砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野S回顧
先日長時間のキャスにお付き合い頂いた皆様、ありがとうございました。

結果的には惨敗でしたが、久しぶりに琢さんと楽しく有意義な時間が過ごせました^^
急な依頼に快く引き受けてくださった琢さんには改めて御礼申し上げます。

結論からいってしまえば、所謂新興勢力がカフジテイク以外全滅w
そもそもの出発点が間違っていたいうことですかね笑
1600万からの上がり馬に至っては掲示板にすら乗れていないので、ぐうの音もでず。
あまつさえ完全軽視のタガノトネールにレコードで千切られるという結果になりました。

ただ、考察において良かった点もありました。
上がり馬を評価し切り込む姿勢というのは大事なことであり、それを見直し整理した上で今後の予想に繋げていく為にも、改めて回顧する必要があると考えました。

先のみやこSにおいても、結果的に重賞好走経験馬に巻き返されていること、上がり馬が入着出来なかったことを踏まえて、ここで注目した馬達については少々前のめりになりすぎた感は否めませんね笑

以上を含めてポイント別にまとめていこうと思います。
お時間に余裕のある方はお付き合い頂ければ幸いです。


続きを読む
スポンサーサイト
みやこS回顧
回顧については、パイセンとじっくりやってまーす^^
↓↓
パイセンと回顧キャス

武蔵野Sの展望も結構時間割いて放送してますので、興味ある方は是非~
たくやさん、乱入してきても良かったのにーってなコメント占有率でしたよ|ω・`)チラ


上位2頭は置いておいて、相手馬選びについて、りょう店長ともキャスでお話したのですが、結果的には足りなかったという点。
しかしメイショヒコボシは12番人気、モルトベーネも右回りで本来の走り、タムロミラクルも人気以上は走っている点。
枠の利でヒコボシが1番上の着順まで来ましたが、狙いどころとしては上位破綻の3着狙いは決して悪くなかったのかなと。

ただやはり決定的に足りない(破壊力としても薄い)ことは事実でもあるので、メイショウスミトモがロワジャルダンやケイティブレイブを撃破した臨戦とは決定的に違う点があったことも覚えておきたい(OP勝ち→OP) 

特に自分の条件より相手関係がかなり上がるケースは、枠順展開破綻など色々と恵まれない限り入着は難しい。
そういう意味でも、そこを無視したような印の打ち方は反省する必要があると思いました。

少し懸念していたのが、重賞好走経験馬が伏兵位置に回ったケースで、やはり浜中騎手は素晴らしく、ロワジャルダンは控えることで良い脚を使える馬ではあるということ。
ただ有力馬の1角として勝ちに行く競馬をすれば詰めが甘い為、『そういう(勝ちに行く)』競馬をすれば配当的にも単勝期待値が低い馬でもあったが、ダート戦における騎手の回収値&人気別単複回値を考慮すると、ここは狙い目だったとも言えます。

浜中

☆浜中騎手は中穴人気が単複100円超の成績はやはり素晴らしいので、基本的に騎手買い出来るイメージ
前年のみやこSも同騎手が乗っていますが、彼が乗らなければ勝つまではいかなかたったように思います。

川田

☆川田はどちらかといえば人気の好走率が高いので、人気サイドだと配当期待値は下げるが入着期待率は高いので軽視しにくい。
※両方ダート過去1年のデータ

話は元に戻りますが、カゼノコを評価しなかったこともそれに近いものがあり。

毎度伏兵の展開待ちの馬→今回伏兵にシフトする可能性がある馬に期待値を求めた方が良いと思います。
日本海Sでメイショウスミトモに◎を打ったのは、同様の考え方によるものですので。
 


人気的にもカゼノコは見える観点での買い要素から分かりやすい穴人気になっているように見えました。
結果的にロワジャルダンの方が人気薄だったというところは見逃せないポイントでしょう。

どちらにせよ新興勢力に対して控える競馬で展開待ちの騎乗でもあり、数字的にはグレンツェントと同じ上がりですが、その末脚値の差は顕著で、更にメンバーが上がったレースでは厳しいと思われます。


全体のラップとしては14年のインカンテーションが勝ったケースと類似しており、阪神D好走経験があったアポロケンタッキーが好走したと捉える人も多いかもしれませんね。

ただ、それはあくまでも結果ですので、京都だからここで買えない→走られるではどうしようもないと思います。
この馬もレース毎に成長があり、投げ出すところは投げ出したり、自分でガスを抜ける馬で安心もしました。
政治的に(血統、騎手配置、外厩など)異端な位置に属する馬なので、無事に怪我なく、これからのダート界を盛り上げていってほしい馬ですね。

