多い。
10番手までなら十分にチャンスがあるとうことがデータ上ではそう記している。

新潟1200特徴⑤

とはいえ、上3F差は0.5差以内が望ましい。
しかし、1秒差程度なら3着内率も無視出来ないと考える。

以上を踏まえ、枠順確定後、馬券対象馬をピックアップしてみようと思う。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。