砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気馬について思うこと
お久しぶりです。

最近、想定しているより堅い決着になったり、人気で飛ぶと予想した馬が普通に好走してしまうケースが結構多いように感じています。
まぁ自分の予想力の低さといってしまえばそれまでなんですが、ちょっと違う目線で考えてみました。

3月人気

コレは過去5年のダート戦における3月に開催されたレースでの人気馬の成績です。
当然のことながら数が多ければ多いほどデータは収束されます。
まぁそれはさておき。

4ー5歳

以下も基本データは過去5年、Dレースでのものとなります。

これは3月における1~2人気に支持された馬の馬齢別成績になります。
この時期3歳は限定戦なので除外。
今回は古馬戦に注目してみたいと思います。
これまた当然なのですが、基本的に人気に支持される馬は4~5歳の馬になります。

今日は、その人気馬の傾向を探ってみようというお話です。

続きを読む
スポンサーサイト
京都D中距離
あこでーす

ども~アコチャーでーす♪ 
今週から京都東京開催、今日は京都Dの傾向を探っちゃうぞっ☆

まず過去3年10~11月京都Dコース(1800m)
のおさらいだけど、やっぱり京都だと先行馬狙いが定石ぃ☆

京都1

既出だけど、やっぱ逃げ先行馬ド安定ぃ~
でも上がり3F上位馬の成績が意外と重要っぽぃ?
後方(バック)は。。。

無理でしょ

NGでしょ?スタイル的にぃ(意味深)

枠順は。。。

枠1
枠

ホテルだよ

ホテル(家)だよ
家=ウチ(関西風)=内だからね(こじつけ)

あと高齢馬も。。。

京都5

無理でしょ

えっ?無理でしょ?年齢的にぃ(連闘不可感)

京都2

継続的に買い続けるなら中団くらいまでが現実的かな?
とーぜん今回先行することが前提で、仮に位置取りが後方(バック)になっちゃうと。。。

京都3

しんじゃうよ

死んじゃうよぉ☆(回収値)

京都4

前走中団馬で今回先行は必須だとしても、前走上がりは3位以内の馬の複回値が安定してるのはちょっと意外~
でも6位以下の馬の単回値も優秀だし、殆ど逃げ先行で勝ってるみたい。

とりあえず

とりあえず長持ちして前にイキそうな馬なら押さえるかぁ。。。的なノリで(顧客)

対策自体は簡単でしょ

どう?対策自体は簡単でしょ~(陸夫感)リクオ

それでもこわいけどねつくりやすい

それでも恐いけどね~(安直な)作りやすい(買い目は)

にげせん
。。。今回逃げ先行出来て勝てるなら、私だって(レース)本番で逃げるよ。。。(意味深)

じゃまた

今回はこんなとこかなー

じゃまた1

じゃ~また♪どこかのレースでっ

そうとう

。。。ありゃ、そうとう売ってる(確信) 

≪参考動画≫




あこちゃーはえんこかわいい
無題

秋競馬 短距離Dメモ
前回の記事が遅すぎるとお叱りを受けたので、あんまりヤル気はないのですが、今回は早めに見ておきましょうかね。

☆過去3年阪神D1200-1400m
秋①

秋②

特に突出した数字という訳ではありませんが、それでも単回値は3歳優勢
人気も上位から下位まで万遍なくといった感じでした。

☆過去4年中山D1200m
秋③

秋④

中山D短距離は1000万で穴を空けた馬が回収値を押し上げていますが、傾向としては3歳馬劣勢。
ハイペースになりやすい中山短距離らしい結果なのかもしれません。

秋⑤
1000万クラスで馬券になった馬を調べると、総じて逃げ先行、前走も逃げ先行でラス1~2F失速ラップ好走経験有の持続戦に長けた馬でした。

今回は阪神Dの短距離レースを見ていきますが、基本阪神コースはデータを表面的に調べると、(皆さん周知の事実かと思われますが)、上がりの重要なコースという傾向が伺えます。

秋⑪

確かに上がりは重要ですが、後方馬の成績はとても狙える数字ではありません。
なんだかんだで逃げ馬の回収値が一番良いのです。
が、上がりも軽視出来ないといったややこしいコースかなという認識です。
そう思ったのがこのデータで。。。

秋⑫

まぁ当日レース上がり1位の馬なので回収値は良いのは当然なのですが。。。

秋⑬

前走脚質が後方馬で、今回も後方という場合、単勝期待値が低く、よくて複勝、ワイドの相手どまりという印象です。
当然、前に少しでも行ければ期待値は高そうですが。
あまりにも極端な脚質の馬に過度な期待は禁物かと。

