砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カペラS予想
あまり勝負したいレースではありませんね。

◎ノボバカラ
○キタサンミカヅキ
△ゴーイングパワー
△マキャヴィティ
×テムジン
注エイシンブルズアイ

単期待値
◎>>注>>以下

複期待値
○>>>以下

展開利
キタサンミカヅキ、マキャヴィティ、エイシンブルズアイ

詳しくはキャスで↓
カペラS考察
スポンサーサイト
チャンピオンカップ予想
今週はMラジにゲスト出演してます
Mラジ~まとまり系競馬サロン~

天馬氏とツイキャスコラボもしてまーす
天さんとチャンピオンカップ考察


◎サウンドトゥルー

現代版ワンダーアキュート。
近走まとまってきており、末脚の安定感はピカイチ。
展開利があるかは別としても、今年はずっと地方を使っていたので舞台適正は良くなるハズ。
人気馬が勝ちに行く競馬をしてくれれば、突き抜ける可能が1番高いと考える。
この馬だってG1馬。


○モーニン

1走で不振期と捉えるのはリスクと判断 。
出来れば外人騎手配置で積極的騎乗がベストだったが。
延長臨戦で外枠、位置は取れるハズなので、そつなく乗って欲しくない。
なんなら逃げても良い。
これ控えたら戸崎はもうG1で買わない。


△アウォーディー

勝ち方がワンパターンで、この枠は乗り難しいハズ。
ただ、勝負師のゆたかさんがこの人気でG1を勝ちに行かないハズがない。
だとすればノープレッシャーの前残りは無いと考えてます。
どちらにせよ、近走はスムーズな競馬をし過ぎているので評価を下げるのが妥当。


★ラニ

前走は追走が出来なかったとはいえ、競馬に全く参加しておらず、負け過ぎというか走ってない(笑)
体力勝負になれば、ゴールドより向きそうだし、ゴールドドリームは弱いとは思わないが 、臨戦を見ればノンコノユメと同等の評価は見込まれ過ぎでしょう。
3歳なら未知の能力と妙味があるこちらを狙います。


☆プチ回顧

戸崎!G1馬に乗ってるなら勝ちにいけや!!

ゆたかさんは流石としか良いようがない。
ゆたかさんのブログを見てると、超一流のアスリートのそれを感じさせられます。

G1の舞台、馬の能力を最大限に引き出すことも大事だとは思いますが、大前提として勝負しに行ってほしい。
勝てる馬にばかりのっているだけのリーディングになんの価値もないように思います。

Cy0PRbPUsAAwcSf.jpg

カフジテイク惜しかった。


あとグリチャ見てて思ったのですが、今回中盤流れて失速ラップ、差し馬の展開でしたねー
とかね、もうどうでも良いですよねそんな回顧。
んなもん後で誰でもJRAの公式HPで見れば一目瞭然ですよね。


自分の目や経験則で語る回顧の方が、自分にとっては凄く魅力的ですね^^


今週はMラジ、コラボキャスとダートG1を少しでも盛り上げることが出来たかな?と思います。
ご視聴頂いた方、キャスに参加して頂いた方々、この場を借りて御礼申し上げます。
武蔵野S 予想
今回は巨匠こと、琢さんとガッツリ考察のお付き合いいただきました♪

是非聴いていただければと思います。
↓↓
巨匠と武蔵野S考察

ロンドンタウン
メイショウスミトモ
ゴールドリーム
ソルティコメント
ブラゾンドゥリス

印はまよいちう^-^笑
みやこS 雑感
みやこSの詳しい展望は↓↓
りょう&mussyuのダートキャス

率直な感想として、G1前哨戦のわりに低調なメンバー構成に思います。

昨年末からフェブラリーSにかけて好走してきた馬も近走は停滞気味。

本来準OPを勝ち上がった馬達が好走出来るようなレース質ではなく、ある程度の格が必要だったのだが、臨戦過程として決して順調には見えない重賞好走馬を評価するよりも、リズムを重視する方に期待しても悪くないのかもしれない(配当的にも)