時計としては、みやこSとしてはわりと遅い決着ではありますが、レースとしては好勝負で見応えのあるレースだったように思います。

抜けた末脚値が無い同馬も、坂の下りを利用して長い脚を上手く使えての勝利。
中京でどういった乗り方をするのか、少し難しい点はありますが、スローを先行させた方が嵌るかもしれません。

グレンツェントはギアがトップに入ったところがゴールと、やはり広いコースで長い直線を生かした方が良いでしょう。
2歳時から比較するとレースが上手にはなりましたが、古馬一線級と比較すると、まだ器用さが足りないのは若駒らしいところかもしれませんね^^
次G1に出てくるならば、この馬は追い込んだ方が嵌るかもしれない笑

凡走に終わったアスカノロマンは完全にリズムが破綻してしまっている印象
基本的に2戦連続崩れた馬は巻き返しにくい点と、この馬はダウンでリズムを回復させ、余力のある状態でレースを終えることで、体力を維持するタイプの馬。
だから平安S後の破綻は必然で、このケースが理解できない場合は昨年の臨戦を見直すと、ある程度そういう傾向が見えるのでは。
馬単体とは別の意味でも、平安Sのようなレースは圧倒的なパフォーマンスとは裏腹に、次に繋がらないレースだと考えていますんで。
そういう観点なら、なぜ16年JDDであのような結果になったというのも分かるような気がするかも。

馬券的には本線の3複2軸でロワジャルダン抜けで、押さえの馬単しか当たらずと、不甲斐無い結果でした。

武蔵野Sも好メンバーが揃いそう、年末のG1に向けて、ダート路線少しでも盛り上げれるように予想も頑張りたいと思います^^



JBC回顧
JBCレディクラシック

ホワイトフーガさん、サーセンっしたっ

というか、例えここ勝ったとしても同馬のポテンシャルの底は低いという見解は変えません。
ただ今回の面子として横比を下げすぎたのは、少し短絡的な思考だったかも。
1人気に求めすぎるものが高すぎた故での低評価というのは、えてして論理的に破綻しやすいものでもある。

もう1点はそれほど見所があったわけでもなく、ただ走れるという点だけでトロワボヌールを評価したことも反省点だった。
まぁ◎をつけはしたが、券種はBOXで軸で買う気はさらさら無かったですけども笑

レッツゴードンキは、自分がダート条件戦で狙う根拠というか根幹要素を満たしていたので、好走も納得の印。
個人的には配合だけで初ダートを狙うことは今後もしません、経験則から期待値が低いと考えているのでね。


JBCスプリント

コーナー4つでスプリント適性が求められにくいコースなら、自らスプリント戦にすれば良いじゃない。
レースラップではあれだけ4角で脚を溜めれば、それは逃げ切るよねーとはちょっとまって。
地方競馬やってると思うけど、計測ラップだけでレース質を判断するというのはどうかなーと。

見た目的にはやっぱり、そういうレース質にしたんだなって思う、あのラップで3、4角追走で精一杯になってるベストウォーリアについて、果たしてラップだけで説明がつくのかい?

まぁそれはともかく、自分はミルコデムーロという騎手を舐めていた。、
やはりこの騎手は馬のストロングポイントを最大限に生かす思い切ったことをする。
それが外れることもあるのだけれど。。。

ダノンレジェンドのベストレースはカペラS以外にはありえない。
それでも大井では強引すぎれば負けてしまう。
そういう物理的要因。

大外からコーリンが行ききれるという考えも浅はかだったけども、結局は先行馬決着。
当然馬場のバイアスもあった。それも事実、でもそこを考えるのも予想、ただそれだけで
3頭とも先行馬決着だった全ての要因とも思わない。

自分はソルテを純粋スプリント馬ではないと評した。
この負けは、とぼけた不可解な凡戦ではないと思う。

時計やラップはどうあれ、スプリントG1らしいレースを見たような気がします。
このレースは的中されたフォロワー様も多く、悔しくもあり、自分の浅はかさもひっくるめて、やっぱり自分のフォロワーさんってすばらだな^^と思いました。


JBCクラシック

アウォーディーの競馬ぶりがただただ嬉しい。。。

そしてアウォーディーを本命にした方は多くいらっしゃったけども、明確にこの馬がなぜここで本命なのかを語れた人はどれくらいいたのだろうか。
自画自賛ではないけども、自分なりにしっかりと分析し、根拠をつけ見解を述べた上での印だったことは単純に満足感を感じている。