秋⑭

どちらかといえば中段に付けた馬が先行したケースは連対期待値が非常に高く、仮に前目に付けれなくても複勝圏内の期待も出来そうに思います。

なので、上がりを考えつつ先行できそうな馬を狙う、といった観点で見ると面白いかもしれません。

では本題に入ります。

秋⑨

同じく過去3年阪神短距離Dのデータなのですが、やはり4角位置2番手以内の回収値が高い、ですが。。。

秋⑩

今回4角1番手の馬の前走4角位置を見れば、なんと中段以下の馬達の回収値が段違いの成績。
更に面白いのがPCI値で、単期待値でいうと数字が大きい馬(前走後半脚を余している可能性がある馬)の方が高いことが分かります。
確かに単騎逃げで楽をした馬も中にはいると思いますが、毎回バテ気味の馬を狙うよりは、阪神コースの理に適っていそうな気がします。
この数字だけみると前走上がり3位以内という縛りはいらないことが分かります、が、上がりの質は加味するというイメージです。

では、どんなケースで今回先行出来るようになるのでしょうか。
当然前走ペースでの位置取りなども注目しておく要素のひとつですが。。。
秋⑮

秋⑥
まぁ当然といえばそれまでですが、外枠→内枠のシフト

秋⑧

芝→ダート変わりでの先行策成功
小倉D1000組は全て未勝利戦での逃げ切りです。
芝→ダ転戦は初ダートではなくダート入着経験有の馬達です。

前走①
前走②

前走コース別で見ると1200と1400は似て非なるコースと捉えて良さそうに思います。
ポイントとしては上がりが誤魔化せる1200mの方が小倉経由の回収値が高めである。
短縮が決まるケースが増えるのは1400mのケースが多い(単純に1200mの短縮組の出走数が少ない可能性はある)
前走芝組は古馬戦ならダート経験のある馬、未勝利戦なら血統や馬体を加味してといったところか。

少し長くなってしまったがこんなところで、読者さんの阪神開催の何かに役立てば幸いです。
今更で遅すぎる新潟D短距離考察(追記有り)
皆さんご無沙汰してます。

最近競馬からちょっと気持ちが離れていましたが、少し気になることがあったので久々に更新してみます。

新潟短距離D

これは過去3年の7-9月500万下/新潟1200mDのデータです。
周知の事実かもですけど、3歳馬の回収値が安定しています。

新潟短距離D☆

新潟短距離Dといえば外枠先行馬のイメージがありますが、意外に3歳馬は追い込み馬も回収値が高いです。
全体として前走PCI値が~52、45以上が必須だということが分かります。
※当然レースレベルは考慮すべきだとは思いますが、500万下に限ってはそれほど気にしなくてもよいかもしれません。

新潟短距離D①

以上を踏まえ、全体の数字を見てみます。
新潟短距離で前走脚質が後方の馬自体の回収値はそれほど優れた成績ではありません。

新潟短距離D②

後方に限ると何故か上がり2位が優秀です、次点は上がり6位以下になっています。

新潟短距離D⑤

前走PCI別でみると~52の馬は3歳の回収値が良いです。

新潟短距離D⑧

~44だと4歳(サンプル数は少ないが、7歳馬も穴を空けている)

新潟短距離D⑨
新潟短距離D⑩

どちらにせよ基本的に500万下戦で狙うべき。
~52なら未勝利戦でワイドの相手に良いかもしれません。

新潟短距離D③

差し馬を狙う際はあまり外枠過ぎない方が良さそうですね。

新潟短距離D④

差し馬が台頭するのはハイペースが主ですが、意外とRPCI値が大きいレースでも複勝回収値が高いとは不思議ですね

新潟短距離D⑥

3歳追い込み馬の数字をみていると、上がり6位以下の回収値も意外に高いことに気付きます。

新潟短距離D⑦

今回の脚質上がりを見てみると、3歳馬はペース慣れして位置取りを上げてくる可能性があるようです。
しかも面白いことに前走上がり6位以下だった馬の上がりが速くなって好走していることが分かります。
逆にこのレースで上がり6位以下の馬は全て馬券外になっています。

少し覚えておくと特をするかもしれません。
どちらにせよ競争馬として御終いが確実な馬はダートにおいても重要なのかもと感じたここ数日でした。

特筆すべき点があまりない記事かもしれませんし、新潟も最終週で、もう遅すぎる記事ですが、久々に記事を書きたくなったので更新しておきます。
新潟ダートをジャッジメントですの!
ねた①

お姉様?新潟のダートレースの狙い方についてどうお考えですか?

ねた②

そうねぇ。。新潟は追い込みが決まりにくいから、前の馬買っておけば当たるんじゃないの?

ねた④

またそのような幼稚な感覚で馬券をお買いになって。。。
確かに位置取りは重要ではありますが、それだけでは木を見て森を見ずですわよ、お姉様?
続きを読む




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。