停滞気味のOP馬にしても、伏兵位置でレースをすればあるいは、という気持ちはあるが、それはあくまでもレースを引っ張る馬がいてこそ。

このあたりの取り捨てで各自印が変わりそうなレースではあります☺


◎アポロケンタッキー
○グレンツェント
▲メイショウヒコボシ
☆タムロミラクル
△アスカノロマン
△ラニ


今年のシリウスS、舞台はドンピシャだったハズのアポロケンタッキー。
しかしレース質としては、やや合わない流れの中で先行。
苦手のように思われた時計決着にも対応。
そして次戦、同様の流れで凡走。
大型馬の鉄砲で好走し、大得意のコースで転けるというパターン。
京都が決して合うとも思えないが、真価が問われるここで印を打たない訳にはいかない。

グレンツェントはレース毎に競馬ぶりが良くなっていて、なかなかスケールを感じさせる馬。
3歳馬のレベルの前に現状のOP馬のレベルを疑問視すべきでは?
レパードSも完勝、ある程度底が見えたケイティブレイブとは訳が違うハズ。
騎手もダートでは人気の方が走らせてくる印象。
こと京都に関しては戸崎からの乗り代わりはマイナスにならないと思う。


メイショウヒコボシは前走ダウン勝ちも上がり最速で、差し停滞だった脚質を先行してのもの。
元々短い距離走っていた馬なので、枠の利を生かして流れる競馬になれば面白いかも。

タムロミラクルは枠は痛恨だが競馬はし易いハズ。
降級後勝ち上がるのにやや時間が掛かったのも、相手なりのタイプによるもの。
末脚は堅実で、有力馬の一角崩しを無欲の差しで狙えば。

アスカノロマンは実績最上位も平安Sで全て出し切った為にリズムを崩した感じ。

ただ休み明けは動かないタイプで、能力が劣る相手に案外な面も見せることも。

今回ダウン戦には該当しないとは思うが、アンタレスSで見せた競馬のように、G3クラスでは抜けたポテンシャルを持っているし、レースも自分から作るタイプでもある。
あまり評価を下げ過ぎるのもどうかと考え押さえる。

ラニは舞台的にもレース質的にもここはどうなんだということは十分に分かる。
分かるには分かるが、やはりヒヤシンスSも脚の使い方次第で強引に行った分の差のようにも思う。
ミツバの大逃げに乗じて、無欲の差しでの好走だった前走ではあるが、やはり走れる状態であることも事実。
完全軽視というのもいささか短絡的とは考えすぎかな?


毎度毎度実績馬を買うのも飽きてきたので、マルっと勢力図が入れ替わることに期待してみる。
現状のダート界ならばG1で勝ち負け出来る馬が出てこないレースならフレッシュな買い目でレースを楽しみたい。
シリウスS 雑感
重賞の考察記事を書くのは久々ですね。

そんなことをしたくなるほど、今回はフレッシュな面子であり、アウォーディーの台頭と共にダート新時代の到来を感じずにはいられません。

今回は頭数も少ないこともあり、注目馬をピックアップして雑感をつらつらと書いていきたいと思います。

アポロケンタッキー

OPを2連勝から少し休養を挟み、満を持して登場。
大型馬ということもあり、鉄砲実績はない。
まぁそれはさておき、上がり馬の種類としては大きくわけて3種類あると思う。

1つは末脚値が優れた馬
1つは競馬が上手で、4角でグッドポジションを取って前をしっかり捕らえる馬
1つはレースの中心として重力を持つ馬

アポロケンタッキーはレースの中心として重力を持つ馬だと思う。
この馬が勝つときは大抵先行馬が掃除されて追い込み馬が入着する。
それだけ長い脚を使えるスタミナに優れた馬なのだということが分かる。

めちゃくちゃ強いキングカヌヌ以上、ダート版プチゴールドシップ未満といったところか。

懸念は3つある
休み明け
横比
追走能力の低さ(ズブさ)

正直G3に展開だけで入着出切る馬は相手にならないくらいの強さはある。
故に今回も勝ち方にまでに興味を感じる。
問題は重賞勝馬相手に横綱競馬して勝ってきているわけではないことか。
追走能力に関しては、仁川では出鞭を入れて追走させた上でのあの競馬。
前走のペースで流れに乗れているのだから、順応性の高さが伺える。

アウォーディもそこが懸念だったが、スピード決着にも対応出来た順応力はダートG1馬になる為には必要不可欠。
総評すると、現状のアポロケンタッキーは、現ダート界で誰よりも長い脚を使える馬という印象。
ここを勝ってG1の舞台に上がってほしいです。
しかしこの馬57.5ですか。。。それだけ見込まれてるということでしょうね。