そのほかはある程度想定内の決着。
コパノの競馬もコパノはやっぱりうコパノで一安心笑

タルマエは素直にタイミングで評価すべきだった笑
でも買う買わないは別としても、タイミング的には買うところだと判断できたことは自分にとっての進歩であり。
Mラー三銃士の方々に揉まれてきた結果でもあったのは間違いないです笑

サウンドトゥルーの着順と見(破綻と自滅がなければ頭無し)、ノンコノユの状態は別としても、冷静に評価を落とせたことも良かったのではないかと思います。


馬券は当たりませんでしたけど、久々に見応えがあり、感動したレースをたくさん見れました^^

ダートを主戦に見続けた者として、楽しい1日だったことがなによりも嬉しかったです。


『今回のレースからお前が得るべき教訓は…』シリーズ②
チャンピオンズCは、ハイペースの失速戦でしたね。

貝木さん風に言えば、
nise__05-439.jpg

今回のレースからお前が得るべき教訓は…』

①サンビスタは考察と逆のラップで好走している
②ラップによる好走範囲というものは当然あるが、それは個体として、今までの傾向でしかない
③マクロ的な観点が位置取りであるということ(ハイペースだと後が来るのは普通)
④コパノリッキーを過大評価した(東海Sのラップより)
⑤楽→苦のローテ、パフォーマンスは基本4走以内参考が妥当。


個人的に先行馬において楽→苦のローテは駄目だなとMラジさんとこで言われたとおりだなと。
ただノンコに関しては、差しによるストレスやダメージ(展開やレース質を加味しても)これがあるのかというのは少々疑問。
じゃあS期に入ったんだ、で完結させるのは少々乱暴なのでは?と思います。

コパノに関しては、東海Sのラップからハイペースでも大丈夫かなと思っていましたが、相手関係や、フェブラリーSの中盤の弛みを考えると、結果的にハイペースで垂れたわけですから、私の過大評価だったということでしょう。
個人的には休み明けの日本TV盃のハイペ失速はノーカン出来ると思っていますが、前年東海Sのラップは近4走のものではなく故障前であるということが懸念ではありました。
Mラジ楽屋裏でTAKさんと、このことについてお話させて頂きましたが(コパノではないが、ヒラバとかで評価の仕方とか)

となると、仮に東海Sにコパノが出走して、今年の東海Sくらいのパフォーマンスを先行して完封されたら、来年のフェブラリーはどうしようかな?ってなりますww

ノンコについてはインを付いてあの競馬ですから、これはもう強いとしかいえないですね。
上がり最速はサウンドトゥルーに譲りましたが、こちらもペースが上がれば要注目馬であることが分かりました。
サウンドは展開に恵まれた感が強いですが、騎乗について色々言われているが、個人的に色気を出さず、終いに徹した騎乗は褒めて良いのではと思います。(前年のクリソライトの位置を考えて)
蛇足ですが、この馬についても前走JBCにおいて、ややスローの適性外のレースを差してきています。
まぁ上がり13.1と失速しているのでなんともではありますが、この部分についてコパノの考察でも不満を示唆していたのですから、いつもながら強引な◎だったということでしょう。

最後にサンビスタですが、ブライトさんがラジオで言っていた『前年スローでただ1頭追い込んで来ている』
これが全てだと思います、ミクロ的なラップ好走判定も有効な手段ではありますが、マクロ的な観点で前年よりペースが上がったので昨年4着だったこの馬が台頭した。
これで良いのではと思います。
確かに上がりが掛かるレースでは過去負けていると考察していますが、それはあくまで先行して、勝ちに行っての話です。
位置取りが決まるとしては、ミルコは先行することを示唆していましたが、結果的にペースが上がり、差しに切り替えたことで、今回に限ってはグッドポジションであったことがいえるとも思います。

追い込み馬のストレスとしては個人的に興味深いレースだったということで今回の回顧とさせていただきます。

212.png

馬券はスローを想定していた押さえがハイペースで当たるという、なんとも赤っ恥な結果になってしまいましたとさ。

以前出演させてもらったときよりは、客観的なものの考え方が多少出来るようになってきたかな、とは思っていたのですが、まだまだでしたね。

『今回のレースからお前が得るべき教訓は…』シリーズ①
貝木さん風に言えば、『今回のレースからお前が得るべき教訓は…』

①足りない馬を評価しないと言い続けているわりに、全く徹底出来てない
②展開が向くと判断するならば、拾う馬は一芸に秀でた馬を選ぶべき。
③アグネスデジタルはやはり変態である。


この3つでしょうか。
ですが、良い考察だった部分もあったと思いますので、そこは継続していきたいとも思いましたが。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。