カゼノコ

この馬、上がりは優れている割に東京D2100の成績が悪い。
ようは絶対的末脚値があるというわけでもないらしい。
3歳時は同世代の追随をゆるさなかった上がりではあったのだけど。。。

意外とオプションがあってようやく実力を発揮する、存外軽いタイプの馬なのかもしれない。


キョウエイギア

圧倒的な着差で一躍G1馬
確かに青竜Sでの競馬を見れば展開次第ではビックリという訳でもない。。。果たしてそうか?

確かにパフォーマンスとしては圧勝、道中のラップも存外中盤は弛んでいるから展開が嵌ったとも思いにくい。
ただこの着差のつき方、実力どおりとは少し疑問。

なにせ伏兵馬の立場であったこと、元来末脚値が優れた馬ではなかったこと。
横比でのストロングバローズの能力を考えれば明らかに不可解な負け方。

なーんか某牝馬を連想させるwwwwようなww

今回どういう競馬をするかは分からないが、人気の一角としてどういう競馬をしてどういうパフォーマンスを示すのか非常に興味深い馬であることは間違いない。
個人的には疑っていることは言うまでも無いが。


トラキチシャチョウ

端的にいえばミツバと同等かそれ以上の武器を持っている印象
というのは上賀茂のメイショウヒコボシとの上がり差を考えればという見解。
問題はサンマルデュークと同列といったところ。
ようはOPでも展開次第の馬と大差ないということ。

ピオネロ

ダート転戦後2連勝、さしずめ先行馬版アウォーディーという世間の評価なのだろうか。
近走完勝ではあるが、アウォーディーと比較すると上がり値が物足りない。
前走も前が垂れるところを4角から万全の位置取り。
基本前を射程権にいれての横綱競馬が身上な印象。
位置が取れなかったケースや、勝ちに行く脚質が故の厳しさに巻き込まれることが懸念材料。
突出した武器が無い故に、スムーズさを欠いた際に脆い部分を見せる可能性が高いようにも思う。

今回はユッタリ回れるコースではあるので、その部分は杞憂に終わるかもしれないが。。。

マスクゾロ

OP昇格後、意気揚々と重賞に挑戦するも凡走
同じくレースで4着と健闘したダノンバトゥーラと比べれば少し物足りない競馬に当時は思ったもの。
しかし今考えてみれば『ピークアウトしていたタイミングだった』と過程すれば合点がいく。
当時のライバルであるダノンは伊丹Sで物足りない凡走をした後中山で結果を出して格上げ戦を4着。
しかしながらそのダノンと同等の競馬をしていたこの馬は同舞台で敗戦と少し腑に落ちない競馬ぶり。。。

なぜピークアウトと考えたかといえば、連荘時の同馬は3戦連続上がり最速。
で、伊丹Sで初めて上がりがかなり下がってしまったということ。
つまり『そのクラスでの限界値をしぼりだしてしまったのでは?』という、まぁ最近の個人的見解なのである。

案の定リフレッシュ後の競馬ぶりをみれば、そのポテンシャルは明らか。
確かに厳しさのない相手に楽な競馬ではあったが、それでもOPクラスで展開が向けば一矢報いる差し馬を封じ込めている点は評価できる。

こういう馬は疲労が無い状態のまま昇級緒戦を狙うのが良いかもしれない。
アポロケンタッキー同様、注目したい馬であるし、今回の競馬如何で次走の取捨も決まりそう(勝とうが負けようが余力の問題でね)


ミツバ

確かにこのローテの馬は4-0-0-1
上がりも良い、阪神も合う。
特に考えもしなければこの馬狙いでも良いかもしれないが。。。。

アウォーディー、キングスエンブレム、ワンダーアキュート、ドラゴンファイヤー
まぁドラゴンファイヤーはともかく、ミツバが上記の馬に並べるかといったところでしょうか。

各馬芝からの転戦やパフォーマンスを示した馬であり、前走上がりの低かったメイショウエバモアは同ローテで唯一馬券外になっています。



とまぁこんなところでしょうかね。
上記以外に注目している馬があれば教えていただければ幸いです笑




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。